アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

このところの、集中力散漫により映画観れない病…にも関わらず

スーっと入り込めた作品。

序盤から静かに盛り上がり

気付いた時にはドキドキの展開。

派手な戦闘シーン・アクションなしに

ここまで面白くするのは巧妙。

この話が実話というのも感慨深い。

ブレイキング・バッドのジェシー役・アーロン・ポールが今作でも素晴らしい演技を見せている。
緊張感、緊迫感がありました。
今救える1人の命を救うか?
後の危機を回避するために犠牲にするのか?
45%は推測値です。
入院中
あかめ

あかめの感想・評価

3.9
緊張感ハンパなし 記録
tat

tatの感想・評価

-
テロ組織の壊滅か一人の少女の命か、作戦の実行には政府の許可や法的な判断が必要なのはわかるけど、みんな責任を取りたくなくてたらい回し。
最前線で戦う軍人たちの憤りややるせなさがよく表現されてた。
撃つべきか、撃たぬべきか。ボタン一つで標的を殺せるが、被害は大きい。標的か目の前の少女が優先か。正解は見えない。

ケニアでイスラム系過激派組織の会合がある。そのメンバーを捕獲することが目的だが、危険区域の為、迂闊に突入できない。そこで、作戦本部は爆撃機ドローンでの空爆作戦を決断する。しかし、付近にパンを売っている少女がいる。作戦本部、司令部、操縦士のそれぞれが葛藤する。

この映画の優れている点はひたすら繰り返される議論だろう。目の前の脅威を排除するべきか一人の命の為により多くの人々を犠牲にするか。簡単に割り切れない。米国側の役人の描き方が極端すぎるが、この緊張感は半端ない。

もう一つはドローンというガジェットを用いていることだ。凶器になる爆撃機型だけでなく、鳥形や虫型という監視タイプのドローンが上手く描かれている。抑止力であるはずの兵器が甚大な被害を引き起こす。大きな矛盾だ。

本作は最新兵器を用いたポリティカル・スリラーだ。アラン・リックマンの遺作でもある。

このレビューはネタバレを含みます

ミサイルを発射するか否かという重大な決断が刻一刻と変化する状況のなか決断が迫られる。

「シン・ゴジラ」のように関係するいくつもの部署、役員の決定を仰ぎ、協定や法律に反しないかギリギリまで見定める。

全編ほぼリアルタイム信仰で、現場に突入する捜査官はほぼいないものの、緊張感は最後まで止まらない。

私史上、もっともパンがはやく売れて欲しいと思った映画。