アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

ERICO

ERICOの感想・評価

3.5
昨日のキングダムに続き、
戦争づいているわたしです。
これも良かった。
みんなのもどかしい気持ちとか、
やるせない気持ちが現れていて、
なんとも言えないドキドキが続いて心臓に悪い。。。

今まで生きてきた中で1番パン買いたいと思ったよ。。。


ただ、またいけてない邦題と、
センスない宣伝の仕方だなぁとは思っていて(映画会社の人ごめん)
世界一安全な戦場、てことだけがテーマじゃないんじゃないかと。
それ最後だけじゃね?と思ってしまいました。
なんか、今の戦場はこうだ、みたいなのが押しまくられてますけど、それをみるための映画じゃないというか。。。
私もこのプロモーションの仕方に騙されて興味持てなかったクチなので。
予想してたより良かった。
ザ・問題作といえる、
色々な思いの交錯する作品です。

世界一安全な戦場とは的を射た表現で
部下の身の危険を訴える現場に対し、
そのリスクを強要する主人公?の姿勢が印象的でした。
責任を負いたくない上層部や
正義と称した殺人への躊躇いの無さなど、
直接手を下さない人達の悪さが全面に出ており前半シーンはとくに気分が悪かったです。


そして後半シーン。
冒頭から出ており、絡んでくるのは必須だと思っていた人物が展開を一変させます。

パンが売れるかどうか、固唾を飲んで見守る映画がかつてあったでしょうか。
文言だけでいえば滑稽ではありますが、登場人物たちはパンが売れるよう躍起になり奮闘します。


後半戦では、政治的思想、軍事的思想、そして倫理的思想が交錯し
重大な決断が二転三転します。

それぞれがそれぞれの正義を持ち、
今の1をとるか、少し先の100をとるか、
判断を迫られます。

こればかりはどちら正しいのか結局のところ分かりませんが、
すべてが終わったあとの若いスタッフたちの表情があまりにも残酷な現実を物語っています。
対してベテランチームはまるで日常がごとく、淡々と片付けはじめます。
こうして死へ慣れていくことで
非情な選択を選ぶようになっていく、
軍人には避けられない道を見てしまったように感じます。


ただ最後のアランリックマンの台詞が印象的でした。
これが遺作ということですが、彼の経歴に恥じない作品であったと思います。
キョン

キョンの感想・評価

4.3
1を切り100を救うか、はたまた1を救い100を危険に晒すのか。
もし自分がその立場にたったらどういう判断をするんだろうか?
軍事行動って常にそういう危険性と隣り合わせで、確かに仕方のない犠牲っていうのももしかしたらあるのかもしれないけれど、人の命こそ天秤にかけるべきではないし、難しいよね。
正直後味は全くよくないけど、対テロ系の映画では一番見入った。
映画館で見たらもっと臨場感あって楽しめたと思う。
ToruSuzuki

ToruSuzukiの感想・評価

4.0
観賞中、様々な考えや感情が交錯した。
今見るべき映画だと思う。
アラン・リックマンの静かな存在感が素晴らしい。
あらゆる場所に人がいるものの、一つの作戦で進むためとてもわかりやすく、それぞれの人の葛藤も描かれている。

こういうのが毎日あるかもしれないと思うと恐ろしい。

最後の終わりで少女を乗せる過激派、中佐の発言、アメリカの軍人、、となにかとやりきれない気持ちになった。
Seika

Seikaの感想・評価

3.5
新しい。
まず、戦場もface to faceの時代ではなくなりつつあるんだな、と。狙われると思ってないのに焦点当てられて爆破されるなんて。ドローンは軍事的に活用される方が多いんだろな実際。
(コントロール選手権とかあったら上位者ヘッドハンティングさらそう。。怖。)
いつか透視もできるようになるんではないだろうか、、、

あと、こういうミッションってこんなにも国の重役の人々が集まって遂行されていくものなか。と思ったし意思決定は上の人が下すけど、じつはあまり関与してなかったり、その意思決定の元となる情報そんなもんなのかな実際も。
MMR

MMRの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

現代の戦争はテロとの戦い。つまり本作のようなことは十分あり得るだろう。
結果はともかく、自分があの選択を迫られたらどうするか。自分も同じことをしたんではないか。
でも、結局はまた新たなテロを生むんではないか。
考えさせられる作品。
TD

TDの感想・評価

2.5
「命」にイデオロギーで線引きした心底不快な映画。

【テロリストはどんどん殺して良い】
同時期に公開された『ドローン・オブ・ウォー』と設定はほぼ同じ。しかし『ドローン~』が無人戦闘機によって無機質的に人を殺すことへの葛藤を描いていたのに対し、今作は「テロリストを殺すために一般人(少女)も巻き添えにして良いのか?」と言う葛藤が物語の推進力。

と言う訳で、テロリストを殺すことには何の躊躇も無い。
しかも「アイツらを生かしておけば多くの人が死ぬ可能性がある。そのためには少女一人ぐらい。」と言う台詞も。

普通ならそう言う伏線があるが最後には、「いや、少女一人の命だって尊く、等しく守るべき」と落ち着くのかと思いきや。。。

【政治的プロパガンダ映画】
『地球が静止する日』など、ハリウッドではビックリする程あからさまな政治的プロパガンダ映画が存在する。
今作も「テロリスト=絶対悪」とし、アメリカの無人戦闘機による攻撃を根底でしっかり肯定している。

ダイバーシティと言う概念がこれだけ普及した世の中において、アメリカ側の視点、テロリスト側の視点を描いてその狭間での葛藤やせめぎ合い、そして取りあえずの着地を見せるのが昨今のこう言う映画の定石ではあると思っていたが。
そう言う根っこで共感できない空気感が蔓延しているので、「少女は助かるの?助からないの?」と言うサスペンスにも全く乗れず、ハラハラもしなかった。

攻撃許可した人間の責任も不問。
データに基づかない憶測で攻撃を肯定した人間の責任も不問。

その上ラストのアラン・リックマンのどや顔による捨て台詞は、本当に心底不快。
「おまえ!そんなヤツの戯言に説き伏せられて涙目なってんなよ!」

久しぶりに映画を観て吐き気がした。
Amaney

Amaneyの感想・評価

4.0
画面の向こうがゲームかなにかに思える錯覚。超小型の虫に模したカメラとそれを操るPSPのようなコントローラーの存在とか特に。現代の戦争ってこんなことになってるの?これが真実かそれに近いのか知る術もないけど、とにかく驚愕の世界。作戦の決定・指令・実行の様子だけが描かれるタイトさは好み。OPのタイトルの入りのセンス..! 憎しみを再生産しているだけのようなラスト。全編通じて凄まじい緊張感と後味の悪さが素晴らしい。まとめると、くそイライラするけどそこでイライラしていいのか私...みたいな映画。アラン・リックマンへの献辞も良かった。