君の名は。の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

「秒速五センチメートル」をわかりやすくしてラストをハッピーにしたような作品。特に月の描写はあからさますぎた。半分に割れた月や電線で切られた月、着ているTシャツにも半月がイラストされているほどである。初心者向け新海誠作品としてはいいかも
YoshiMia

YoshiMiaの感想・評価

3.8
こういったノスタルジックな
キラキラアニメはハマった事がない
(サマーウォーズ、時をかける少女、オオカミの子…)

だから、君の名は。も毛嫌いしてたんだけど意外と良かった…
馬鹿にして集中半分で見てた自分が悔やまれる。



誰もが憧れる都会イケメソと
田舎素朴美女が
入れ替わるというキラキラ設定!

…の中にも
一筋縄にはいかないストーリーもあって
独自の世界観もあって

音楽がすこぶる合う。



この全てのどれもが
欠けてはならない物になってるよう感じました。



RADWINPSのこの曲が
流行ったのが分かる!
私も学生の時ラッドとかHYとか
どこかノスタルジーな声の歌が好きな時期があった。


青春の渦中であることを知らしめるような、
そんな声



そんな事を思い起こさせてくれたこの映画は
そりゃ良作ですね(*^^*)




まだ観てない人はほぼいないだろうけど笑

アニメに拒絶反応を
起こしている人は是非、
横目でいいので観てみてください♩
kana

kanaの感想・評価

5.0
3回映画館で観たくらい大好きな映画。テンポよし、映像よし、ストーリーよし。なにより音楽が最高。音楽とストーリーのマッチ具合が素晴らしい。
何度かぶわって鳥肌が立ったし、徐々に名前を確かめ合う意味がわかってくるのも良かった。
映像美だけでも映画館のスクリーンで見るべき理由になってた(見に行くべきやった)。
アキラ

アキラの感想・評価

4.0
朝イチ映画館で鑑賞。映像が綺麗。ラッドウィンプスの音楽が良い。でもシンゴジラの方が面白かった。
kai

kaiの感想・評価

4.6
単純に面白かったです。
映像の美しさや音楽にも惹かれます。
まず最初に思ったのは画の綺麗さと迫力がすごい、
曲の全てをRadwimpsさんが手がけてて、曲が物語すごく合ってたと思う
面白いうえに隠し要素だとか多角的解釈ができる場面が多くて何度も観た。
数えていなかったが15回は観た。
それだけ奥深い映画。
およよー?ってなる箇所がいくつかあったけど最後はうまくまとまった感じになったからそんなに気にならんかった。

観終わったあと外に出て夜空を見上げたよ
てした

てしたの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見た後の記憶を頼りにレビュー。

当時書店で働いていた自分はすかさず原作本を購入し2時間で読破、気になる点はあるものの映像化を楽しみにしていたのだけれどいざ劇場で見てみると全くの期待はずれ。

まず、新海監督の作品は秒速と言の葉の庭しか視聴したことのないニワカな自分ではあるが、君の名は。は本当にいただけない。

そもそも劇中で何度も何度もながれる野田洋次郎はなんなんだ?PVかよ、また音楽かよ…何見せられてるんだ?と、どんどん気持ちが萎えてくる。どんどん観る気がなくなる。途中で出て行こうかとさえ思った。(左右席が埋まってて、出て行くのは邪魔になるので思いとどまった)

ストーリーも結局どうしたいんだよ、と。個人的に、秒速や言の葉の庭のストーリーがとても好きなので同じ監督が作っているとは思えない劣化度。
【万人受けさせたいがため】にキャラデザを変えチープな恋愛ものに手を出したんだなとしか思えない。
以前の新海作品が好きな自分としては本当にがっかりした。

個人的にはストーリー駄目。音楽駄目。キャラデザ駄目。良かったところは背景の映像と神木くんの吹替のみ。

監督が神木くんの中には女子高生がいる。と、どこかで発言していたが、神木くんの吹替はとても良かった。そこだけは評価したい。

どうにも良さが理解できないが周囲は良かった良かったと言うので、評判はいいと思う。しかし自分には合わなかったのだな、と思うことにした。
新海監督の次回作がどうなるかによって自分の中での監督の評価も変わってくるのではないかな、と。

今後この作品を見返すことはきっと無いと思う。