君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「君の名は。」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1200年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町糸守に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で念願だった都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている奇妙な夢を見ていた。 繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている記憶と時間。 何度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。 残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら状況を乗り切っていく。 しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。 入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、会ったことのない三葉に会いに行こうと決心する。 辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。
新海誠のアニメは、美しい自然と日常の情景、運命的な出逢いと恋そしてすれ違いが軸になっているけど、今回は夢をきっかけに主人公の瀧と三葉が入れ替わるというシチュエーションを加えることで、突然入れ替わるというシチュエーションに置かれた瀧と三葉や周囲の戸惑いと瀧と三葉が反発しながら心を通わせるラブコメディ要素が増えユーモア多めでした。入れ替わりが途切れた中盤から、瀧が三葉に会うため岐阜県を訪れ、三葉が住んでいた糸守にティアマト彗星の核が分裂した隕石が落下し糸守が消滅したことを知った瀧が三葉を救うために宮水神社に奉納している口噛み酒を飲み、再度三葉と入れ替わり親友と協力して彗星の落下から糸守を救おうと奮闘する青春アドベンチャー的な展開、瀧と三葉がお互いを求め合うピュアな恋(瀧が三葉から貰った組み紐を介したふたりの恋とすれ違いと心の通わせる展開がステキ)が組み合わされて、新海誠のアニメの初心者でも惹き込まれる、大事な人を忘れてしまった切なさと共に側にいる大事な人を抱き締めたくなるいとおしさを呼び起こす新海誠の集大成であり、青春ファンタジー映画の傑作です。RADWIMPSの曲も瀧や三葉の想いを雄弁に物語っていて、「前前前世」や「スパークル」など印象的です。時間や人の縁は糸のように危ういから、毎日出会う縁や時間や生活や側にいる人を大事にしなきゃと思えるステキな作品でした。
れい

れいの感想・評価

3.5
小説の方が好き。絵はとても綺麗でした!
同じ監督作品の"秒速五センチメートル"を知ってただけあって、良い意味で裏切られた。
綺麗な描写で煮え切らないもんかと思ってたけど、違いました笑
前前前世∠︎( ˙-˙ )/📝
場面場面は美しいけども、心に刺さるものが何一つ無い。

「妄執にとらわれた男」に並々ならぬ情熱を注ぐ男・新海誠があのラスト。以前の新海であれば決して振り返らなかった。(というか電車にしろ、すれ違いにしろ『秒速』でやったことの否定に見える)
これは殻を破ったと捉えるべきか、それとも大衆に媚びたと言うべきか。新海の胸中は知る由も無いが、とりあえず本作プロデューサーの川村元気は要注意人物だと認識した。

あと前半の息苦しい田舎描写からの破壊はなんなんだ?田舎嫌いなのか?
し

しの感想・評価

4.5
面白かった!
主人公、自分の気持ち喋りすぎるのが苦手だった。話題作りにはいい。
挿入曲がすごくいい
絵が綺麗
新海誠監督の作品が詰め込まれている
て

ての感想・評価

-
記録
2016/9/1
HON

HONの感想・評価

4.1
まぁまぁっすね
>|