アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

candy

candyの感想・評価

3.9
常に緊張状態
頼りない上司達
どっちが正しいのか正しくないのかやるべきなのかやらないべきなのか選択が迫られる。
観てる方も結果どっちが正しかったのかはわからないけど、現実に起こってるんだと思うと悲しい

リピート有り
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

3.8
いや〜怖いですね。
今の戦争ってこんなですか!!
もう007とかMIの世界ですね。手を汚さず、自分は傷つかず、卑怯だな。
ハラハラドキドキ感は楽しめましたが、現代のITを駆使した戦争に反吐がでるほど嫌気がさす映画でした。
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

3.8
現代社会における戦争の在り方、面白い。

人を殺すのに人を必要としない時代、ゆくゆくは互いに安全な地下深くに潜り、代理でドローンや、ロボットを闘わせる時代が来るんやなぁと思うと、やるせない。

本作は人をまだ必要としているので、感情が介入してますが、いずれはそれすら無くなるんやろうなぁ。
一人の命か
大勢の命か
そんな選択がこの世に存在することが間違っている
ハラハラしたけどなんか救いようがないと思ってしまう
おはる

おはるの感想・評価

3.9
「緊張が解けない」
多くの人命を守るために少数の人間の死は許されるか否かというジレンマにそれぞれの立場の人々が苦悩するというお話。

同じドローンを扱った『ドローン・オブ・ウォー』とはまた違った趣の重たーい戦争ドラマ。刻々と変化する状況の中、一人の少女の“付随的損害”についての高度な政治的判断を巡るドラマはまさに手に汗握る展開の連続。派手なドンパチもなくどちらかといえば地味ではあるけども、正義とは何か?を考えさせられるなかなかの傑作だと思いました。
oji

ojiの感想・評価

3.5
イライラとハラハラと緊張感…
「シン・ゴジラ傑作だった!あんな会議室映画は海外じゃありえんな!だって2秒でミサイル撃つもん!」
とか言ってた半年後くらいに見て「いや、あったわ」と認識を改めた会議室映画です。

作戦行動中にテロリストが自爆ベストの準備をしているところを偶然発見した米英合同チームがドローンでアジトを攻撃しようと思ったら真横で女の子がパンを売り始めて攻撃するしないの会議合戦が始まります。

テロで何百人も死ぬ前にさっさと撃つべきという人もいれば人道的にまずいからやめろと言う人もいる。
死亡率がなるべく低いところを必死に算出しようとしたり工作員を送り込んでパンを全部買い取ってその場を立ち去らせようとしたり。
1時間40分ほどの映画ですが、ハラハラするギミックがたくさん盛り込まれていて飽きずにスパッと見れると思います。
やはり戦争やテロで訪れる幸福なんて一つもない。
どこかで必ず犠牲や苦悩を生んでいる。
だからこそ意見なんて一致しない。
軍事的か法的か...。
どちらにも正解はなく重い判断。
それにしても今はこうした攻撃が出来てしまうんですね...。
終始ドキドキしながら見てました。
アーロン・ポール良かった。
スズキ

スズキの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

視聴中も視聴後もすごく考えさせられる。答えがないからこそ、たくさん考えて悩まなくてはいけない。

作戦に対する許可がなかなか下りない組織のもどかしさから、“現代の”戦争まで上手く描き出していた。
近い未来で自爆テロにより生まれかねない80人の犠牲者と今まさに戦争の渦中にいるたった一人の少女を天秤にかけ、後者を爆撃に巻き込んだ。もちろんそこまでにあらゆる手段、可能性を計算し尽くした結果。誰も少女の命を見殺しにしようとはしていなかった。
何百人という人をテロで殺したであろう人々がたった一人の少女のために荷台から機関銃を下ろし病院へと運んだ。
その光景をただモニターの前で見つめているしかできない歯痒さと無力感。

無人攻撃機を使っていても戦争に関わっているのだからPTSDにもなるということを知っているつもりでいたが、その実なにも解っていなかったことを痛感した。
目の前で何の罪もない人々が苦しむ姿をみること、その原因が自分の押したスイッチであること、自分はただそれをモニターの前で見ていることしかできないこと、その全てが苦しみに繋がる。だからこそ本作でドローン・パイロットを演じた二人の役者さんの演技は素晴らしい。

8枚のパンをきっかけに、少女の命がテロリストと同じ天秤に乗せられたことがとてもリアルに感じられた。ナイロビと日本との時差はたった6時間で、私たちが家族と夕食を共にしているまさにその時、本作と同じ命のやり取りが行われているのかもしれない。
フィクションからとは言え、知ってしまったからには責任が生じる。自分には何が出来るのだろうか。
過去鑑賞記録

現代の戦争の姿をまざまざと見せつけられました。正義や大義名分、平和のために行う戦争ですが、巻き添いになる人達にとっては、そこに正義も悪もない事を痛感。。とにかく緊張感の続く100分間でした!
>|