アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

4.0

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

ageless505

ageless505の感想・評価

4.0
バッカードアブディがハイテク機器扱ってるくだりが神々しい。
見るべき!以上!
アランリックマンがめちゃくちゃ格好良かった・・・
Maki

Makiの感想・評価

4.0
原題:Eye in the Sky
監督:ギャヴィン・フッド
公開:2017年
 
【公開当時のTweetから転載】
 
緊張感あふるる現代戦映画の傑作。
空の眼。地の眼。鳥の眼。虫の眼。
 
遠く離れた部屋の決意の眼。
遠く離れた部屋の苦渋の眼。
 
そして…疑いをもたない少女の澄んだ眼。
 

――――――――
余談。
映画は面白かったけど途中トイレ?出入り10人ほど。
真後ろ御老人なにやらビニール袋をずっとガサガサ。
とどめはラスト近くの超重要シーンで外から戻った
男性が私の斜め前の段差に躓いて盛大にこけまして
集中したいお話なのに稀に見るこの騒がしさったら。
うーん(・ヘ・)
2017/1/12/木 鑑賞
Syharuk

Syharukの感想・評価

3.0
いろいろな立場からの意見。45%はだめだな。
だだ

だだの感想・評価

3.7
世界一安全な戦場‥
それは あくまで一方的な見解。

これは考えさせられる映画
Acne

Acneの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

今年、見た映画の中でも
トップクラスに面白かった。

個人的には傑作映画です。

世界の紛争地ではこんな事が繰り広げられているんですね。
興味深く見れたと同時に、恐ろしい世の中です。

カタカナの日本語タイトルだと意味合いが伝わりにくいですね。
映画の冒頭、原題のクレジットが出た時になるほどってなりました。

この映画では組織の内部構造の皮肉さを
これでもかと見せてくれます。
現場と上部組織のギャップが上手く表現されてますね。

現場は一刻一秒を争う事態なのに、
政治・社会情勢・法律・道徳心・自分の保身など
色々な問題点で作戦を実行に移せず
状況は切羽詰まっていきます。

登場人物の色々な立場で
今作の問題点について描いて
見せてくれるのが今作独自の面白さになっています。

面白い事に今作の登場人物は誰一人
間違った事は言っていません。
それぞれの立場からの葛藤や倫理観を突きつけられるので、
感情移入し、少なからず納得してしまう内容になっています。

ただ、英国外相は滑稽に描かれてましたね。
自分の立場の保身を前面に出していましたた。
まぁ、立場上一つのミスで世間から大バッシングを受けてしまうので
ああいうタイプが政治家として成功していくのでしょう。


上官役職に許可を取っていく様子は本当に
皮肉に描かれていて素晴らしかった。

現場の切迫具合に比べ上に許可の連絡が上に行く度に、
現場とは乖離した状況になっていきます。
卓球をやっている上官にあの現場の状況が
理解できるはずがありません。

この辺りは現代の組織構図が抱える問題点を端的に表現しており、
皮肉り具合が半端なく本当に上手かった。
(※どんな社会的組織でも今回、描かれていた構図が少なからず当てはまるでしょう。)



今回の作品で描かれていた内容で
一番、大変そうだったのが大佐の立場ですね。

現場にいる実行部隊の隊員達と
上部組織の板挟みになってました。
(※会社の部長みたいな立ち位置かな⁈)

大佐の焦る気持ちは分かりますが
最後 作戦を実行させることために、
検証数値を出させてましたね。

あの時の被害を検証する黒人役の人は良い演技をしてました。
倫理的に大佐は間違っていると思いつつ、従わざるをおえない立場としての不信感を分かりやすく表現してくれていました。


また、ドローンを操縦する2人も
ちゃんと焦点を当ててくれていましたね。

僕が気になったのは彼らが操縦室に行く前の会話です。

入隊について話していた2人はそれぞれ
「入隊して2年程、学資ローンが返せるから」
「まだ、入隊したばかり」
と談笑していました。

なぜこんな経験が浅い新兵をこんな重要な役割に? とは思いましたが、

上記の会話で彼らがこの作戦に対して
戦争という自覚・覚悟がない模様が
さり気なく描かれていますね。

彼らはドローンを操縦する立場で
最終的に手を下す、ミサイルを発射する立場になります。

そして、ある重要な局面でドローンを操縦する立場の隊員が
少女に被害が及ぶから発射できないと主張します。

そこまでの物語の展開から
やっと作戦実行のチャンスが到来しますが、
大佐からの命令に対して新兵がミサイルの発射に対して拒否をします。

この演出が上手いですね。

新兵は「関係のない少女を巻き込めないという人としてのモラル」
大佐は「少ない犠牲で多くの人命を救うという戦争経験者としてのカタルシス」
というそれぞれの意見を主張します。


どちらも間違っていないですね。
どちらにも共感出来ます。


正直、新兵の判断は隊員としては失格でしょう。
戦争は綺麗事だけでは片付けられません。
戦地での任務を経験したことのない甘さが
この場面になって出てきます。
作戦開始前に話していた会話の様子が
ここにきて効いてきますね。


ただ、この映画で観客に訴えかけてくるのは
戦争の悲惨さ・無情さ。
その立場にあなたがいたらどうする?
という人としてのモラルを
これでもかと訴えかけてきます。

隣の女性隊員が命令を断った男性隊員に
言った、
「誇りに思うわ」というセリフは、
人としては正しい判断をしたという意味でしょう。

先程、戦地現場にいない平和な場所にいる
上官役職の者が 現地の重要な局面の
最終決断を下す構図の皮肉さを書きましたが、

このドローン操縦士も同じように
戦地にいません。
現地からは遠く離れた場所です。
覚悟も自覚もなく戦地にいない新兵に
犯罪者とはいえ人を暗殺するという直接的に
手を下す役目を与えられているのです。

ここにおいてもこの現代科学が発達したことによる、
戦地と実行隊員との気持ちの乖離が
よく描かけていたと思います。




そして、終盤。




少女が危険エリアいるのにも関わらず
強引に作戦は実行されます。

少女がミサイルに巻き込まれて倒れているのに、
二発目のミサイルが着弾する様子は
何とも無慈悲な光景でしたね。

少女は結局命を落とし、国際指名手配されていた犯罪者達の暗殺作戦は成功します。



「1人の少女の犠牲です、80人の命が救えた」



文字で書くとしょうがないかという気持ちにはなりますが、
彼女の父親が無残に泣き崩れ、少女が無残な姿で亡くなっているシーンを見せつけられます。

その時に平和とは何だろうと考えさせられます。

日本にいると中々分かりませんが、
今回 映画で描かれてた内容の惨事は
世界各地で今でも行われているはずです。

そういった犠牲の上に今の平和な世の中が
成り立っているということを忘れてはならないと思わされました。


「恥ずべき作戦だった」と放った政務次官に対し、
アラン・リックマン演じる中将が
「戦争の代償を知らないなど軍人に言うな」


と言い放ったのはグッと来ました。



今この現代に生きているなら
一度は見るべき映画。
被害者にとっては、被害の大小は関係ないんだよな...

これが間違った判断だと言えないのが辛い...

虫型のドローン、あんな小さかったらバッテリ持たないだろって思ってたら、案の定すぐ切れてた...