君の名は。(2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:107分
    監督
    新海誠
    脚本
    新海誠
    キャスト
    神木隆之介
    上白石萌音
    長澤まさみ
    市原悦子
    成田凌
    悠木碧
    島崎信長
    石川界人
    谷花音
    花澤香菜
    あらすじ
    千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

    「君の名は。」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    予想を裏切り面白かったです。

    貶したいところはあまりないのですが、
    はじめに一つだけ文句を。
    RADWIMPSしゃしゃり出てくんな!笑(ファンの方すみません)

    あとは細々した事はあるけど、ほぼ不満はなかったです!

    これだけ感動させられるのは多分優秀なアニメーターを雇ったことも大きいんだろう。三葉が力を振り絞って走るシーンや、二人が互いに手を伸ばすシーンのように、
    登場人物の運動に豊かな感情が込められてる。


    設定自体はかなり青臭い感じがするんだけど、ギリギリいわゆる”セカイ系”を回避してる。これは何処からか指導が入ったのか、新海監督が意図したのかはわからない。
    たとえば終盤で三葉は名前を忘れたことを嘆き、涙を流しながらも、主体的な行動でコミュニティを救おうとする。
    セカイ系的ではあるけど、よく見るとポストセカイ系になってるところも多くの人に受け入れられた理由だと思う。



    そしてこの手の話なら、
    「この二人は絶対に引き合わせなければいけない」そう観客に思わせたら監督の勝ち。
    新海監督の元々のフィールドであった美少女ゲームのように、
    ”バッドエンド”をリセットし”トゥルーエンド”を導き出そうと全力で走る二人を気づいたら応援していたし、不覚にも涙してしまった。

    非直線的な時間軸で進む物語の世界観なのだけど、しっかり”今私が意思を持って行動すること”の大切さを描けてる。

    今回はまんまと新海監督に負けました。
    賛否両論あるけど自分は好き。頭空っぽにしてみる娯楽作品としては良作やと思った。

    このレビューはネタバレを含みます

    この作品は一回で理解ができるかわからないですけど、理解ができた時の凄さに感動しますいろんなところに時間の流れのズレがあってそれも注目してみるともっと面白いかもしれません
    3回映画館で鑑賞。
    映像が綺麗で、さすが新海誠監督。
    物語の展開も飽きがなく、ハラハラドキドキほっこり。
    世間の波に乗って観てみた。
    今まで新海誠監督の作品はあまり観てなかったが、この映画を観てから他の作品も観てみたいと思いました。
    それくらい衝撃的で面白かった。
    まず映像がとてもきれいで驚きました。映画館の大画面で観ないと損!
    繊細なタッチで細かく描かれていて見とれてしまった。
    内容はタイムスリップ要素があって、途中?マークが出てくる所もあったけど、それを後から考えるのも楽しかった。
    すごく感動したし、笑えるところもあって、ただぼーっとその空間に見とれていたり、終始飽きることなく観れました。
    最後の終わり方も個人的に好きでした。
    劇中歌が全てRADWIMPSなのも驚いたし、いい曲ばかりで満足。
    ヒットするのも納得の作品でした。
    起承転結がはっきりしており、とても見やすい。映像がとにかくきれい。
    映像が綺麗
    映画館で観るべきもの。
    RADWIMPSの曲の使い方がすごい
    さすがの一言
    ユナイテッドシネマ豊島園
    青春映画。
    >|