君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1200年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町糸守に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で念願だった都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている奇妙な夢を見ていた。 繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている記憶と時間。 何度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。 残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら状況を乗り切っていく。 しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。 入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、会ったことのない三葉に会いに行こうと決心する。 辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。
新海誠のアニメは、美しい自然と日常の情景、運命的な出逢いと恋そしてすれ違いが軸になっているけど、今回は夢をきっかけに主人公の瀧と三葉が入れ替わるというシチュエーションを加えることで、突然入れ替わるというシチュエーションに置かれた瀧と三葉や周囲の戸惑いと瀧と三葉が反発しながら心を通わせるラブコメディ要素が増えユーモア多めでした。入れ替わりが途切れた中盤から、瀧が三葉に会うため岐阜県を訪れ、三葉が住んでいた糸守にティアマト彗星の核が分裂した隕石が落下し糸守が消滅したことを知った瀧が三葉を救うために宮水神社に奉納している口噛み酒を飲み、再度三葉と入れ替わり親友と協力して彗星の落下から糸守を救おうと奮闘する青春アドベンチャー的な展開、瀧と三葉がお互いを求め合うピュアな恋(瀧が三葉から貰った組み紐を介したふたりの恋とすれ違いと心の通わせる展開がステキ)が組み合わされて、新海誠のアニメの初心者でも惹き込まれる、大事な人を忘れてしまった切なさと共に側にいる大事な人を抱き締めたくなるいとおしさを呼び起こす新海誠の集大成であり、青春ファンタジー映画の傑作です。RADWIMPSの曲も瀧や三葉の想いを雄弁に物語っていて、「前前前世」や「スパークル」など印象的です。時間や人の縁は糸のように危ういから、毎日出会う縁や時間や生活や側にいる人を大事にしなきゃと思えるステキな作品でした。
日本アニメ界の頂点という感じでした。最高。
shu

shuの感想・評価

3.5
絵は綺麗だけど、ストーリーは割と普通。
想像より良いのだけど、私の汚れた心にはクサすぎて直視できない気持ちになる映画。
sasasa

sasasaの感想・評価

4.2
面白かった。映像が綺麗で音楽で映画のスピード感が増したり、映像と音楽がぴったりで気持ちが持っていかれました。展開もすごくいい。
RADってすごい
まゆ

まゆの感想・評価

4.2
面白かった。
色んな人が評価してるように非常に見やすくて面白かった、誰でも楽しめますね〜。
あと映像はいつも通り繊細で、綺麗で、感動しました!
>|