何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.2
有村架純と二階堂ふみが大好きなので視聴。男性陣4人も好きだけど。
自分が就活を迎える年ってのもあって、共感する部分が多かった。それと、こういうやついるわーみたいな共感もあった。
確かに好みが分かれそうな作品ではあるかもしれないけれど、自分的にはかなり好みな作品だった。ハラハラドキドキと言うよりはリアル思考な感じ。そこで最後の佐藤健のTwitterのシーンは良かった。また何気ない描写に拘りを感じた気がする。ただ上手く説明は出来ないから、 気のせいかもしれない笑
shibuki

shibukiの感想・評価

3.3
うーん。
とにかく怖くて先を観る気が湧かない。
なんていうか大学生が「怖い」と感じる所をピンポイントで突いてくるから、ホラー映画と言っても全く過言ではないと思う。

『桐島..』ではヒエラルキーが崩壊する事によって得られる爽快感や快感があったが、今作にはない。
自分も主人公のように「なんでこんな映画好きなのにその道に行かないの?」と聞かれると「目指すのはもっとガチ勢だからね」と言ってしまう。

大学生の何者でもない自分にとってはただただ心をえぐられる映画だった。
たぶん今後やってくる就活が終わってから、この映画を観ても「思い出したくない。。」という気持ちになると思う。

いつ見ても鬱になるような映画だと思う。
ひの子

ひの子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

世代的にも、境遇的にもかなり響く内容。


自分は就活からいったんエスケープしたので、就活の厳しさなどに対しては理解が足らないと思うが、
自分のことを何者かだと思いたい、と言うことはずっとわたしの中のテーマとしてあって、そこにぴったりとハマってしまった。

『桐島、部活やめるってよ』で映画部の彼と東出くんとの関係にように、
烏丸という圧倒的な存在がある。

自分が何者でもないことに気づいてしまうことと、気づかず(あるいは気づいても)何者かになるべく自分の道を歩くもの。

そういう人を下だと思わないと自分を保っていられない気持ち。

自分だけ一個上の次元に行き客観視することで
傷つくことから逃げたい気持ち。


Twitterアカウントがバレたあとの演劇の演出がよい。


最後の有村架純の言葉と、面接での口上はかなりキた。
mista4

mista4の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「頭の中にあるうちはなんでも傑作なんだって。」

「10点でも20点でもいいから自分の中から出しなよ。そうしないと点数さえつかないんだよ。」

クリエーターの人達ってすごい勇気あるよな。クソみたいな作品と思っても、どんな作品でも生み出した成果はあるんだな。
よく作り込まれてると思った
登場人物の心理状態を第三者として見ていたはずなのに、いつのまにか自分も就活生の気分になっていた。
菅田将暉が羨ましく、有村架純に共感し、二階堂ふみが痛々しく、岡田将生が寒々しい。そして、佐藤健が最後までつかみどころなく、気味悪い。

SNSは使い方を考えないと、凶器になってしまう。
肝に銘じておきます。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.8
就職活動を通して出会った仲間が将来どうゆうふうになりたいかを語り合い成長していく話。

自分も就職活動経験者だから過去の事を思い出しズキズキ心臓にくる映画でした。

これを見てると過去の足りないものだらけの自分に反省してしまう。

超豪華なキャストで若者が多いためフレッシュさがありふれてる作品。
Billy

Billyの感想・評価

2.8
就活真っ只中の大学生5人の群像劇。

SNSを利用しての現代の就職活動。
何年か前には全く同じような状況で、似たような場面にいたんだなと思うとしんどかった。
ぐるぐる考えてしまう映画です。
ザリザリした後味が悪い気持ちになる気がします。
きっとそれはまだ就活に近い年代だからですかね、きっと何十年後には違う見方で見れるはず。
そしてこの気味悪さは自分の中にも少なからず”何者”がいるからなんだろう。

それにしてもSNSこわい!
人生観とか心の内面を垂れ流して他人を知った気になるのがこわい。
別人格を作らないと自分自身を保てないとかこわい。
そして寂しいなあとも思う。

最後の演出すごい。
Taka

Takaの感想・評価

3.4
この間就活を終えたばかりなのでリアル。自分は何者か、なんて簡単にわからない。考えまくって、行動して、ようやく決めた(決まった)ところで頑張るしかない。でも事はそんなに簡単でなかったりもして…
>|