アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

この映画を匿名で好き勝手にレビューしちゃうのもどうかと思いますが個人的には観てよかったと思います

事件どころか戦争まで会議室でやってしまった映画ですが、映画として見事にそれをやってのけてます
別に適当にやっている訳ではない。真剣にはやってるんだけど何か違う。
そこらへんの加減が絶妙だと感じました

難しい事を話しているんですが考えてる事は結構単純だったりとリアルな話し合いも見応えあります

泣く暇なんて無いぐらい心に余裕はできないですが良い映画だと思います
もし第三次世界大戦が起こったらどうなるんだろう。今までと同じように人が銃を持って攻め込んだりすんだろうか。それともこの映画のようにモニターを見ながらゲームをするかの様にボタンの押し合いになるんだろうか。恐ろしい。
アインシュタインの言葉が好きなんで載せときます。
『第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう』
だとよ!やめとこうぜ!
隔。

100分をほぼリアルタイムで描いた。
テロリスト対国家という構図が
顕著となっている中で新しい戦争のカタチを暗示している。

戦争から肉体的代償を除いたら
そこに残るのは人間の最も醜い部分だけ。
そもそも戦争が人間の最も醜い副産物と言えるが。

離れ隔たれてる事で生じる
バーチャル世界での少しのズレが
現実世界ではパラレルする。

国家及び組織の決断権を持つ人物が
生命の実体を把握できなくなった時が
本当の終わり。
snoooopy

snoooopyの感想・評価

4.0
アイ・イン・ザ・スカイ

アフリカの国に
最重要指名手配犯がまとまって家の中にいる
空からミサイルを打ち込めば始末できる


空からの映像で
その様子を地上から見ている英国米国の軍隊

始末するのか捕獲するのか
英国人米国人がいるのに撃っていいのか
少女が近くにいるのに撃っていいのか
法的には?大丈夫?
政治的には?大丈夫?

作戦の裏には法的・政治的許可をクリアして
遂行されなければならない
そのもどかしさを強く感じた。

政治と法とが邪魔をする
だけど面白かった。

ラストの
恥ずべき作戦ね、あなたは安全なところにいる

に対する
5つの自爆テロ現場に行ったことのある男の人のセリフが印象深い。
…戦争映画の見過ぎかな?(笑)


少女の命か、80人の市民の命か
どっちが正解か分からないけど
常に緊迫した映画だった。

アイ・イン・ザ・スカイ
こういう戦い方もあるんだな、すごいな
とも思いました。
さっさと爆破しろよ
カナブン欲しいww
potter

potterの感想・評価

4.3
様々なことで選択する場面はあれど、人命に関わる選択は非常に難しいものだろう。軍としての判断、政治的な判断、良心としての判断。この映画で問われている正義はまさに現在における正義そのものであろう。
nununu

nununuの感想・評価

3.7
これが今の戦争なのか。まるでゲームの様。強い軍事力を持つ人ほど、命の尊さを忘れてはならないことを実感させられる映画
TCP

TCPの感想・評価

4.1
全編通して緊張感が凄い。
敵基地攻撃能力を保持しようとしている日本の政治家に観て欲しい。(反対しているわけではない)