何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/10/15
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    フィルマークスのスコアが少し低いので応援の意味も込めて4点にしました。



    ”◯◯系”のように他人をカテゴライズしたり、互いにバカにしたり見下したりし合ってる今時の?若者たちの就活物語。



    (うざい自分語りが入るのでご注意ください笑…)

    自分も大学時代バンドしてたことがあって、しかも今回の菅田将暉のようなモテる感じのでなく、
    マイナーなものだった。
    もちろん褒めていただいて嬉しいこともあったけど、ネガティヴな事も色々あった。
    「バンド?すごいですね(笑)」
    みたいな、あ、完全に馬鹿にされてるな〜、ってこともよくあった。

    佐藤健がバイト先で馬鹿にされるあのシーンのような感じも経験あるから、個人的にあれは胸が痛かった笑


    この「何者」の良いところは、
    ”オモテでは皆仲良くしてるけど、みんな見下しあってる”
    っていう結論で終わってなくて、

    ”一枚剥がせばドロドロだけど、じゃあそれがあなたの本当の姿なの?
    演劇に情熱を傾けてきた、ひらがなの「たくと」は?”
    というところまでストレートに突きつけてくれるところだ。

    自分も大学くらいの時、
    人を馬鹿にしたり(おそらく自分がされていたり)していたけど、
    もうこんな事から降りたい、馬鹿にされようが見下されようが自分の愛するものや情熱を傾けるべきもの、信念のために生きたい、そう思うようになった。
    守るべきものは”自分”じゃないという事に気づいた。

    そんな自分の経験と重ねて、終盤の拓人の行動には胸を熱くさせられてしまった。

    「何者」は就活モノというか、就活を舞台にした真っ直ぐな青春モノだと思った。



    追記…この映画を見て何となく、以前一緒に音楽をやってて、ケンカ別れした劇団員の同級生のことを検索してみた。
    彼は大きな劇団を辞め、自分で小さな劇団を旗揚げして、今も頑張っている様だった。
    なんか皮肉でなく、がんばれ、と思った。
    mina
    minaの感想・レビュー
    16時間
    3.0
    なんの予備知識もなしに観て、
    最後普通に騙されました笑
    最後らへんの有村架純ちゃんの台詞に優しさを感じました。
    riesz77
    riesz77の感想・レビュー
    16時間
    4.0
    2017.4.13 in Newzealand Airline

    2回目
    1ヶ月前に一度見てつまらなかったけど、監督の演出とキャストの演技目当てでもう一回

    この作品を映像化したら、これ以上の演出はないと思わせる完成度。舞台と映画のフュージョンがすごく印象的で良かった

    瑞希(有村架純)の、隆良(岡田将生)に対する長ゼリフがカッコいい、あとは主人公のダークサイドが暴かれるシーン、そのあとにしっかりオチが用意されているあたりもさすが朝井リョウさん

    原作では光太郎が1番お気に入りだったけど、菅田くんはそれを裏切らずに演じてくれたので、結局好きな作品の1つになった。

    山田孝之の達観した先輩役もハマってた。後ろ姿が印象的


    2017.3.15 in QATAR Airline

    1回目
    原作がおもしろくて、ずっと観たかった映画。まさかのカタール航空で。期待値を高めて観た。そうするとやっぱりおもしろくないもので、がっかりした。作品の全体を通しての鬱蒼とした暗い雰囲気がどうしても好きじゃない。あと拓人の醸し出す負のオーラが見ていて不快。こんな根暗な分析オタクは不愉快でしかないけど、最後に理香に本質をえぐり出されるシーンを発端に、いい風に変わっていく拓人の姿が良かった。人間は生まれ変われることを目で表現してた佐藤健の演技力は、剣心以上だった。キャスト目当てで観たけど、あまりフォーカスしてなかった佐藤健が1番印象に残ってる

    あとは監督の演出が好きだった。ギンジをどう映すのか楽しみにしてたけど、原作に忠実にかつ舞台表現を巧みに活かしてた。しかもいいタイミングで挿入するこの演出に違和感がまったくなくて、この監督の舞台作品が無性に観たくなった
    るき
    るきの感想・レビュー
    16時間
    2.8
    個人的には面白いんだけど面白いとも言えない感じの狭間だった。けど色々考えされらるところがある。
    あとむ
    あとむの感想・レビュー
    1日
    3.5
    朝井リョウ作品を読了した時の何とも言えない後味が、この映画を見た後にも感じられました

    良い意味でも悪い意味でも掴み所がなくて、共感できる部分はあるけれど感情移入できる部分は少なくて、全部ひっくるめて、ああ、朝井リョウだ...と感じた作品でした
    よしき
    よしきの感想・レビュー
    1日
    4.4
    現在就活中ですが、劇場へ行ったのは大学3年生の10月。
    将来のことなんて全く考えてなく、これから控えてある就活に対して何らかのヒントがあるかな〜という気持ちがある中での鑑賞。
    2時間後には就活というものが余計にわからなくなりました。

    就活に関わらず、これは僕の、僕たちの映画でした。
    斜に構えてる人ほど刺さるかもしれません。
    でもみんな何かしら思うよ。人間で、他人と足並み揃えて生きていかなきゃならないんだから。
    拓人君…わかるよぉ…お前俺かよぉ…


    面接。現実世界でもそうですが、自分という存在が他者から評価され、比べられ、何かしらの差で振るい落とされる。凄く嫌な仕組みですよ…
    数少ない席を自分のものにするために行動する。
    そうしないと友達から世間から世界から置いていかれてしまうような気がするから。

    僕は異なる業種の志望動機を考えている時に凄く心がザワザワするんですよね…
    これって俺がしたい仕事なのかな?なんて思われるのかな?受かるかな?やっていけるかな?…俺今何やっているんだろう…と。

    正直今、就活に意味や求めるものなんてわかりません。
    意味はこれだ、求めるものはこうだってものは人それぞれあるんでしょうが、僕自身は多分納得して受け入れられないですね…少なくても今は。
    内定もらって働きだしたら何者かになれるのかなぁ。
    わからんなぁ。これ書いてる時が既に心がざわついているんだよなぁ。


    この2時間で何か得られるのものがあったか、現実の就活(もしくは日々の学校、仕事)で自分という個を確立できたか(できるか)。どちらの結果にせよ、この2つは近くて共通できる何かがあるように思いました。

    (映画レビュー?)
    まつもとく
    まつもとくの感想・レビュー
    2日
    3.0
    ひとりひとりの就活は共感した、
    就活対策本部はしてる人いるのかな。
    なおっさん
    なおっさんの感想・レビュー
    2日
    2.0
    んー。って感じ。
    キャストは豪華。
    >|