アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

テロリストの撲滅と罪のない民間人の少女。判断を任された軍人の葛藤と戦争の現状を描いた話。

世界一安全な戦場のタイトルが示しているように、この映画では軍人同士の戦闘描写は一切ありません。
しかしながら、これまであまり取り上げられることのなかった作戦室での戦争。その判断の難しさがリアルな緊張感と共に伝わってきて、非常に重々しい内容でした。

刻一刻と変化する状況に心拍数が上がりっぱなし。
決断を迫られた大臣達のあたふたっぷりも生々しかった。
そんなリーダー達と現場の司令室の間で板挟みになるアランリックマンが、静かながら確かな存在感で映画全体を締めていました。戦争の代償という彼のセリフが心に刺さります。

でも大事な決定権を持っている人が、判断を下す現場にいないってあり得るんですかね。

映画としては一つの結末に至るわけですが、どう判断すべきだったのか。正解を出すのは難しいけれど、テロリスト側にもそれぞれ事情や信念があるわけで。
このような状況になってしまった背景についてもっと考えるべきだと思った。

この映画で描かれているのは、数ある作戦のうちの一つ。この結末の先で、今もなお戦争はずっと続いているのだと痛感させられました。

答えのない戦争についての問題提起作としても、手に汗握るサスペンスとしても秀逸な作品だと思います。

命の重さを会議室で決める

軍事サスペンス。前半は精巧な小型ドローンの活用や超高度からの偵察カメラなど、知らない事も多く興味深くて引き込まれた。

ストーリーはテロリストを攻撃しようとする軍、ミサイル発射の決定権をなすり付け合う上層部などの思惑を描きつつ、それらが絡まりあう会議を追いながら進み、それぞれの人物がその立場と考えで葛藤する場面が続く。自分も臨席しているような緊迫感で視聴時間が短く感じられた。(欲を言うと空爆を詰め寄るパウエル大佐の事情や気持ちにも、もっと寄り添ってほしかった。)

観終わった時には、このよう事が現実に起きているのかと暗い気持ちになってしまっていた。今後テロや空爆のニュースを聞くとあの少女を思い出すだろう。そういう意味では深く胸に刻まれる作品となった。

------------------------
以下細切れメモ

●アランリックマンさんがハマり役。
(本作が遺作となる。今後も活躍して頂きたかった)

●泣けたが感動では無かった。

●サブタイトルのセンス

●ポスターのヘレン・ミレンさんはもっとどうにかならなかったのか
撃てばテロリスト壊滅、しかし無垢な少女は死ぬ。あなたはどっちを選ぶ?命の価値に優劣はあるのかというよくあるトロッコ命題を、実際の戦争の天秤にかけ、こちらに問いかけてくる骨太な社会派映画。現代版の『西部戦線、異状なし』とでもいおうか。感情抜きで普通に考えたら米国人とへレンの判断が正しい。だってこれは戦争だから。テロ殲滅のために一人の人間、それがたとえ少女だったとしても、ミサイルの発射を躊躇してしまうのは国を背負う軍人として失格だ。時として重要な決断をする際は感情を捨てなくてはならないわけで。もしもこんな政治家や軍人たちがイギリスを支えてるとしたら、とっくに近隣諸国の餌食になってる。そうゆう意味ではメインのストーリーラインはあまりリアリティはなかったかもしれない。とはいえ、殺戮のための手順と人間がぬぐうことのできない罪の意識に対する描写のようなマクロな部分はとてもリアルで生々しく、よくできていた。途中から自分もこのミッションの関係者に思えてくる演出が絶妙。しかしたった一発の爆撃に関係する人間をここまで多くするやり方は、絞首刑執行の際に押すボタン、つまり執行人の人数を敢えて複数にしているのと似ているな。誰も罪の意識や責任につぶされないようにするには、そうせざるおえないわけだ。人間の脆さよ。なにはともあれ、アラン&ヘレンがナイスタッグだった。アランの最後のセリフが呼応する。安らかにー。
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

3.8
いや〜怖いですね。
今の戦争ってこんなですか!!
もう007とかMIの世界ですね。手を汚さず、自分は傷つかず、卑怯だな。
ハラハラドキドキ感は楽しめましたが、現代のITを駆使した戦争に反吐がでるほど嫌気がさす映画でした。
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

3.8
現代社会における戦争の在り方、面白い。

人を殺すのに人を必要としない時代、ゆくゆくは互いに安全な地下深くに潜り、代理でドローンや、ロボットを闘わせる時代が来るんやなぁと思うと、やるせない。

本作は人をまだ必要としているので、感情が介入してますが、いずれはそれすら無くなるんやろうなぁ。
一人の命か
大勢の命か
そんな選択がこの世に存在することが間違っている
ハラハラしたけどなんか救いようがないと思ってしまう
おはる

おはるの感想・評価

3.9
「緊張が解けない」
多くの人命を守るために少数の人間の死は許されるか否かというジレンマにそれぞれの立場の人々が苦悩するというお話。

同じドローンを扱った『ドローン・オブ・ウォー』とはまた違った趣の重たーい戦争ドラマ。刻々と変化する状況の中、一人の少女の“付随的損害”についての高度な政治的判断を巡るドラマはまさに手に汗握る展開の連続。派手なドンパチもなくどちらかといえば地味ではあるけども、正義とは何か?を考えさせられるなかなかの傑作だと思いました。
oji

ojiの感想・評価

3.5
イライラとハラハラと緊張感…
「シン・ゴジラ傑作だった!あんな会議室映画は海外じゃありえんな!だって2秒でミサイル撃つもん!」
とか言ってた半年後くらいに見て「いや、あったわ」と認識を改めた会議室映画です。

作戦行動中にテロリストが自爆ベストの準備をしているところを偶然発見した米英合同チームがドローンでアジトを攻撃しようと思ったら真横で女の子がパンを売り始めて攻撃するしないの会議合戦が始まります。

テロで何百人も死ぬ前にさっさと撃つべきという人もいれば人道的にまずいからやめろと言う人もいる。
死亡率がなるべく低いところを必死に算出しようとしたり工作員を送り込んでパンを全部買い取ってその場を立ち去らせようとしたり。
1時間40分ほどの映画ですが、ハラハラするギミックがたくさん盛り込まれていて飽きずにスパッと見れると思います。
やはり戦争やテロで訪れる幸福なんて一つもない。
どこかで必ず犠牲や苦悩を生んでいる。
だからこそ意見なんて一致しない。
軍事的か法的か...。
どちらにも正解はなく重い判断。
それにしても今はこうした攻撃が出来てしまうんですね...。
終始ドキドキしながら見てました。
アーロン・ポール良かった。
>|