アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

4.0

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

うめ

うめの感想・評価

4.3
劇場で観ることが出来ず、悔しい思いをしましたが…
やっと観れました。

隠れ家に潜むテロリスト。
攻撃しようにも、そこには一人の少女が。
もし、テロが実行されればたくさんの命が奪われるかもしれない。
ほぼ確実に奪われる小さな1人の命か?
確実ではないが危険に晒される多くの命か?

これは、紛れもなく傑作です。
アメリカとイギリスの合同作戦。
ナイロビである為に、現地の警察も絡んでくる。

誰かしらの命を奪うという決断。
義務感、正義感から動く軍人達。
現場で常に生死に向き合っている彼等には躊躇する事は許されない。
ヘレン・ミレンのイギリスの大尉として全て背負ってでも前に進もうとする気概。
それは、冒頭の情報屋の処刑も無関係ではないんだろう。
テロリストを決して逃さない決意。

実際にドローンを操作するアメリカのアーロン・ポールがこれまた良い。
普通であれば許されない発言だとしても、怯まずに発言する姿勢には熱くなりました。

手順や形式に拘る官僚や政治家。
自分の一言の重みから背を向ける者、迷う者、恐れる者。
おいおい、人に押し付けるなよとも思ったりするが…
迷いが死に直結している軍人と違って、熟慮して正しい解決策を探すという性質の違いがある以上は酷な部分もあるかもしれない。
客観的に考え、即断する難しさ。
それが出来る人はそういないのだろう。

その両者の間に入る中将のアラン・リックマン。
私の敬愛する偉大な役者。
今は亡き彼の姿にちょっとウルっとしてしまう。
彼が見せる軍人のプライド。
役によってビックリするくらいに違った魅力を感じさせてくれた。
もう見れないと思うと、残念で仕方がない。

そして、陰の功労者バッカード・アブディ。
作戦会議室とは違い現場で体を張る危険。
その緊張感はすごかった。
あと、超小型カメラのあいつにも驚かされた。

過激派ではない真面目に生きている両親と暮らしているパン売りの少女。
フラフープで遊び、勉強して、パンを売りに行く。
あどけない可愛らしい表情…


ラスト、いろんな感情がごちゃ混ぜになって大声を出したくなった。
これで終わった訳じゃない。
ここから何かが間違いなく始まっている。
少しでも一分一秒でも早く、このスパイラルが終わって欲しい。
yusuke

yusukeの感想・評価

4.0
これはまた…
疲労感の残る映画でした。
目が離せない映画!

究極の選択を観客に問いかける。
戦争が過酷なことは誰もが知ってることだろうが、これは特に目を伏せてきたものを叩きつけた快作。

作中の作戦と、映画の時間がリンクしていて、とてもリアルな2時間だった。
ついにドローンもこんなのまで出たのかと、恐ろしくなりました。
これドローンの操作するのがAIとかになったら大変なことになるんじゃ…

日本はほんと平和だ。でも平和ボケしちゃダメなのかなと思わされました。
ポスター通り
現代の戦争

最近の兵器には詳しくないが、細かい部分でもうこんな事までできるのかと驚愕。

ターゲットに対して、様々な視点で各々の立場や心情を短い時間で上手くまとめていると思う。
観ている側の「正義」とゆうものに対して嫌とゆうほどエグってくる。
そして気づかなくてはならないのは現実に、この選択の上に僕らの生活が成り立っているとゆうこと。
世界の警察を「自称」しているアメリカは間違いを犯さないで欲しい。

こんなにも「はやくパンを買ってくれ!」と思ったことはない。
Keaton

Keatonの感想・評価

4.1
映像も素晴らしいが、とにかく戦争や倫理観について考えさせられた。様々な立場や思想が入り組む中で、早急な判断が必要であり、最後までハラハラさせられた。最後の中将のおばさんへの一言はスッキリした。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
人間のモラル感のせめぎ合いで手に汗握る、心も揺れる。自分がこの人だったららまたはこの人だったら、どうするだろう?と考えさせられる。
人の命への責任、職務や立場の責任が、「決断」を遅らせていく。誰だって「決断」はしたくない。そんなそれぞれの思いがリアル。
面白かった。
映画館に観に行くことができず、新作Blurayがリリースされたと思ったけどいつ行ってもTSUTAYAでレンタル中でなかなか観られなかったけどようやく観れた。

デューク東郷が出てこないゴルゴ13のような話。
おもしろいのに勉強になるこういう感じの映画大好き。

ずっと追っかけてきたテロリストたちをついに発見!
ドローンや小型昆虫カメラを使ってさっさとピンポイント爆撃してまえ!派と、いや近くにパン売りの少女がいるので彼女が場所を移ってから爆撃すべき派の人道のせめぎあい。

キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)がとにかくかっこよかった。
こんなに目的が明確で、達成意識が強い女性上司は素敵だ。ついていきたくなりますね。
WAKASAMA

WAKASAMAの感想・評価

3.9
組織としての限界を良く表現出来ていると思います。
現実にも最低でもこのレベルでの議論、仕事が行われていることを願う。
現代の戦争は、誰でもどこにいても監視、攻撃できるという実態。発達とは恐ろしいと感じました。終始緊迫感しかないこの映画、考えさせられる作品でした。
皆様大絶賛のこちら、やっとこさ鑑賞しましたよ~

うん、これは名作ですね☆
飽きるシーンが一瞬も無い!
BGMや効果音、調度良い台詞量、終始緊張感に溢れる作品でした!

『シン・ゴジラ』の会議シーン的な、机上のグダグダがまたリアルで残念。
どこの国でも同じなのだな。。。

あとはパン!もう、パン!!なんとかしてパン!!!


ストーリィはシンプル。

イスラム武装勢力の危険人物達が、自爆テロを画策している。
そこをミサイル攻撃したい。
しかし、現場には1人の少女が!
攻撃しなければ、テロで80人もの被害が出てしまう。
犠牲にするのは1人か?80人か??


ラストの故アラン・リックマンの台詞が素晴らしい。
そう、それを言って欲しかった!!

名著「これからの正義の話をしよう」でも語られる、
1人を殺して多くを助けるか?
多くを殺しても1人を助けるか?
ぽい作品。

この問いに答えはありませんが、戦場にいる彼等は決断をしなければならない。
人を助ける為に人を殺す。
そして、殺された側は復讐に燃える。

本当に戦争って空しいな。。。

その決断をしなくて良い、平和な現代日本に生きる私達は、この問い掛けだけは忘れてはならないと思いました。
何が正しくて何が間違いなのか?
答えは無くても問い続ける。
それが大事。
ほとんどがドローンの映像と会議?の画面。今の戦争の実態ってこんな感じなんですかね。
刻々と変化する状況に、作戦の変更を余儀なくされ、なかなか判断ができないえらい人たち。見ててイライラするところもあるけど、自分がその立場だったら決断できないよなーとも思ったり。そんな中、アメリカの偉い人は、当然攻撃するべきと即断。かっこよくもあるけど、怖さも感じました。
作戦が成功しても、無関係な人が犠牲になって、だれも喜べず、それでも国家のために、12時間後には任務に就く。そういう人たちに対して、あのおばさんみたいに無責任な批判はしないように気をつけようと思いました。