君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想を裏切り面白かったです。

貶したいところはあまりないのですが、
はじめに一つだけ文句を。
RADWIMPSしゃしゃり出てくんな!笑(ファンの方すみません)

あとは細々した事はあるけど、ほぼ不満はなかったです!

これだけ感動させられるのは多分優秀なアニメーターを雇ったことも大きいんだろう。三葉が力を振り絞って走るシーンや、二人が互いに手を伸ばすシーンのように、
登場人物の運動に豊かな感情が込められてる。


設定自体はかなり青臭い感じがするんだけど、ギリギリいわゆる”セカイ系”を回避してる。これは何処からか指導が入ったのか、新海監督が意図したのかはわからない。
たとえば終盤で三葉は名前を忘れたことを嘆き、涙を流しながらも、主体的な行動でコミュニティを救おうとする。
セカイ系的ではあるけど、よく見るとポストセカイ系になってるところも多くの人に受け入れられた理由だと思う。



そしてこの手の話なら、
「この二人は絶対に引き合わせなければいけない」そう観客に思わせたら監督の勝ち。
新海監督の元々のフィールドであった美少女ゲームのように、
”バッドエンド”をリセットし”トゥルーエンド”を導き出そうと全力で走る二人を気づいたら応援していたし、不覚にも涙してしまった。

非直線的な時間軸で進む物語の世界観なのだけど、しっかり”今私が意思を持って行動すること”の大切さを描けてる。

今回はまんまと新海監督に負けました。
あくまで個人の感想なので書きたいことを書かせていただきます。
公開してすぐに友達に誘われてついて行きましたが、死ぬほど面白くなかったです。

見終わった直後はあまり上手く説明できなかったのですが、恐らく入り込める点が自分には少な過ぎたのだと思います。

3年の時間差に気づかない主人公2人や、あり得ない状況を割とすんなり受け入れる仲間達はもちろんそうです。あと、ちょいちょい入れてくる扉を開け閉めする描写で、なんというか誘われている気がして腹が立ちました。ベタな展開も日本最高峰の映像美が無駄なような気がして嫌でした。というように低評価な点は挙げればキリがありませんが、何よりやはり初期設定が全く入り込めませんでした。

不謹慎ですが仮に自分が2011年の3月10日に福島の同級生と心が入れ替わったとして、気づかないですか?

それをアニメだから、で自分を納得させる事は無理です。長くなりました。
映像がとても綺麗。感動。
夢の中で入れ替わった高校生の男女が次第に惹かれあっていき、ある現実と向き合うことになる切ない純愛映画。テーマは運命の赤い糸。同じ監督の過去作品が生かされていて、結末は集大成という気さえしてしまうほど好印象。伏線の効いたハッとさせるストーリー展開にも引き込まれました。ただ、力が何だったのか良くわからなくて、やや消化不良です。あとは、入れ替わりネタが使い古されていることと、一番大きな謎に関しては同じような映画が過去にあるので、絶賛まではできません。
vivi

viviの感想・評価

3.0
まぁこういう話あるよね、っていう感じ。飛行機で観れたから見てみた。
Hal

Halの感想・評価

2.8
どこまでも漂う[サマーウォーズ]感…
夏休みの中高生向け映画だと思う。
特別悪くも良くもないが、期待値からすると非常に残念。

新海監督作品では、[星を追う子供]と並んで異色。というか、この監督の割りにはふつーのアニメ。

商業的な成功は納めたが、そのためにターゲットをティーンにしたのか、大人が魅力を感じる作風ではなくなってきている。
この監督の特徴とも言われた、繊細な情景描写から描かれる心情の機微というものをこの作品からは感じられない。
今後もこの作風ならわざわざ見ることはないだろう。

この映像にこの音楽???
単品ならどちらもよいと思うのだが、ネームバリュー欲しさ?
ハル

ハルの感想・評価

5.0
映画館で4回観た

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
女子高生三葉と男子高校生瀧がある日、お互いの身体が入れ替わる。入れ替わって生活をしていくうちにお互い惹かれ合って行く。
入れ替わってしまう原因は彗星が地球に落下する際のエネルギーが超常現象を引き起こした。
その彗星は3年前に三葉の町に落下しており、三葉はその時死んでいた。時空を超えて、三葉と瀧は身体が入れ替わっていた。瀧が三葉に会いに糸守町に行った時、そのことに気付き、瀧がもう一度、三葉と身体を入れ替えることに成功。その際、2人はかたわれ時に、初めて対面する。そこでお互い身体が戻った時に名前を忘れないように掌に名前を書こうとするが・・・
瀧は三葉の掌に好きだと書き、三葉が瀧のてに書こうとした時、時間が過ぎてしまう。
その後、彗星が落下する前に町の住人を避難させることに成功。
5年後、瀧は就職活動をし、三葉のことや糸守町のことを忘れかけていた。その時、東京で偶然すれ違う女性。それが三葉であった。

【感想】
遅くなったが、初鑑賞。前評判が良過ぎた為に期待を持ち過ぎていた為か、思ったほどという感じ。確かに面白かったが。ってか、瀧、お前、ちゃんと名前書いとけよ笑 三葉が掌を見た時に好きだって書かれていた文字を見て、とても苛立ちを感じた笑 挿入歌の歌詞が凄く映像と合っていたのと、映像が綺麗だったことが◎ あとこの人はやっぱり雨が好きなのかなと思った笑
>|