ユタ

君の名は。のユタのネタバレレビュー・内容・結末

君の名は。(2016年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想を裏切り面白かったです。

貶したいところはあまりないのですが、
はじめに一つだけ文句を。
RADWIMPSしゃしゃり出てくんな!笑(ファンの方すみません)

あとは細々した事はあるけど、ほぼ不満はなかったです!

これだけ感動させられるのは多分優秀なアニメーターを雇ったことも大きいんだろう。三葉が力を振り絞って走るシーンや、二人が互いに手を伸ばすシーンのように、
登場人物の運動に豊かな感情が込められてる。


設定自体はかなり青臭い感じがするんだけど、ギリギリいわゆる”セカイ系”を回避してる。これは何処からか指導が入ったのか、新海監督が意図したのかはわからない。
たとえば終盤で三葉は名前を忘れたことを嘆き、涙を流しながらも、主体的な行動でコミュニティを救おうとする。
セカイ系的ではあるけど、よく見るとポストセカイ系になってるところも多くの人に受け入れられた理由だと思う。



そしてこの手の話なら、
「この二人は絶対に引き合わせなければいけない」そう観客に思わせたら監督の勝ち。
新海監督の元々のフィールドであった美少女ゲームのように、
”バッドエンド”をリセットし”トゥルーエンド”を導き出そうと全力で走る二人を気づいたら応援していたし、不覚にも涙してしまった。

非直線的な時間軸で進む物語の世界観なのだけど、しっかり”今私が意思を持って行動すること”の大切さを描けてる。

今回はまんまと新海監督に負けました。