NonCorleone

君の名は。のNonCorleoneのレビュー・感想・評価

君の名は。(2016年製作の映画)
4.0
中学生の時にこれを見られてよかった。

天気の子を観て、改めて書き直してます。

ただのティーン向け映画ではない。この映画には大いなるSFっぽさと壮大さがある。ロードムービー的要素もある。こんなに壮大な話でも、鑑賞後には瀧と三葉が近くにいるように感じる。

そして、「心と体と」や「未知との遭遇」に共通している、なにか不思議な物を見た、経験した人々が惹かれあっていき、やがて出会う。という展開は僕をとても惹き付けるらしい。天邪鬼で見栄っ張りな昔の僕は、この映画は面白いだけなんて言っていたけど、鑑賞直後の僕の胸にこの映画はとても響いていた。

ひとつ言うなら、主人公2人が惹かれあっていく描写が明らかに足りない。ていうか、ほんとにこんなこと起きたら好きになるのかなって思った。だって入れ替わってるんだよ?今僕たちが自分の目で見てる自分の体に恋すると思う?自分自身に恋するようなものだよ。
でも秒速五センチメートルはすごく好きだし、この映画も面白かったし、新海誠監督にはこの調子でどんどん映画作ってほしいです。