何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.2
有村架純と二階堂ふみが大好きなので視聴。男性陣4人も好きだけど。
自分が就活を迎える年ってのもあって、共感する部分が多かった。それと、こういうやついるわーみたいな共感もあった。
確かに好みが分かれそうな作品ではあるかもしれないけれど、自分的にはかなり好みな作品だった。ハラハラドキドキと言うよりはリアル思考な感じ。そこで最後の佐藤健のTwitterのシーンは良かった。また何気ない描写に拘りを感じた気がする。ただ上手く説明は出来ないから、 気のせいかもしれない笑
jaja

jajaの感想・評価

-
久しぶりに日曜の午後を家で過ごす娘と鑑賞。就活をめぐる人間模様なのだが、我々の頃とはだいぶ違うのだな。▼登場人物の何人かは一見嫌なやつのようにも思えるが、おそらくこれが今の若者の平均像なのだろう。もちろんあの当時だって、他人の内定先に対する羨望みたいなものはないわけではなかったけれど、これほどまでの雰囲気というか、空気感はなかったように思う。▼毎年、会社説明会のメインスピーカーをやったり、筆記試験の問題を作ったり、面接官になるなど新卒採用に深く関わっている者としては、あまり知りたくない世界だった。
本当の気持ちを隠すのはなんで
M2

M2の感想・評価

5.0
現代の若者達を取り巻く環境やコミュニケーション方法、それに葛藤する就活生達の共闘と嫉妬、そもそも自分は何者なのか?を、決して重くならずに演劇を交えながら描く、良作。
おじ

おじの感想・評価

3.5
人間のシビアな部分
おほし

おほしの感想・評価

3.1

就活が終わった後に観ました。
最初はうんうん、色んなタイプの人がいるよね‥と思いながら、終盤にかけては怖っ!となりました。現代の就活や若者をそのままに表現していますよね。いつの時代も就活はこうだったのでしょうか?客観的に見て自分が何者なのか、何者になりたいのか、考えさせられました。
とし

としの感想・評価

2.9
豪華な食材たくさん買ってきたのに、作ったら意外と味が普通だった(´・_・`)

なんとなく設定が今っぽくて、なんとなくオシャレで(演出も音楽も)、なんとなくどんでん返しがあるんだけど、映画として心に残るものがないこの不思議。ラストの畳み方は、キレイにおさまってる風だけど、丁寧じゃなくて好きじゃなかったなぁ。この役で山田孝之を起用するの贅沢過ぎるよなぁ。ぶつぶつ、、
ただ菅田くんが歌いあげるシーンは好きだった!ピュアネス高くて良かった!

比べちゃ失礼だけど『桐島〜』をまた観たい欲にかられた。
Fujiya

Fujiyaの感想・評価

-
2017.09

就職が全てなのか?人は何で測られるのか?少しだけ疲れちゃう映画。
徹底的に三人称の演出だったのが、ラストのカタルシスのシーンだけ一人称になることで、作品中で主人公への没入感を高めている。
>|