何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・評価

    SHOWWW
    4.2
    有村架純と二階堂ふみが大好きなので視聴。男性陣4人も好きだけど。
    自分が就活を迎える年ってのもあって、共感する部分が多かった。それと、こういうやついるわーみたいな共感もあった。
    確かに好みが分かれそうな作品ではあるかもしれないけれど、自分的にはかなり好みな作品だった。ハラハラドキドキと言うよりはリアル思考な感じ。そこで最後の佐藤健のTwitterのシーンは良かった。また何気ない描写に拘りを感じた気がする。ただ上手く説明は出来ないから、 気のせいかもしれない笑
    きゃな
    3.7
    テーマ:現代社会の闇、病み

    人の描写がリアル
    いるいる!こんな人!
    たまに共感してしまう自分もいて、そんな自分自身の闇も感じたりしてドキッ
    いま昔、これから、いろいろ重ね合わせて見てみてー

    私の就活時代は、mixi程度だったからよかったな
    あと、就活の苦難を久々に思い出しました。。。
    思い出し記録
    ふつうー
    キャストは豪華〜
    キャストに期待しすぎて、拍子抜け。あんまり面白くなかった。岡田将生さんのはじめのセリフは笑えた。いるいる、こういうやつ。
    ささい
    2.6
    役者が豪華。
    就活時代の事を思い出した。。。
    はる
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    就活のあるある。
    1回目見たときは、話が分からずあっけなく終わったけど、2回目は最後「ツイッター」というSNSの舞台で演じてると分かって鳥肌がたった。
    >|