吉田ジャスティスカツヲ

何者の吉田ジャスティスカツヲのレビュー・感想・評価

何者(2016年製作の映画)
4.5
この映画には年齢制限はありませんが、対象年齢は確実に存在します。
私の率直な感想としては、SNSが普及した現代の就職活動アルアル映画として【タメになったし楽しかったけれど二度と観たくない】です。


登場人物の誰とは言いません。
私はその人と違って、停滞している自分の立場と、それに似たような他者の姿を見て偉そうに高説タレたことはありません。

しかしその一方で私のストレス解消の為に仲間の悪口を文章にして、それが他者にバレたことはあります。

そんなふうに【リアル志向の映画だけれど共感する場面と、それはないだろうと思う場面の半々】
皆様にもご覧いただきたい、自身が登場人物の誰に一番似ているか?
それを楽しむ映画だと思います。

さて…
私自身の実生活、アルバイトの面接で落ちたことは無くて、社会人として最初の職場も学校の同期の誰よりも素早く決まりました…
しかしそれが私の失p(ry

菅田将暉:
料理ができるとかと同じで俺はただ『就活が得意なだけ』だったんだよ。お前がどうして内定を貰えないか本当にわからないんだ。イヤミで言ってんじゃないからな。