君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.9

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー、構成、映像、声優、音楽どれも文句無しで最高だった。(自分の好みも大きいけれど)

冒頭から新海誠ならではの美しい映像に鳥肌。
そしてオープニングムービーが流れる。映画アニメではあまり見ないが、このクオリティが高くて鳥肌。
また、それに使われている曲が良くて鳥肌。
ここまでで普通の映画一本分以上の感動だった。

そこから、本編が始まり、中盤に差し掛かるところで主題歌でもあるRADWIMPSの前前前世が流れて鳥肌。野田洋次郎はやはり天才だと思う。
また、主演2人の訛りを含んだ素晴らしい演技によって、映画の世界観にどんどんのめり込んでいく。脇役の演技もとても良かったが、やはり2人の演技は素晴らしかったと思う。

そして、終盤に差し掛かり物語の全貌が見えてくる。
1番燃える展開のやつだった。こういう話って本当に感動する。

また、新海誠の過去作を連想とさせる小ネタがふんだんと使われていた(はず)。Z会の広告や、秒速のコンビニ、言の葉の庭の雪野先生など。自分は言の葉の庭の大ファンなので、雪野先生が出たのは最高だった。(あと、多分授業の黒板に書いてあったのは多分言の葉の庭で詠まれた詩)

そして、2人が初めて本当に「出会う」シーン。名シーン。下手な言葉では表せられない。1番好きなシーン。

そして、ラストシーン。秒速のラストシーンが重なる中、本当に見ていて胸が締め付けられる思いだった。


新海誠作品の集大成だと感じたし、この作品に対する力の入れようを感じた。また演者やスタッフのこの作品に対する思い入れや熱量も感じた。非の打ちどころのない最高の作品でした。
しり

しりの感想・評価

5.0
監督の作家としての驚異的なブレイクスルーを見た気がした。生きるの楽しいよ、明日何か良い事あるかもしれないよ。運命を変える人や出来事に逢うかもしれないよ。そんな生に対して希望を与える温かくて優しい情動に包まれるハッピーエンド。届く人には届く、受け取った人間の人生を変えてしまう力を持った作品だと思います。
思春期の残滓を抱えた大人により響く。
生きるの頑張れ。
全然前世
haru

haruの感想・評価

3.8
良かった。映像と音楽。
まる

まるの感想・評価

4.1
名だたるアニメーターが参加しているだけあって、キャラの動きを見るのが楽しい、
安心感がある。
映画では粗はあまり感じなかったが、
テレビで見ると、映像がスケールダウンするからか、色々と不満が出てくる。
それだけ映像が素晴らしいということなのかも。

台詞回しが拙いのが気になって仕方がなかったです。
RADWIMPSの音楽の挿入も、話をぶつ切りにしている感じがあって、そう良いとは感じない。

映画館で何度か見て正解でした。
一度劇場で観て、去年の秋くらいにロードショーやってたからそれで二度観たのですが、二度目が案外面白いです。
一度目はもちろん先が分からないからストーリーに集中してしまうけど、内容全部分かった上で観てみた二度目では、音楽とかアニメーションを凄く楽しめました。
結構好きです。
これはよかった
大切な人に会いたくなる映画
>|