何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フィルマークスのスコアが少し低いので応援の意味も込めて4点にしました。



”◯◯系”のように他人をカテゴライズしたり、互いにバカにしたり見下したりし合ってる今時の?若者たちの就活物語。



(うざい自分語りが入るのでご注意ください笑…)

自分も大学時代バンドしてたことがあって、しかも今回の菅田将暉のようなモテる感じのでなく、
マイナーなものだった。
もちろん褒めていただいて嬉しいこともあったけど、ネガティヴな事も色々あった。
「バンド?すごいですね(笑)」
みたいな、あ、完全に馬鹿にされてるな〜、ってこともよくあった。

佐藤健がバイト先で馬鹿にされるあのシーンのような感じも経験あるから、個人的にあれは胸が痛かった笑


この「何者」の良いところは、
”オモテでは皆仲良くしてるけど、みんな見下しあってる”
っていう結論で終わってなくて、

”一枚剥がせばドロドロだけど、じゃあそれがあなたの本当の姿なの?
演劇に情熱を傾けてきた、ひらがなの「たくと」は?”
というところまでストレートに突きつけてくれるところだ。

自分も大学くらいの時、
人を馬鹿にしたり(おそらく自分がされていたり)していたけど、
もうこんな事から降りたい、馬鹿にされようが見下されようが自分の愛するものや情熱を傾けるべきもの、信念のために生きたい、そう思うようになった。
守るべきものは”自分”じゃないという事に気づいた。

そんな自分の経験と重ねて、終盤の拓人の行動には胸を熱くさせられてしまった。

「何者」は就活モノというか、就活を舞台にした真っ直ぐな青春モノだと思った。



追記…この映画を見て何となく、以前一緒に音楽をやってて、ケンカ別れした劇団員の同級生のことを検索してみた。
彼は大きな劇団を辞め、自分で小さな劇団を旗揚げして、今も頑張っている様だった。
なんか皮肉でなく、がんばれ、と思った。
ハル

ハルの感想・評価

3.8
豪華キャストでそれぞれ役にハマってて面白かったです。菅田将暉のそのへんにいそうな学生の演技、すごく好き。
二階堂ふみの、いるいるこういう女っていうでキャラが印象に残りました。
面白かったけど、終盤の見せ方がイマイチ残念な感じでした。
なんかいまどきの映画やなあ。
まだ1回生やからいいけどもうすぐ就活ってときにみたらしょげるかも。
意識高い系の二階堂ふみよきよき。
こさ

こさの感想・評価

4.0
言いようのない気持ち悪い空気感が画面からヒシヒシと伝わってきて辛かった、、、就活したくない(´ ˙○˙ `)
自分は何者でもないけど、その分何者にでもなれるのだろうかーーー
恥ずかしくなってきちゃうくらい共感できてしまった
AYAKA

AYAKAの感想・評価

3.0
20.10.17 今年の3月から本格的に就職活動を始め8月まで続けていた身なのですが、就活のリアルが詰まっていてひたすら"分かる"と"苦しい"という気持ちだった。私の場合は、内定をいくつか貰ったんですが納得のいく企業ではなくもう少し頑張ってみよう、という思いで8月まで続けていたので、作中の就活生とは少し違う立場にいたのかなと思う。それでも途中過程は何度も見た・経験した光景で合説会場や筆記試験会場のシーンは震えた。もう2度と経験したくないな〜 SNSが出てくるのも現代の就活っぽくて。今の就活は何でもネットネットなんです... 就活生同士が「情報収集」という名のもと集まってたけど所詮は上辺だけの付き合いの人間同士で、見栄張ったり自分の就活状況を明かさなかったり嘘ついたり。まぁ就活ってデリケートな部分あるから分からなくもないけどこれって側から見たら滑稽ですよね。
拓人(佐藤健)はSNS中毒みたくなってて裏アカまで作って誰かを見下してないと駄目で、留学経験のある理香(二階堂ふみ)は英語力や意識高い系行動で周りとは違いますよって虚勢を張ってないと駄目で。光太郎(菅田将暉)みたいな就活対策とか何もしてないのに直ぐに内定もらっちゃうみたいな子って作中の光太郎も言っていたけど「就活が得意」なんですよね。ここ言ってること分かりすぎて大きく頷いた。
もうとりあえずひたすら分かりすぎて怖くて、就活前と就活中に観なくてよかったと思った。
2日前に『ナラタージュ』で見た有村架純ちゃんとはまた少し雰囲気が違って、目が死んでる感じが就活中の就活生という感じがしてとっても良かった。
岡田将生くんは大好きだけど、岡田将生くんが演じた隆良みたいな奴は嫌い。
何処に向かってるかわかりづらかった。最後驚かしたかったのかも知れないけど弱い。しかし誰しもある光と陰を感じた。
Yutaka

Yutakaの感想・評価

3.5
原作を読んでいたからオチは知っていたんだけど…すごく人間不振になるやーつ😭

就活していると、こんな人間不振になるんだろうな…。誰かに認められるってすごく強い欲求なんだよね。SNS怖いなー。
Kima

Kimaの感想・評価

3.3
就活の映画だからあまり興味はないけど、キャストが好きだからと思って鑑賞。
でも想像してたのとはちょっと違って、最後まではあっという間に観れた。
大きな節目を迎えた就活生の苦悩もあるけど、それよりもSNSを取り巻く人間模様がリアルで面白い。
面白いんだけど、きっと身近なことだし他人事じゃないところが恐ろしくて興味深いんだろうな。
自分の好きなことをやれてる人はブレないから、道を進みやすい。でも、真面目で周りに気遣いができる人ほど、影響されて脱線したり悩んだりするのかな。
最後の舞台化したところとか、言葉のチョイスとか、所々見所もあって👌
>|