ゆきひろ

SEX発電のゆきひろのレビュー・感想・評価

SEX発電(1975年製作の映画)
3.6
初鑑賞。

薄ピンクの柔らかそうなおっぱい!
これはこれで好きです。
そう言えばドラゴンへの道もこんなおっぱいだったような・・・
イタリア産ホルスタインの特徴かな(*´ー`*)

21 世紀、世界中のあらゆるエネルギーが枯渇。
飛行機も自動車も、そしてテレビも・・・
全ては過去の遺物でしかない。
人類は2世紀ほど逆行した生活を余儀なくされる。
そんな中、一人の学者がセックスによる発電を試み成功する。
素晴らしい発想力!((o( ̄ー ̄)o))

別にセックス発電ではなくても水力発電があるじゃないか!・・・と突っ込みを入れてはいけません。
それでは貴方はただのお堅いだけの日本人。
男児にとって最高評価称号と思われるジゴロや種馬なんて呼んではもらえません。

結局この作品は何を言いたいかと申しますと、人類の発展の為には愛なんて感情は不要。
見つめ合ったり、手を繋いだり、キスをしたり・・・
そんなまどろっこしい事は今後犯罪となるのでご注意を!

早くこんな世界になって欲しかった・・・