何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.2
有村架純と二階堂ふみが大好きなので視聴。男性陣4人も好きだけど。
自分が就活を迎える年ってのもあって、共感する部分が多かった。それと、こういうやついるわーみたいな共感もあった。
確かに好みが分かれそうな作品ではあるかもしれないけれど、自分的にはかなり好みな作品だった。ハラハラドキドキと言うよりはリアル思考な感じ。そこで最後の佐藤健のTwitterのシーンは良かった。また何気ない描写に拘りを感じた気がする。ただ上手く説明は出来ないから、 気のせいかもしれない笑
めっちゃすき!就活後に見たけど、ほんま気持ちわかる!てなった、曲も最高!岡田将生おもろい笑
つばさ

つばさの感想・評価

3.1
あんま共感せんかった
桃

桃の感想・評価

3.0
暗いけどなんだか時代を描いている映画。子供が就職する頃にはもっと夢のある時代になってるといいなあ
今の就活ってこんななの?就活前と就活中は見ない方がいいかな?と思いながら見た映画。最後の最後少しだけ救われた。
しおり

しおりの感想・評価

3.3
菅田くんを観に行った。
小説同様、あるある!と就活時代を思い出して懐かしくなったり恥ずかしくなったりイライラしたりする映画。
あまり明るい感じではない。
「何者」
就活中にこれ観ると病むと聞き、今のうちにと思ってレンタル。
確かにこれは病みそう。就活ってこんなに大変なのかと不安になった。Twitterと検索履歴の恐ろしさ・・・。
三叶

三叶の感想・評価

4.1
ザ・就活の話。けど就活生が観たら心にダメージを負う作品
キャスト、音楽が凄く好きでずっと観たかった
後半の二階堂ふみの悪意のある言葉はグサっときた、SNSの普及で垣間見えるようになった自意識と承認欲求についてリアルに抉る。少し幼さが残る声でどうしてこんなに棘がある演技出来るんだろう…
今までの自分が舞台で例えられるとこんなに滑稽なんだなって、鳴り止まない観客の拍手が段々とiPhoneのキーボードのフリック音に変わる不気味な演出はゾッとした…
>|