君の名は。の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.9

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

物凄く人気なのはわかっていましたが、なんとなく機会がなく、今になって初めて見ました。実は男女入れ替わるラブストーリーぐらいにしか思っていませんでしたが、なかなか奥が深い。
もう一度見たくなる作品でした。
hinapaw

hinapawの感想・評価

1.0
もし、映像を、パソコンで加工せず、本当に描いたのであれば、すごい技術で、美しいと感じます。

内容は、いたって普通と感じました。アニメとして放送されていても、途中で見なくなると思いました。最後にタイトルのセリフを吐いた時には、特に覚めました。
Kodai

Kodaiの感想・評価

4.0
絵の美しさから生まれる世界観は、相変わらず圧倒的。万人受けするシナリオだけど、誰もがもしかしたらこんなことあったんじゃないかと思わせる設定が入っていることでより読後感を良いものにしている。
初鑑賞‼︎
すごい流行ってたし中観れてなかったから期待度上がってたけど、それでも良かった‼︎スクリーンで観たかった。
ただただ入れ替わる、というそんな単純な話じゃなかった。面白かった。
入れ替わった時にどっちがどっち?となった時もあったが、それはババアの始まりで…。ババアでも恋とか愛とかしたくなるような胸がアツくなる素晴らしい内容/映像だった。観るのが遅くなって申し訳なかったなーって。

神木隆之介、長澤まさみ、成田凌、いつ出てた?気付かなかったし、いつか君の存在にも気付かなくなって、君の名も忘れるのかな?そんなん嫌や。
ナオ

ナオの感想・評価

3.5
すごく期待してみたけども、なんで2人があんなに惹かれあったかわからなかった、、、RADは最高、、、
モモ

モモの感想・評価

3.5
《記録》
また観たい ★★☆☆☆
1人で観る ★☆☆☆☆
恋人と観る ★★★★☆
友達と観る ★★★☆☆

・感動あり

最後が好きじゃなかった
itoka

itokaの感想・評価

-
記録用
はじめに流される情報の多さに置き去りにされて,あとから徐々に回収して明らかにされる真実.バタフライエフェクトの世界.もしもは同時多発的にいくつも存在している.選ばなかった世界はだれにでも存在している.
スコア2.9とか生意気だ!う〜ごめんねっ!
君に名を、なをきみに、なおきみが、きみがよを…
こんがらがるがるから減点、って人前では言っておこうね!
k

kの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館に7回観に行った作品。
この作品の世界感と、音楽がどストライクすぎて、オープニングですら泣いた。笑
音楽ありきかもしれないが、映像と音楽の世界観がとても好きだった。見れば見るほど引き込まれる作品。
人間模様の美しさが、たまらなかった。

それぞれが違う時間軸の中で生き、運命を作る。
片割れどきにやっと巡り会い、名前を書こうとするところでミツハが消えてしまうシーンは、涙が溢れて止まらなかった。なんて切ないんだろう。

歌詞にある「運命だとか、未来とかって言葉がどれだけ手を伸ばそうと届かない場所で僕ら生きている」まさに主人公2人のことでしかない。
どれだけ走っても、走っても追いつかない場所に愛する人がいるのだから。