ShoseiH

SEX発電のShoseiHのレビュー・感想・評価

SEX発電(1975年製作の映画)
4.0
人間の想像力ってほんと素晴らしいと感じた作品(笑)

電力不足になったイタリアの科学者がセックスによる摩擦で発電できる機械を発明した後に、愛情のないsexでも発電できることを知り、物理的なsexを推奨して、感情的な部分を排除しようと恋愛小説の焚書や情緒的な言葉を禁止して監視統制社会が出来上がりGeorge Orwellの1984みたいな社会が出来上がるお話。
最後の台詞に「セックスが罪だった時は夢中でやり、社会的義務となり奨励されると人々はセックスに興味を失ってやらない」
とあるが、人は背徳感のなかで生まれるスリルのある非現実を恋愛セックスに求めてるのであって、ただの摩擦としてだけのセックスには何も意味は見いだせないのは正論すぎて笑ったw