アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

Rena

Renaの感想・評価

5.0
緊張感
megさん

megさんの感想・評価

3.9
コンパクトな中に、明確な役割とストーリーを分かりやすく教えられ、スリルを味わいながら、さらに戦争についてたくさんのことを考えさせられる内容で 満足した。

ちょっと細かいところ。
虫のカメラを操作する現地の男が助かってよかったし、その男の使いの男の子たちは無事で、私の気持ちは救われた。
パンを売る女の子については本当にやきもきして、少し執拗に長引かせた感もあり、結果を含めて残念だった。
20180519#62

そのうちテロリストはアジトの周囲に必ず子供を配置するようになるかも。
tsuyo

tsuyoの感想・評価

3.6
アメリカにも似たような映画があったなぁ。
こちらもこちらで面白い。
兵士の人達は、自宅から通うと思うんですが、日常と非日常が隣り合わせなんでなかなか厳しい精神状態になりそうな感じがします。
世界一安全な戦場とはよく言ったもんや。
何か何処かで見たような……と思ってたんだけど、"ドローン 無人爆撃機"ってのがこんな内容だったなァ、と。アレはアフガニスタンが舞台だったけど。
ともあれ、政治と軍事が別枠になった現代、戦争の形態がドローンという兵器によって詳細まで見て取れる時代になったことで、直接戦争に関わらないはずの政治家までもが戦場の悲惨を目撃できる状態になった……というのは、人間として正常な精神状態を持っていれば抑止効果に繋がるのかなと思ってみたり。実際には、作中で描かれているように決定権のたらい回しになるのがオチなんだろうけど……。
それにしても、鳥型ドローンとか虫型ドローンとか、ジェームズ・ボントが出てきてもおかしくないと感じるあたり(笑)。
emi

emiの感想・評価

4.0
ポスターの煽り文句の通り、現代の戦争のテクノロジーにまず驚かされる。そして最初から最後まで続く緊迫感がすごい。決断を渋る政治家や現場の軍人との温度差などとてもリアルだ。脚本も映像も抜群なサスペンス映画。
pan

panの感想・評価

3.4
正義なんて都市伝説。
人類なんて学習も成長もしない種は、滅亡するのがいいと思う。

 ↑
見終わってこういう気分になっただけです、良い作品でした。
本気で「うわぁ」と声をあげてしまいました。
ヘレン・ミレンとアラン・リックマンなんて嬉しすぎるキャスティング。
生々しさは抑えつつ映画としての緊迫感は一流。ヘレン・ミレン様が司令塔というだけでもう汗が…。チンピラではないアーロン・ポールが見れて嬉しい。