君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.8
昨年の大ヒット作、やっとこさ観ました。
新海誠監督の秒速5センチメートルが大好きで、ただ結末が惜しいというかなんでそっちにしちゃったのかと、ああでも切なさが残っていいのかとか、悶々としながら何回もDVDでも繰り返し観ていました。
ただ他の作品には手をつけたことがなくて、本作も新海監督のツイッターは見ていたので公開は知っていたものの何故か行かなかったのでした。行かずにいるうちに大評判になったからか、ひねくれ者だからかな。
今回GYAOのストアでポイント購入して、観る機会を得たのですが、結論から言うと素晴らしいの一言。
最初のあたりは、新海節全開の美麗背景以外は、正直淡々と入れ替わりの様子がドラマとして流れるばかりで、面白くなるのか不安になりそうな展開でした。
しかし高山ラーメンで店員さんと話をしてから、一気に話が進み始めて最後まで夢中でラストまで行き着きました。
秒速5センチメートルで感じた悶々とした感情も、本作では全く感じずスッと気持ちよく映画を見終えることができて素晴らしかったです。
SF耐性ができてない人には向かない作品ですけど、これが大ヒットするのだから面白い。
見終えてから、最初の方を見直すとなるほどなと思える部分が多数あり、1作品で何度もおいしい作品でした。
最高。
トモヤ

トモヤの感想・評価

4.2
おもろい
kyo

kyoの感想・評価

3.5
映像がとにかく綺麗だった。綺麗すぎて一度観たらお腹いっぱい。
chikichiki

chikichikiの感想・評価

4.0
何度も見るほどではないけど
すごく、映像が綺麗だった!
やすこ

やすこの感想・評価

2.5
映像が綺麗、音楽がいい
ストーリーについていけなかった
MK

MKの感想・評価

3.8
記録
み

みの感想・評価

4.6
記録
なん

なんの感想・評価

4.0
何回見ても泣ける。福井弁とちょっと似てるんだよな~
Masumi

Masumiの感想・評価

5.0
やっとといいますか、、

今更といいますか、、

やっと観れました。

"君の名は。"✨✨

流行りに乗るとか、乗らないとか関係なく

"自分が観たい"

そう思った時観る映画が一番身体に、心に入ってくるのではないでしょうか。
ふと思いつきに観る映画ももちろんいいですが😌

この映画を観る前ははっきり言って
バカにしていました。
今ではそうおもっていた自分が恥ずかしいぐらい。
この映画が大好きですし、引き込まれました。

公開直後観に行った友達たち反応は
"賛否両論だよ"
"好き嫌いわかれるよね"

そんな会話が飛び交っていたのを覚えています。
自分はいったいどっち側だろうと思いながら今回鑑賞させていただきました。

内容の前に映像などの作品の芸術面の感想を是非聞いてください。

二人の主人公の描写もそうですし、声優の配役、とても素晴らしいなと率直な気持ち思いました。
一つ一つの動作や、セリフ、背景の色、特に空のいろはなんとも言えない吸い込まれそうな色合いが沢山です。
森の葉一枚一枚が丁寧に描かれ、光に当たるとキラリと光り、空気中に浮かぶ小さなホコリ、水分?がキラキラと輝く絵。
今まで観たことのない長編アニメ映画です。

さて映画の内容でございますが
今回のキーになったのは、彗星、そして"糸"。 だと個人的には感じました。

今回の主人公である、三葉と、瀧
二人の男女のたまに起こる不思議な心の入れ変わりから物語がどんどん進んでいきます。

"夢から覚めたときなぜか泣いている自分がいる"
これとにたような表現が中に出てきますが誰もが経験しているようなところを突くのもとても共感が持てました。

二人にだけなぜこんな現象が起きているのか、きっと理由があるはず。。
それを是非、まだ見てない人には観ていただきたい。

結果、こんなにも 人気になった理由がわかり私自身とても素敵な作品に出逢えたことが嬉しいです。


実際にもしかしたらこんなことが現実に起こっていたりして?
なんて考えもしちゃいました。


最後に、、、



三葉可愛すぎるだろぉぉぉお😩😩😩💕
>|