君の名は。の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.9

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

pumpkin

pumpkinの感想・評価

2.4
やっと観ました。
画が美しいソフトSF。

扉を開けてシーン転換をくぎる描写は印象に残った。
アニメならではだし、こだわりも感じられた。
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

多少無理があるけど、入れ替わったことでのコミカルさで前半はまずまず観れた。主人公たちが微笑ましい。
青春恋愛ものだけだと思ってたけど、大きな事件になっていく。そこからはかなり無理があった。
過去を変えてしまったの?被害者名簿は消えてしまった?介入したから今の現在があるようにしとかないと話が破綻するような。そんなことまで気にする映画じゃないのだろうけど。いろいろ頑張ったけど過去は変えられなかったというほうが泣いたかも。
途中の歌と最後のセリフがこっ恥ずかしかった。
「ちょっと東京へ行ってくる」ってそんな簡単に行けるなら、スマホのやりとりの前にさっさと会いに行けばよかったのに。
nickneym

nickneymの感想・評価

3.8
やっと鑑賞!!
面白かったし可愛かった!!😭✨
新海監督作品は数作観てるけど、今回のは良い意味であざとかった!😁
日本のアニメ映画は良いね〜💓
スガル

スガルの感想・評価

4.1
録画してるのを少し前に観ました。


若者が必死でがんばる姿に涙が止まりませんでした。

記憶が薄れてしまう曖昧なところも悪くなかったと思いました。大事なものが埋もれてしまうのって人間にはありそう。せつない。
彩

彩の感想・評価

4.0
久々の鑑賞

やっぱり初めて観たときの衝撃には敵わんけど、改めてストーリーがすごいなと思いました

映画始まってすぐの夢灯籠かかる瞬間が一番好き
Ryoichi

Ryoichiの感想・評価

-
何度見ても泣ける。個人的には、もう少しおばあちゃんのカットがあっても良かった
3・11を意識した描写には非常に優れている
新海誠は青春時代ほんとに何もなかったんだろうなあ 泣ける…
前半40分、三葉がうまいこと奥寺先輩とのデートを取り付けるもの中身は瀧くんに戻りデートは失敗。瀧くんは晩御飯にも誘うも奥寺先輩「今日はもう解散にしようか」←泣いた
やはり監督は自分の人生をぶつけるべきなのである 青春できなかったら失恋もの撮っといた方がうまく撮れる
脚本に関してだが細部は置いておいて捻くれずに素直に糸森町救えたことにすればよかったのでは?
美しい映像、絶妙な音楽の入り方は良いがやってることはベタなので長くても90分にするべき
まあいろいろ直したところで良作止まりだと思うしそれが新海誠の限界なのですが
ある男女どちらも目覚める度に何かが消えてしまった感覚だけが長く残っていた。2人の男女は星が降り注ぎ美しい眺めだったあの日を思い出す。

場面代わり…入れ替わっているのは夢だと思っていた2人は現実に入れ替わっている事に気づき、携帯メールを交換日記のように使いルールを決め生活をしていたが…。

宮水 三葉(上白石萌音)岐阜県糸守町に住む組紐で髪を縛っている女子高生。神社で巫女をする。縫い物が得意。

立花 瀧(神木隆之介)東京に住む男子高生。父親と2人暮らし。イタリアンレストランでバイトしている。絵が上手い。

宮水 四葉(谷花音)三葉の妹で小4。巫女もする。毎朝姉を起こすしっかり者。

宮水 一葉(市原悦子)孫の三葉と四葉を育て宮水神社を守っている。

勅使河原 克彦(成田凌)テッシーと呼ばれる三葉の同級生。自転車、原付で行動している。

名取 早耶香(悠木碧)さやちんと呼ばれる三葉の親友。

奥寺 ミキ(長澤まさみ)瀧のバイト先の先輩で人気者。美人で都会的な大学生。

ユキちゃん先生(花澤香菜)古典の教師。映画「言の葉の庭」に出ている先生。

他声出演→てらそままさき、大原さやか、島﨑信長、石川界人、井上和彦、茶風林、かとう有花他。

口噛み酒→ 穀類などを口に含み噛みそれを吐き出して溜めたものを放置して作る酒。

組紐→ 日本伝統の工芸品で、細い絹糸や綿糸を組み上げた紐。

カクリヨ→死者が行く世。あの世。

黄昏時→語源は、誰そ彼(たそかれ)。映画の中の方言だと、かたわれどき。昼でも夜でもない時間。世界の輪郭がぼやけ不思議な事が起こる。

映画館で見た時は歌から始まる感じとかテンポの良さとか想像もしていない展開に色んな感情で心揺さぶられた!。思ったよりテレビでの放送が早くて2度目の鑑賞。それなりに難しい作りなので2度目でも楽しめる!てか2度は見るべき映画だと思う。

ティアマト彗星、カフェ、御神体、3年前、祭り、結び、風鈴の音色、デート、高山ラーメン、記憶、身長なんかも印象的。

三葉の髪型がコロコロ変わる所も色んな三葉が楽しめて良い。運命を変えるってSF映画で良くあるし、そう言う内容がとても好きで見慣れてるはずだけど、そんな単純じゃないし日本らしさとか田舎と都会とかビックリ要素ありだけどロマンチックな所も好きだな。音楽も沢山使われてて良い。映像は新海誠作品の中では劣る気もしたけど綺麗。

あの2人だけが信じて協力する行動がとても好き。そんなテッシーの声を成田凌とは2度目で知った。花音ちゃんや長澤まさみも良かったなー。

扉が開く時の撮り方?が独特に感じた。おっぱい揉みすぎだけど男ならそりゃやるよなぁ。

時系列、SF、ファンタジー的なのが好きな人ならハマるタイプの映画ですね、私は好きです。

「覚えて…ない?」

「あんたらの一等大切な物を引き換えにせにゃいかんよ」
zzz

zzzの感想・評価

3.5
絵はとても綺麗。ストーリーはまぁ普通なんじゃないかな?というよりも、色んな題材が良いとこどりでちょこちょこっと混ざっていて、結果、あれ?薄いな。と。
冒頭はMVを見せられているのかと錯覚した。今回でやっぱり監督と自分は合わないんだなとはっきりした。
お正月にあったものを録画しててやっとみれた。
とにかく風景が綺麗!
あとRADWIMPSとの相性バッチリ!
これが映画館でみれたらまた違ったんだろなぁ。