アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

4.0

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

てぃの

てぃのの感想・評価

4.0
いろいろと考えさせられる。
うーん。
それぞれの立場と現状把握と推測と判断と遂行..
ずっと冷や冷やしてた(>_<)
何が良くて何が悪いとか、何を考慮してそれを言えるのか、責任の所在はどこにあるのか、誰にあるのか。
はっきりできないところが難しくて、辛い。
yuri

yuriの感想・評価

3.9
評価高いのも頷ける作品でした。日本タイトル「世界一安全な戦場」ってなんて皮肉な、、。見終わった今すんごいテンション下がってます。終始緊迫したハラハラした展開。

ドローンを使って、国際指名手配中のテロリストを監視しながら攻撃するか捕獲するか、会議をしながらもリアルタイムで話が進んでいく。ボタンを押すか押さないか究極の選択。この脚本家さん凄いですね。まるで実際の出来事を見てるようだった。ミサイルの操縦士の行動がかっこよくて涙が出ました、、。

最後に「アランリックマンに捧ぐ。」のテロップが出て、調べてみたらハリポタのスネイプ先生じゃないですか、、。姿が違うから全然分からなかった、、。本作が遺作なんですね。悲しいけど最後までかっこよかったです。

映画ってこういうテロップが流れるね、長年映画を支えた役者への尊敬と愛を感じて悲しいけど良い習わし。
空の目。ケニアにあるイスラム過激派が潜伏する基地に、無人飛行機で爆弾を撃ち込むか否か、という心の葛藤を描いている。/軍や政治の決断の難しさ、ドローンの遠隔操作で異国から爆破できてしまう現代の戦争の怖さが感じられた。内容は比較的シンプルだが、色んな人の立場から心の葛藤が描かれていてとても良かった。
O

Oの感想・評価

3.8

小さな女の子アリアの教科書を
父親が隠すシーンでは、まだ女性に
勉学は必要ないとされている差別が
根強い事を示していたのだと思います。
それでも、テロリストであろうと
目の前に血を流した同胞がいれば
武器を棄ててでも助ける。
一体正義とは何なのか?

誰1人命令の責任を取りたくないと
押し付け合う大臣たち、
机上の空論とはこの事です。
その場にいる部下や善良な市民の
命は議論に加えられない。
かと言ってテロリストを逃して
良いかと言えばそれも違う。
何が悪で何が正義なのか
分からなくなってしまう作品です。
"大いなる目的のためならば
犠牲は致しかたないものなのか?"
立場は違えど皆同じ人間で、
誰にでも守るべき家族いる。
軍に所属している限り命令は
絶対であるが故に自分の倫理観
などは関係ない。
そんな中で望まぬ命令の元で
命を張る軍人の強さと弱さ。
アラン・リックマンさんの
遺作となった今作"空の目"
本当にリアルで人間の恐ろしい
側面を捉えた映画だと思いました。

テロリストを抹殺するために
小さな女の子の命は消え、
そしてまた1人恨みを持った人間が
テロへと加担する...その繰り返しです。
戦争は無くならない、
人間は変われない。

あまり動きのない作品でしたが、
それぞれの人間の葛藤を繊細に
描いた重い映画でした。
「その結末を受け入れろ。」

一風変わった戦争映画。これは斬新な切り口だし、しかもメッチャ面白かった。タイトルの安全な戦場というのも見終えた後なら納得がいく。

ドローンを使い遠く離れたトコロからテロリストを殲滅させようとするシンプルな計画だが、コトはそう単純には行かない。国や派閥の問題、殺害か捕獲かなど議論に議論を重ねるがなかなか決断されない。そしてやっと答えが出たと思ったら外的要因だった1人の少女によってまた決断が伸びてしまう。テロが起きて80人の犠牲を出し1人の少女を救うか。それともリスクを背負いいなくなるまで待つかのリアルタイム選択に、色んな思惑が絡み合ってくる議論シーンが面白い。

更に1人の現地報道兵士がテロのアジトの近くまで踏み込むパートもビートル型カメラを使ったり、少女のパンを買うミッションがあったりと色々緊張感がありまた面白い。

緊張感と言えば、全編それが漂う本作だが、特筆すべきはやっぱり瀬戸際のミサイル発車の決断だろう。そこは終わりに繫がる根本的なネタバレなのでまた以下に描く。

安全な戦場であろう故に悩みまくる登場人物達。あくまで主人公はキャサリン大佐だが、群像劇の体も為しているので、そういうのが好きな人もオススメ。戦争映画にまた新たな傑作が誕生した。

----------ここからネタバレ----------





















少女が助かるかどうかがこの映画の肝だが、助からないという超ヘビーな結末を迎える。しかも、任務に関わった人達はまだ少女が動いていたというとこまでしか知らなくて、現地人と我々視聴者だけしか死んだコトを知ってるのが切ないわ。

誰も見てないトコで息を引き取るシーンは呆然とした。遣る瀬無い気持ちだけが残る結末であった。
chihiro

chihiroの感想・評価

5.0
たったひとつの、ほんの数十分間の作戦を非常にていねいに描いている。
軍事的、政治的に議論が繰り返されるが、基本的には焦点がぶれず、また分かりやすい言葉で説明されているので見やすい。
一人の少女の存在で揺らぐイギリス政府と軍に対して、合理的なアメリカ政府の対比を表す、長官の卓球シーンが印象的だった。
大きな意味を持つ作戦でも、軍人にとっては日常のひとつでしかないのだと感じさせるラスト。
mai

maiの感想・評価

4.5
ドキドキハラハラ。「事件は会議室で起きてるんじゃない」以上の様々な場所でのいろんな想いがあって、、、考えさせられた
yu51

yu51の感想・評価

3.9
臨場感が凄かった。
観ている自分も最後までどちらを選ぶべきか決めれなかった。
以前イーサン・ホークのドローンオブウォーを鑑賞してドローン戦争の怖さと病んでいく気持ちを味わったのでなんとなく免疫はあったが何度見てもこれはきつい。
自分の決断一つで簡単に人を殺せてしまうそんな時代になってしまったこの世の中が怖すぎる。
この作品はそれぞれのお偉いさんたちの緊迫した会話があってシンゴジラ的要素があり面白かった。
早くパン売り切れてくれぇ!ってずっと思ってた(笑)
良い意味での緊張感を切らすことなく最後まで一気に。

誰しも責任負いたくないけど、誰かが負わなければならない(日本社会特有のものかと思ってた)。

自分では決断できないのに文句だけ垂れる人間てどこの世界にもいる。
それだけに最後のアラン・リックマンには痺れた。

加えて、最後までぶれることなく一貫して職務を全うした、ヘレン・ミレンにも。

そんな二人のように休み明けからも仕事頑張ります。