鍋レモン

君の名は。の鍋レモンのレビュー・感想・評価

君の名は。(2016年製作の映画)
2.0
⚪あらすじ
東京に憧れる田舎暮らしの宮水三葉と東京の街で父と暮らす高校生の立花瀧。出会ったこともない2人がある日夢の中でお互いの身体が入れ替わっていることに気付く。戸惑いながらもお互いの生活を体験する2人、しかし、ある日を境にその入れ替わりは無くなってしまう...。

⚪感想
地上波で鑑賞。

少数派であることは100も承知なので好きな人はレビューを読まない方がいいです。

好きな人には申し訳ないけど表現が好みじゃなく生理的に無理なのと、内容・展開が面白くなかった。

良かったのは長澤まさみさんの声と景色が綺麗さ。

大ヒット!とかめちゃくちゃ面白い!と言われてたからハードルが上がっていたせいかもしれない。
あとは内容的にも展開的にもなにも感じるものも面白さの欠片も無かったので新海誠さんの作品が好きではないのかも。

色々な映画のつぎはぎ合せのようという批判に対して新海誠監督が「それは、あーその通りかもしれないな、と思うのと同時に、そんなに容易なことならば、みなさんやってみればいいじゃないか、という風にも思います」って言ってしまったのがかなりダサい。
この発言で一気に作品も嫌いになった。
個人的になぜ映画を楽しむ側が映画作らなきゃいけないのか分からないし、才能がある人はこんなことを言わず大変だけど努力して面白い映画を作ってる。
これに合わせてじゃないけどBLEACHの作者も「気に食わなければ読まなければいい」って言ってたけど別に気に食わないんじゃなくて面白くないだけだし、その思いを表現する自由くらいは欲しいと思う。
まぁBLEACH読んでないけど笑
お涙頂戴演出も見え見えで全く感動しない。

3年の月日の差に気づかないおかしさ。
人の胸触っといてあの軽さ気持ち悪い。

RADWIMPSは「前前前世」よりも「いいんですか?」が好き。

その時の風潮とかに結構流されて面白いって感じることが私自身結構あるので、ヒットしてた時に見ていた映画を改めて観直したいと思った。

いくつかのレビューにあった新海誠監督の童貞臭と監督のオナニーを見させられているようというのはなんとなく共感できる気もする。
同じものを細田守監督からも感じるし、個人的に細田守監督の作品も苦手なので察し。



⚪以下ネタバレ



ラストのタイトル通りに「君の名は...」ってなるの狙いすぎてる感じがして個人的に嫌いだし、だろうなって。