君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想を裏切り面白かったです。

貶したいところはあまりないのですが、
はじめに一つだけ文句を。
RADWIMPSしゃしゃり出てくんな!笑(ファンの方すみません)

あとは細々した事はあるけど、ほぼ不満はなかったです!

これだけ感動させられるのは多分優秀なアニメーターを雇ったことも大きいんだろう。三葉が力を振り絞って走るシーンや、二人が互いに手を伸ばすシーンのように、
登場人物の運動に豊かな感情が込められてる。


設定自体はかなり青臭い感じがするんだけど、ギリギリいわゆる”セカイ系”を回避してる。これは何処からか指導が入ったのか、新海監督が意図したのかはわからない。
たとえば終盤で三葉は名前を忘れたことを嘆き、涙を流しながらも、主体的な行動でコミュニティを救おうとする。
セカイ系的ではあるけど、よく見るとポストセカイ系になってるところも多くの人に受け入れられた理由だと思う。



そしてこの手の話なら、
「この二人は絶対に引き合わせなければいけない」そう観客に思わせたら監督の勝ち。
新海監督の元々のフィールドであった美少女ゲームのように、
”バッドエンド”をリセットし”トゥルーエンド”を導き出そうと全力で走る二人を気づいたら応援していたし、不覚にも涙してしまった。

非直線的な時間軸で進む物語の世界観なのだけど、しっかり”今私が意思を持って行動すること”の大切さを描けてる。

今回はまんまと新海監督に負けました。
作画に元ジブリスタッフの安藤雅司を迎えていることや、ハリウッド実写化決定したことなどを受けて鑑賞。思ってたより良かった。特に前半がおもしろい。

日本の田舎の風景、地域にまつわる伝統、言い伝え、男女入れ替わり、彗星接近、生まれ変わり、タイムトラベル的要素など、観客の好きそうな要素をさんざん盛り込んで雰囲気で煽ってくる映画だなぁという印象。
後半進むにつれて、ラストがどうなるか予想できてしまったのが残念。色々盛り込んだ割に普通の話だったように感じた。ラストシーンもほとんど予想通りだった(笑)
ストーリーでも作画面でもやはり宮崎駿監督は超えれていないと思う。
前半風呂敷をさんざん広げといてラスト尻すぼみ感はあるけど、自分の片割れを探すというテーマは素敵だった。
ちょいハードルあげて鑑賞したけど超えてきた!

やっぱり日本の伝統的な文化を取り入れたアニメ映画が世界ではウケるのかな
おもしろい!
noco

nocoの感想・評価

3.5
音楽の存在感が素晴らしい。
アニメもバカにできないと改めて思った。じっくりもう一度観たい。
全くハマらなかったタイプ
#2016-67
ツッコミするのは負けなんだろうけど、全てが何となくの雰囲気映画だったと思う。何1つグッと来なかった。
長澤まさみの先輩、RADWIMPSの曲は良かったし、秒速5cmの後を追わないか若干ハラハラした。
何度見ても名作。
最初はこの手のジャンルは
あまり見た事が無く、彼女から一緒に行こうってデートで誘われて、大丈夫かなぁ?と思ってたが、物語の中盤から涙が止まらなくなって、エンドロールが流れた時にはあまりの良い作品を大切な人と共有出来た事に本当に運命を感じた。
良い意味でも予告編のミスリードが
後半の展開へしっかり温度差を付けてくれて、本当に名作と呼べる作品だと
思う。
挿入歌の使い方、脚本、絵の美しさや
そのワンシーンワンシーンが持つパワー、どれをとっても近年のアニメ映画では
勝てない作品である。
こんな素敵な作品に巡り合わせてくれた彼女に本当に感謝をしています。
すげぇ〜良かったぁぁ!今更だけど、すごく良かった!!
全然期待してなかったから、よりよく思ったのかもしれないけど、ああ、良かった(涙)
やっぱりヒットしたのもは理由がある。うんうん。
いつもはただの職場だった新宿が、今日から違った場所に見えてくる(笑)

最初は映像の綺麗さに感心してた、と言うか、ちょっと斜に構えてる感じで見てたけど、途中からストーリーに引き込まれて映像美とかどうでも良くなった。

古くからあるものを、現代のガジェットがつないでいくような感じに希望を感じちゃうね。というのは、なんとなく時代の流れについていけてないような気がする自分にとって、この速さにさえ、理由がきっとあるんだっていう希望が持てる気がするのは、ちょっと大げさかな?(笑)

終わり方もオレ好み。やっぱり、「あの人、前に…」みたいな感覚は信じるべきなのかもね〜。
ああ、続編を観たいけど、観たくない(笑)

RADWIMPSの曲も良かった。
恋の歌は実生活だけじゃなくて、映像作品も盛り上げられる。音楽の力をより信じられる気になる。
>|