SEX発電の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「SEX発電」に投稿された感想・評価

来たるエネルギー枯渇問題に対する、科学者の素晴らしい研究を映像化したドキュメンタリーですね、これは!
ただただ感服しましたm(_ _)m

AV大国日本でも、撮影時に是非この研究を利用、推進してほしいものです。
また、その際には微力ながら支援する所存ですし、汁男優として後方支援も辞さない構えです!(但し顔はモザイクお願いします、教授!)
近未来、全ての電力を失った人類は新たな電力源を探していた…という所から話が始まり、SEXを新たなエネルギーとして実用化しようというマッドサイエンティストの話。

突っ込みきれない位のヌケ要素と、70年代イタリアのカルトさが謎のマッチング。レトロフューチャー。

笑い飛ばせる話かと思いきや、終盤はセックスが社会奉仕となってしまい機械のかわりにせっせつと行為に勤しむ人間が描かれていて

「人間が機械のために働いているのか、機械が人間のために動いているのか」

分からなくなってぐるぐるする。
GUMI

GUMIの感想・評価

3.7
教授の強すぎる探究心、助平と真面目に向き合う姿勢に降参。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
今より少し先の未来、エネルギーはとうに尽きて電灯の代わりにローソク、車の代わりに人力車や馬車を使っての暮らし。
科学者たちは電気を作る新エネルギーの提案に切磋琢磨。イタリア人のエンリコ教授もその1人。

ライバルの目を警戒しながらも彼はついに助手たちと共に電気を作ることに成功。
それは女性の性感帯を刺激することで電気が発生するという発見だった。
その発見を学者たちに証明するため、エンリコ教授は町で一番の絶倫男ベンチェロリと 子だくさんのフランチェスカを引き合せ、特別なベッドの上で愛し合わせようと奔走。

紆余曲折あり新エネルギーとして正式導入されるが、やがて発電目的のセックスと快楽目的のセックスとの狭間に歪が生まれ…
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


「もしもセックスで発電ができたなら」
このアイディア勝ち。

こうすれば発電できる
こうすれば証明できる
こうすれば男女はセックスする
こうすればどの性癖が一番発電できるかわかる
こうすれば生産効率を高められる
·
·
·
なんとも効率の良いPDCAの繰り返し。
(PDCAって日常で初めて使った。)


成果の確認にあたり自問自答する教授の語りは突き詰めた変態でしかなく、さらにピエラを始めとする助手たちも好奇心旺盛で淫乱。
なんだろう、この豪傑たちは。



律動に合わせてチカチカする電球はセックスそのものを見てるようなイヤらしさ。点滅する電球を見てエロいと思ったのはもちろん初めてのこと。
「同棲愛、9キロワット」「円満な家庭は明るい」など秀逸な言い回しはどれもこれもお気に入りワード登録したいくらいだった。
ビロビロビロ〜♪と何故かクセになる縦笛の音、全員シースルー衣装なパーティ会場も乙ですな。

この通り、彼らが新しいことを試みる度に初体験の光景や台詞に出逢えるもんだから 自分も教授のように「うぇへへっ!」と変態笑いしてしまった。


町一番の性的に強欲な男女が交わるまでの焦らしは少し間延び。
ラストもなかなかに唐突でしたが、笑って許せる。
新しい出逢いに素直に感謝できるアイディア作品だった。点数以上にお気に入り。
yuri

yuriの感想・評価

3.0
タイトル通り超コメディ。でもさすが70年代イタリアおしゃれ。
バカバカしい笑 けど面白い。
いやらしさとかは感じない。
ブラックユーモアとシリアスな笑い。
rnsmd

rnsmdの感想・評価

-
軽エロコメディだと期待せずに観たけど、思ったよりも面白かった。
男女の友情はあるけどセックスしたら浮気だろ!みたいな理屈逆転するのはすごい面白い
ごまかしでセックスするところとか笑
全然まったくエロくないからセックスシーン笑
面白い映画だとおもう
ジェイコム
あだち

あだちの感想・評価

4.0
電力供給ができなくなったイタリアで、セックスのオーガズムによる発電システムを発明するとびきりのイタリアンコメディ。内容なさそうだけどユーモアと皮肉にまみれた作品でオレはとっても好きだった(映画がね)
桔梗F

桔梗Fの感想・評価

3.1
・司令官「各地区に告ぐ!現在の状況を報告せよ!速やかにだ!」

・A「A地区、異常ありません。」

・B「B地区…B地区、立ってます!」

アメリカンジョークはさておき(*μ_μ)※イタリアですが

ビーチク&セックス映画です(/-\*)

エネルギー資源が枯渇したイタリア。
科学者が、画期的な発明をする。
それは、SEX時の女性のエクスタシーからエネルギーを得て、電気エネルギーに変換するというものだった…

ものすごーくくだらないことを真剣に撮ってます
(*´-`)

よく見たら監督さんは「裸のチェロ」の監督さんではないか!?(*_*;
裸の…もイカれた内容をまじめに撮ってるエロコメディ。

※『全裸にチェロ』という、普通ありえないヘムタイシチュエーション映画は実は世界に2作ある!(゜ロ゜)

監督さんは小説家出身で、原作、脚本、監督という(。´Д⊂)なかなかのイカれ天才。

「おつぱいが 出まくりなのに エロさなし」

セックスシーンは多めだし、おつぱい出まくりなんですが、エロ度が低いという不思議(;´д`)

ストーリーに戻りますが、
助手の粗ちん子では豆電球しか点かないので…

科学者たちは 、イタリア一の絶倫ホテル支配人とイタリア一子だくさん女子を拉致して、同じ病室に入院させるのだ!

そして、すばらしい電気量が(;゜∀゜)

「あなた巻きが足りないんじゃない?」
ピストン運動が遅いとき、女子に言われる言葉(;´д`)
これを言われたら…
『とにかく腰をふれ!』

ただHする話ではなく、皮肉まじりの展開に落としていくんですが…(*_*;

エロ目的で観るなら、他のエロ映画をどうぞ
(*゜▽゜)_□
とにかく変な設定の映画が観たければどうぞ(*´-`)
配信してる?らしいですよ。

そんなおもしろくもないですが、おつぱい度はAです(〃´o`)
菩薩

菩薩の感想・評価

3.3
舞台は2037年の近未来、地球上の全エネルギーが使い果たされ枯渇したディストピア世界。

全ての動力が二世紀前に逆行し、街には無用の長物と化した車が無残にも乗り捨てられ、かつては大空を飛んだ飛行機も旧時代の遺産と化し、人々の明かりはロウソクに戻った。

そんな時代に、世界一の助平国家イタリアで一つの画期的な発明が完成する。その名も「SEX発電」、女性の性的興奮、エクスタシーから発せられるエネルギーを電気に変換するクリーンエネルギー。

立ちはだかる宗教的倫理観もなんのその、明かりを取り戻し再び動き出した世界。新エネルギーの確立により産業化されるSEX、違法化される自由恋愛、人々の、世界の愛の行方は如何に…。

なんて真面目に書いたところで、アホらしいエロティックコメディです。でもほんと思うんですよ、ファミレスとかでべちゃくちゃ何時間も延々と喋り続けてるババァ共の熱エレルギーや、ジムでひたすらバイク漕いでるアレをどうにか上手く使えないものかと…。

未だに未来の見えぬ原発問題。さしたる代案無きまま感情論だけが先走る現在、観ておいて損は無い作品かもしれません。


なんてな。イタリアは尺八じゃなくてクラリネットなのね。題名から察する以上の内容であった事は確か。
|<