君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ラーメン屋のオヤジがシブい!


社会現象にまでなった新海誠監督の大ヒットアニメ映画を
ゲオへ行ったら一本だけ残っていたので、ようやく観ました。
実のところ、世間が騒げば騒ぐほど、個人的にはあまり興味が持てず、それだけに事前に内容を殆ど知らずに鑑賞できたことが幸いしました。
想像していたより楽しめました!

「男女の心が入れ替わる」という、大林宣彦監督の「転校生」のようなクラシックなプロットを巧くアレンジして利用した、女子が思わずキュン死してしまいそうなラブストーリーは良く出来ていますよね。
ドキドキもハラハラも盛り込まれ、スピリチュアルやSF要素をチョチョッとまぶした、コアなアニメファンから普段はアニメを観ない一般層まで美味しくいただけるブッフェのよう。
ビジュアルも美麗でリアル。彗星を見上げる場面などは、大きなスクリーンなら尚更美しく感動的だったでしょうね。

ただ、シナリオ的には観ていていくつか気になる点もありました。
まず、主人公たちが惹かれ合うようになった理由がよく分からないままでした。
観ていると、リンクしていたのが切れたとたんに好きだということに気づいたような感じでしたが、二人がお互いを好きになるようなエピソードが無かったような気がします。
入れ替わったことで起きるトラブルばかりで、お互いの心の触れ合いがとくに描かれておらず、急に運命の相手のように言い出したので驚きましたよ。
なので、「ああ、そういう設定なのね」と思うばかりで、ラストでも感動して泣けるほどではありませんでした。
まあ、これについては、「二人は一人」みたいなものなので、自然と惹かれあっていったのかもしれませんが、それが伝わってこなかったんですよね。

また、二人の時間軸がズレていることはミステリーで言えばメイントリックともいうべき重要なプロットですけれど、さすがに二人のどちらも気付かないのは無理があるでしょう。
スマホを使っていましたが、普通なら何かおかしいと違和感があるはずです。
例えば、カレンダーの曜日がズレているだろうし、西暦の違いを目にするかもしれません。
周囲と会話すればテレビドラマやニュース等、話題の違いがあるでしょう。
特に、彗星の話題は何度もテレビで放送していましたし、三葉が瀧でいる時におかしいと思わないのはご都合主義すぎます。
なにより、お互いの住んでいる場所ぐらい気になると思うんですよね。何故、入れ替わっている時にどちらも場所を調べなかったのか?
三葉的には東京の何駅というだけでも知ることが出来ているのでOKでしょうけれど、瀧としては「この田舎はどこなんだ?」と疑問をもつのが普通だと思うのですが、どうでしょうか?
それとも、糸守だと知っていたけれども記憶が薄れて分からなくなっていた・・・と言う事なのかな。
何にしろ、お互いの時間が3年ズレていることに気が付かないのは流石に有り得ないのでは。
もしかしたら気付いていたことに気付いていなかっただけなのかもしれませんが、それは反則技のような気もしますね。

BOΦWYが「Dreamin’」で「番号だけで呼ばれ」と歌っていたり、ディストピアものの映画でも個人を番号や記号で判別するのが定番であったりしますが、「名前」というものは人にとって非常に大切なものですよね。
動物でも、時には植物や機械にでも、人はあらゆるものに名前をつけて呼ぶことで、その相手と繋がりをもちます。
そんな「名前」、そして人の人の繋がりを描いた、青春時代を切りとったファンタジックな恋愛映画。
良く出来たドラマ以上のものとは感じられませんでしたが、誰かと語り合いたくなる・・・つまり話題作として一斉を風靡するのは分かるような気がしました。


レンタルDVDにて
andy

andyの感想・評価

4.6
まじでよかった。
sae

saeの感想・評価

5.0
前から好きやった新海監督の新作で、結構期待して行ったけど期待を裏切らなかった!
azacfilm

azacfilmの感想・評価

3.4
面白かったし、綺麗だったし、ドキドキしたし、可愛かったんだけど、

カラクリやストーリー展開に既視感があって他のアニメや映画の良いとこ取りにも見えてしまった。
お父さんの描き方もなんか中途半端。

時をかける少女で、すでにこの感動は経験したかなーという気持ちになった。
ya27

ya27の感想・評価

4.1
映像が綺麗。3Dというかダイナミックな映像。
曲がマッチしてる。

当たり障りない内容かと思ってたら結構複雑。
記憶を忘れてしまう。そこがもどかしさ誘われて良かった。
先輩とのデートの後連絡が取れないことに謎だったけど、そのあと実際に衣糸守町いって潰れたみずうみ見た瞬間にもう死んでる人だから連絡してとれないんだってなってぞわって。
片われ酒のんだから片割れどきだけ過去と時間が繋がった。
オープニングのようなものの存在。そのシーンが至る所でここのことかって繋がって良かった。


御神体のとこで、酒飲んで転んで過去戻るって雑
政治家お父さんの説得失敗して、でも御神体んとの行けば会えるって発想が謎。
まだ滝くんが中学のころに三つ葉が会いに行って、知らない人からもらった紐を3年間つけてるって冷静にきもい。

最後隕石から8年後のシーンが長い。
橋ですれ違ったくらいでよかった。最後ぐだぐだ合うところまで長い。
ハナコ

ハナコの感想・評価

2.3
青春〜
ふぁいっお〜

ここで!
ここで気持ち盛り上げて!
って感じのBGMや効果音。
音のバランスの悪さが気になっちゃった。
泣けたけど1回観ればもういいや。
やっと借りれたー
タイムパラドックスが起きてるみたいだった
相対性理論が絡んでると思う…
ちゃそ

ちゃその感想・評価

4.0
周りの推しにまけてみました。

みつはのおっぱいが素敵でした。

Blu-rayでみて映像の綺麗さに驚かされました。
>|