君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

本当に最後の最後に君の名はってなりました
joypop

joypopの感想・評価

3.7
私的には秒速五センチメートルまでの作品が好きだなぁ。
磔刑

磔刑の感想・評価

2.7
「世紀の大ブームが生んだものは。」

私が『君の名は。』を観たのはすでに大きなブームになった後で、その特大級のムーブメントとは裏腹に私の評価は冷ややかなものだった。
良い所を探そうと思えば探せるものの、これだけの話題作なのだから他者の客観的視点によるポジティブな意見や評価、考察を読んだ方が良い刺激になると思いネットの大海原へと駆り出したのだが私が目の当たりににしたのは意外な反応だった。
批判的な意見は概ね同意できるものだったが私が期待したのはそれに対する肯定派の反論であり、そこからこの作品の魅力を汲み取ろうとしたのだが、肯定派やファンが口を揃えて言うのは〝興行収入〟の事ばかりだった。作品が興行的に成功している事などは百も承知だし、そのような事を知りたい訳ではない。だが『君の名は。』を取り上げるテレビやネットニュースなどが報じるのは“興行収入”の話ばかりであり、ネット上の話題も“興行収入”ばかりで内容について議論している者など皆無に等しいかった。むしろ否定派の方がストーリーや演出、キャラクターについての考えを述べる傾向にある印象を受け、一種の逆転現象のようになっていたが肯定派の返答は変わらず“興行収入”の高さであり、圧倒的数値と言う感覚に左右されない客観性が絶対であり、それに半目する者は何もかも間違っていると断じる極端に排他的な考え方で少しでも批判的な意見を述べる者は“批評家(笑)”と蔑み、互いに全く話が噛み合わず議論にならなかった。
勿論肯定派にも冷静に分析、考察し建設的な見解を述べた者もいただろうが多くのファン(?)の“興行収入”と言う名の大歓声に掻き消され、作品の本質が見えなくなってしまう本末転倒な結果となっている。

『君の名は。』が特大のヒットを記録したのはSNSの目覚ましい普及と噛み合った事に大きく起因していると感じる。それはインターネットの普及が大ヒットに影響した『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と酷似しているように思える。
今となっては一過性の過剰なブームが生んだ駄作と評される『ブレアウィッチプロジェクト』だが『君の名は。』も他人事ではない。『君の名は』の大ブームの時に“興行収入”を高らかに唱えていた者は数年もしたらいなくなるだろう。その時『君の名は。』には一体何が残されているだろうか?その時果たして数字で表される偉業以外に残されるものはあるのだろうか?
それは長い月日が経たなければわからない事だが将来一過性のブームだったと悲観されない為にも観客が今語るべきことを語らなければならないのではないかと感じる。


以下本編の批評


今作を肯定的か否定的に受け取れるかは瀧と三葉が山の頂上で出会うシークエンスに感情移入できるかどうかで決まってくる。
上記のシークエンスは映画が最大に盛り上がる場面であり、瀧と三葉が紆余曲折した末にようやく出会う姿には男女問わずに感動を覚えるのは物語の盛り上がりから言っても十分理解出来る。だが私としては瀧と三葉が互いに喜んでる間にも刻一刻と飛来が迫っている隕石の存在と町に迫る危機の方が気がかりで、会った会わなかったで悠長にイチャついている二人には決して感情移入できないし、二人が別れた後にもまだ性懲りも無く名前が何だかんだと言っていて「早く!町救わんかい!!」と非常にヤキモキさせられる。(実際町を救う事と互いの名前を知ることに何の繋がりもないのがそもそもの問題だ)

上記のシークエンスから分かるように主要な話は恋愛劇であり、それに付随するキャラクターや設定、ストーリー、逆境、苦難、悲喜劇、その全ては主人公とヒロイン二人の恋愛感情を盛り上げる為の駒にしか過ぎないと言う考えに基づいた作風だ。そのような作品は日本の漫画やドラマに多く見られ、今となっては決して珍しくはない。
上記の構造に考えなしに主人公達に感情移入できるのならこれほど心地の良い世界は無いのだが、私としては自分の幸せを最優先し、他者(自分には変え難い世界)の存在を軽視した考えが透けて見える為(今作だと三葉が父親を説得するシーンの全カットに象徴されている)とてもじゃないが情移入できないし、少なからず嫌悪感を覚え辟易させられる。
このような価値観に基づいた作品はマクロ的問題(人命救助、世界が抱える問題)とミクロ的問題(恋愛成就、個人の幸せの追求)のバランスの良い答えや解決策を提示できないのも大きな問題であり、それはより一層人物への感情移入を阻害していると感じる。(特にある程度作品を俯瞰で見るタイプの人間には)

もう一つ大きな欠点は物語の大きなターニングポイントとなっている隕石の落下による町の崩壊と二人のいた時間軸の違いが明らかになる場面の扱いだ。
このシークエンスは今作最大のサプライズであり、観客の誰しもが驚く場面だ。私も驚いたし、何度観ても驚かされる。何故なら上記の展開に対する伏線が全くもって張られていない為であり、何の脈絡も無く物語の展開が変貌すれば誰だって驚くに決まっている。
そもそも瀧が3年前の隕石の落下を全く知らない事がまず無理がある。何十年前ならまだしも隕石の落下で数百人の人命が失われた世界的に見ても類を見ない出来事がましてや自国で起きており高校生にもなって、全く知りもしないのは物語の展開のために強引に作られた人物像としか言いようがない。
ただ瀧が災害の存在を知らないのは東日本大地震や阪神淡路大震災などの災害の風化を表しているのは理解できるが、それにしては瀧以外の人物(友人や先輩)が知っている構図は瀧の無知が露呈するだけであり、肝心なメッセージ性が希薄になるだけで本末転倒としか言いようがない。

勿論全てにおいて悪いわけではないし、良い点もある。物語の盛り上がりで必ず流れるRADWIMPSはドラマをより一層盛り上げ観客の感情を否応なしに高揚させている。三年前に三葉が瀧に会いに行っていた事が判明するシークエンスは互いにの存在する時間軸の違いを巧みに使ったドラマチックな展開であり、そこから二人が再び出会うまでの怒涛の展開は非常胸を熱くさせられる。


総評すると悪い作品では決してない。作品の主要な要素である恋愛、SF、タイムリープ、音楽の使い方、日本独特のウィットは正に日本人の誰しもが慣れ親しんだベタの連続であり、それ故不快感は限りなく少なく且つ大きな高揚感を得る事が出来る作風であり、まさに大衆受けする作品の最高峰の一つなのは間違いない。
ただ盛り上がる場面にばかり力が入っており、それ以外の細かい演出や設定の粗が余りに多く物語の没入感を大きく阻害してしまっている。

同年に公開された『シン・ゴジラ』や『聲の形』のヒットや漫画の実写化、アニメやドラマの映画化と言った内需向けの作品が溢れかえり、日本映画のガラパゴス化は益々進んでいる気がする。ハリウッドを手本にした所で劣化の猿真似に成り下がるのだからいっそのこと内需に特化させた作品の方が興行的には良いのかも知れないが、製作者や観客は益々近視眼的となり映画や作品の本来の意味を見失いつつあるのかもしれない。
あまりに期待しすぎたぶん、「なんかもう逆に見たくねえな」と思っていたがついに鑑賞。

観た、今観た、たしかに観た!
期待を十分、十二分に答えてくれる映画を。
走り出したくなるような映画を。
観てよかった。

でもできれば誰かと観たかった笑
単純におもしろい
わだ

わだの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

新海作品は、最終的にくっつかないせつないもの、という流れから、明らかに震災をテーマにしたうえで、死別からの救済を描いたところにグッと来たし、ただただよくできてる。RADの挿入曲多すぎ。
途切れない街の記憶
よしこ

よしこの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アニメ映画としては最高峰 たきくんの友達の内定8個とってるやつと付き合いたい みつはのがんばりとたきくんのがんばりが釣り合っていないのでは?まああんまり覚えてないなら差ないのかな 高校生くらいで観れた人がちょうどいい感じ これで感動するには、わたしはちょっとはやく生まれすぎた
新海的にはここで終わりたかったのでは?みたいなとこ2箇所くらいなかった?
>|