Mas

君の名は。のMasのレビュー・感想・評価

君の名は。(2016年製作の映画)
4.6
新海誠監督の作品は初めて劇場で観ようと思ったので、監督の特徴をつかむ為に『言の葉の庭』を観てから今回の作品を観ました。


本編について。

今作も本当に絵が綺麗ですね(笑)
都会も田舎の街も、山も森も湖も空も星も、射し込む光と影も。アニメーションの感じは残しつつ、凄く丁寧に細かく描かれていて、それだけでもとても感動しました。

声優については、俳優や女優が本業の人がほとんどでしたが、そうとは思えない程キャラクターに馴染んでいて、すんなり物語に入り込めました。特に主役の二人は男女の役の入れ替わりが激しく難しいはずなのに、場面や状況、感情に応じて声色を微妙に変えていたところが素晴らしかったです!神木くんと萌音ちゃん凄い!
個人的には三葉ちゃんと四葉ちゃんの声と飛騨の訛りが可愛かったと思います(笑)

また、なんといってもこの世界観に絶妙にマッチしていたのが、RADWIMPSの音楽。挿入歌として物語の場面に合わせた楽曲を提供していて、よりそれぞれのシーンを邪魔せずに盛り上げていたと思います。



2人の夢の中の物語がどう繋がっていくのか、2人は出会えるのか。

切なくて繊細な感情の描写に対して、伏線もわかりやすく、全体を通して疾走感もあるので、飽きずにどんどん次の展開が気になりました。途中途中のキーとなる大事な台詞は、綺麗な言葉が使われていて、耳にも残りました。

自分の中ではとても満足度の高い作品でした。Blu-rayが出たら絶対買います。

映画を観終わって劇場の外に出た時に、なんだか空を見上げたくなりました(笑)