SHOWWW

君の名は。のSHOWWWのネタバレレビュー・内容・結末

君の名は。(2016年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー、構成、映像、声優、音楽どれも文句無しで最高だった。(自分の好みも大きいけれど)

冒頭から新海誠ならではの美しい映像に鳥肌。
そしてオープニングムービーが流れる。映画アニメではあまり見ないが、このクオリティが高くて鳥肌。
また、それに使われている曲が良くて鳥肌。
ここまでで普通の映画一本分以上の感動だった。

そこから、本編が始まり、中盤に差し掛かるところで主題歌でもあるRADWIMPSの前前前世が流れて鳥肌。野田洋次郎はやはり天才だと思う。
また、主演2人の訛りを含んだ素晴らしい演技によって、映画の世界観にどんどんのめり込んでいく。脇役の演技もとても良かったが、やはり2人の演技は素晴らしかったと思う。

そして、終盤に差し掛かり物語の全貌が見えてくる。
1番燃える展開のやつだった。こういう話って本当に感動する。

また、新海誠の過去作を連想とさせる小ネタがふんだんと使われていた(はず)。Z会の広告や、秒速のコンビニ、言の葉の庭の雪野先生など。自分は言の葉の庭の大ファンなので、雪野先生が出たのは最高だった。(あと、多分授業の黒板に書いてあったのは多分言の葉の庭で詠まれた詩)

そして、2人が初めて本当に「出会う」シーン。名シーン。下手な言葉では表せられない。1番好きなシーン。

そして、ラストシーン。秒速のラストシーンが重なる中、本当に見ていて胸が締め付けられる思いだった。


新海誠作品の集大成だと感じたし、この作品に対する力の入れようを感じた。また演者やスタッフのこの作品に対する思い入れや熱量も感じた。非の打ちどころのない最高の作品でした。