君の名は。の作品情報・感想・評価

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.9

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.8
昨年の大ヒット作、やっとこさ観ました。
新海誠監督の秒速5センチメートルが大好きで、ただ結末が惜しいというかなんでそっちにしちゃったのかと、ああでも切なさが残っていいのかとか、悶々としながら何回もDVDでも繰り返し観ていました。
ただ他の作品には手をつけたことがなくて、本作も新海監督のツイッターは見ていたので公開は知っていたものの何故か行かなかったのでした。行かずにいるうちに大評判になったからか、ひねくれ者だからかな。
今回GYAOのストアでポイント購入して、観る機会を得たのですが、結論から言うと素晴らしいの一言。
最初のあたりは、新海節全開の美麗背景以外は、正直淡々と入れ替わりの様子がドラマとして流れるばかりで、面白くなるのか不安になりそうな展開でした。
しかし高山ラーメンで店員さんと話をしてから、一気に話が進み始めて最後まで夢中でラストまで行き着きました。
秒速5センチメートルで感じた悶々とした感情も、本作では全く感じずスッと気持ちよく映画を見終えることができて素晴らしかったです。
SF耐性ができてない人には向かない作品ですけど、これが大ヒットするのだから面白い。
見終えてから、最初の方を見直すとなるほどなと思える部分が多数あり、1作品で何度もおいしい作品でした。
最高。
アルネ

アルネの感想・評価

4.0
最後のシーンはさ、いくらなんでも君の名は、って言うのおかしくないか。せめて、お名前伺ってもよろしいですか、だろう。君の名はて。タイトルは、名前、聞いてイイですか?に変更したほうがいい。
また、入れ替わった後にお互いを好ましく思う動機がわからない。性器弄ってたら本来の自分の身体で相手を抱きたくなったのか。精神性は自分なのに身体は相手ってのは、性倒錯、変態の極みである。VR に次ぐ性産業の目玉はこれだ。
作画、背景が相変わらずべらぼうに綺麗だ(それと比べると人間はただの棒のように味気なく見える)。なので物語に入って行きやすい。まるで自分がそこにいるかのような気持ちになる。

サイコホラーラブサイエンスフィクションムービー。全然悪くない。
ぴ

ぴの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

元々アニメ作品をあまり見ないので、気が付いたらブームが過ぎ去ってしまいましたが、やっとDVDにて鑑賞。
ストーリーとしてはよくある入れ替わりネタと、過去と未来の人間が何故か接点を持ってしまう作品。
背景画がとても綺麗で、時間を遡るシーンは映画というよりもアート系の映像作品を見ているようでした。
その分、人物の描き方との差に、私は見ている最中少し目がチカチカしてしまいました。
アニメ作品はジブリくらいしか知らないので、比較対象がそこになってしまうのですが…
主人公の独白部分が多かったので、アニメを見ているのに小説を読んでいるような気分になりました(試しに新海監督の他作品も少し鑑賞しましたが、これは監督がよく使う表現?なのですね)
また、時代設定が限りなく現代に近かった為、逆に入り込んで見る事ができませんでした(※これは、ジブリの「少し前の時代を舞台にする事でリアリティを持たせる」方法しか知らない所為かもしれない)

とにかく映像は今のこの時代じゃないと表現ができない代物なので、これまでも長編アニメ映画をバンバン出してる新海監督、ぜひまた大作を産んで欲しいです。
しぃり

しぃりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録用

すごい話題になってたけど
結局テレビで初めて見た

入れ替わってる時間がズレてたのにはびっくり!

個人的にはもう少しハッピーエンドが良かったなぁ

なんか、記憶がだんだん無くなってしまうのが切ない

話題になりすぎてたせいか、期待値高すぎて泣けなかったな
話題になっていたけど、私自身それなりに歳をとっているオヤジだから、さすがに映画館で観るのは辛く、そうこうするうちに時が経った。テレビのハードディスクに映画を纏めて録画しており、日曜日の午後、時間が空いたので観た。泣けた。
世俗にまみれたサラリーマンが、月曜日を前に観るにはもっとも似つかわしくないファンタジーだが、泣けた。
観客は、まるで神の目を持つかのように、二人の主人公の時空を超えた繋がりを俯瞰する。ハラハラしながら応援し、一度は諦め、奇跡に歓喜する。
みんな、現実の世界で、自分と愛する人との出会いから今に至るまでの時間を俯瞰することはできないけれど、二人の今日に至るまでにも、例え小さくても素敵な奇跡がたくさんあることを思い浮かべるのだろうな。
mi

miの感想・評価

4.2
記録
な

なの感想・評価

3.7
最初はRADのPV感が凄かったけど最終的には映像と凄いマッチしてて引き込まれた。

綺麗に纏まってるようで実はそうでもない感じが否めない。色々強引だった点もある。
①2016/9/19 (月)
>|