アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

matsu

matsuの感想・評価

-
18-02-21鑑賞
難しいテーマ 責任者って本当にいるのかな?
jonaco

jonacoの感想・評価

4.0
現実なのにバーチャル感が増していく攻撃方法。
それでもPTSDになってしまうよなぁと実感した。
実際にこういった状況はきっと幾度となくあるのでしょうね。
一人の少女の命を取るか、大勢の命を取るか葛藤させている。
徹底した攻撃強硬派の役をふたりも女性にした意味は何なんだろう。同性として憎悪を押さえきれずすごくストレスだった。良くも悪くも多くの人が観るといいですね。
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
ヘレン・ミレンとアラン・リックマンの大御所二人が流石に内容を厚くしていた。途中イラつく展開もこれが現実なんでしょううね。
アラン・リックマンの遺作、「ラジオの時間」を彷彿とさせる「どーすんの」軍事サスペンス。担当者の責任の押し付け合いにイライラしながら、戦争の正義とは何か深く考えさせられる。