riu

何者のriuのネタバレレビュー・内容・結末

何者(2016年製作の映画)
3.2

このレビューはネタバレを含みます

じわじわと不安感や居心地の悪さに支配されていく時間でした。。
就活の息の詰まる感じ、腹を探り合う仲間ーーイタくても寒くても発信し続けることで自分が自分であると言い聞かせる女、
何も踏み出さずに成功を妄想するが焦りを隠せない男、
自分は冷めた目で周りを見て他人より高いところにいる気になる男…
そんなリアルなメンバーだった。

人の闇に触れてしまう、そして自分もどこかあてはまりそうで目を背けたくなる 恐ろしい映画w なかなかない題材で斬新でした。

主人公の「見て欲しいけど見られたくない部分」が暴かれていく演出は面白かった。