何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・評価

    傍観者の胸ぐらを掴みにかかる朝井リョウ
    演出が絶妙。とても良かった。
    就活から1年後に観た。かなりリアル。
    キャラもあるある。
    若いっていい。
    まずどーでもいいがイケメン美女なら内定取れる。終盤のネタバレからの盛り上がりも全く感じない。へーって感じ。そーゆーとこがダメなんだよ。この監督は糞製造機だね。朝井の作品展だと思って楽しみにしてたが飛んだ期待ハズレだ。

    このレビューはネタバレを含みます


    何者

    90点

    2016/10/27, 30

    監督: 三浦大輔


    ストレートに分かりやすく「面白い!」って作品ではないけれど、
    でも「よく分からなかった」で片付けるにはあまりにも勿体ないと思った。
    珍しく、見終わったあと、ずっと自分の中で考察を重ね、他の人の感想を参考にしたりしながら、自分なりに答えを見つけたくなった作品でした。

    そして、数年ぶりに真面目に感想を残します。(2回見たんで長いですw)



    この映画は、前半は真意を隠し、割とのほほんとしたタッチで、就活する若者を描いていきます。
    就活のシーンも現在の就活実情をリアルに描いているようです。 (まともに就活してない私では分からないですがw)
    ですが、穏やかに進む何気ない会話の中に、ふっと現れる、一瞬の不穏があります。もうね、たまりませんw

    特に、拓人の裏アカを知っている状態で放たれる、理香の「拓人君もそう思うでしょ?タカヨシとギンジが似てるって。」のときの目www怖すぎますwww

    というか、理香の性格の悪さにゾッとしますww
    「タカヨシとの同棲期間を『1か月』と盛る」
    「瑞月が大手に内定出たら、『私も受けてたら同期だったかもね』発言」
    「総合職とエリア職の違いを聞き、『全然違うんだね』と強調」
    もうね、どんだけプライド高いんだとwww

    てかね、各キャラクターが良すぎて、一人一人詳しく語りたいほどw

    拓人の裏アカの存在を知って、理香はここぞとばかりに攻撃してきますが、

    瑞月は優しく、「こんな作品よりも、『にのみやたくと』の作品のほうがいい」と諭します。

    光太郎も裏アカの存在は知っていたでしょうが、変わらず接しています。良くも悪くも、彼は人に期待しない、人を信じていないのでしょう。(パンフレットより)

    タカヨシは裏アカの存在を知らないと思いす。彼はただの(愛すべき)バカですw

    あと細かいところでいえば、拓人のバイト先のメガネ女の「えんげき?」の言い方。腹立つwww


    まあとにかく。
    人は誰しも心に闇を抱えているものだと思いますが、現代では運が悪いことに、その闇を気軽に吐き出せるツールがあります。
    だからこそ、「言葉にする必要があるかどうか」を考えるべきなのでしょう。



    少し話が逸れましたがw
    まず、映画的表現として、素晴らしかった点。

    主人公拓人の裏アカがバレるシーン。
    それまでのシーンの回想が次第に舞台化していき (この「舞台化していく」具合も最高)、最後には大勢の観客から拍手を受ける。彼の頭の中では、彼の舞台(ツイート)は絶賛されています。(「頭の中にあるうちはなんだって傑作なんだって。お前はその中から出られないんだよ。」のセリフが見事にブーメランで返ってきてます。)
    その観客の中に瑞月が居り、瑞月も拓人のツイートを見ていたことを示唆しています。
    つまり、『「人々を傍観し、分析・批評している俺」を傍観されていた』という、とんでもなく居たたまれない事態。そりゃ拓人君も逃げ出しますw

    こういう「映画内映画」的な表現を的確に、しかも必然性をもって使用していることに、心底感心し、見入ってしまいました。


    そして何よりラストのシーン。
    この映画は終始場面が「屋内」(閉じられた世界) なのですが、最後の最後で成長した拓人は、ようやく「外」 (開かれた世界) に出ます。
    絵的にはビルから外に出るだけなのですが、ここまでの感動を呼び起こすとは。


    あとは、「舞台」と「面接」という共通点 (演技、かつ、自分をさらけ出すこと) をうまく使いながらのカットバックとか、結構面白かったです。



    次に、内容に関して。
    いやー、きついw
    誰しもが通ってきたであろう(もしくは真っ只中にいるであろう)「痛々しさ」を持つ登場人物たち。過去の自分を思い出すようなところもあり、見ていて非常に辛かったです。
    ですが、だからこそ最後に拓人が自分の「現状」を認め、成長していく姿に感動するのですが。


    拓人は主に、タカヨシとギンジに嫌悪感を抱いていますが、その本質はそれぞれで違います。

    口先ばかり、強がりばかりのタカヨシに対しては同族嫌悪のようなものを抱いていたのでしょうが、

    ギンジに対しては、「自分にできないこと (= 自分をさらけ出すこと) をしている」ということに対する嫉妬心、焦りのようなものを感じ、その裏返しから批判の目を向けています。

    ちなみに、ギンジの顔が出てこない理由についてですが、
    おそらくギンジはもう一人の拓人(本音の部分)、もう一つの可能性として描かれているのではないでしょうか。
    「ギンジの顔が出ない」→「顔を見ることができない」→「イタい自分を直視することができない」という、拓人の心情を表現しているのではないかと思います。


    本当のところ、拓人は2人が違うということも、ギンジを批判することが筋違いであるということも (無意識であれ) 分かっていたはずです。ですが、ギンジに対する (あるいは自分に対する) 本当の気持ちを認めたくがないために、(無意識であれ何であれ) タカヨシとギンジを「似ている」と言っているのです。
    そうすることで自分を保っているのです。


    でも、拓人は瑞月に裏アカがばれていたことを知り、ようやく自分の間違いを認めることができました。
    そして最後、自分の「イタさ」と向き合う(傷つく)ことを承知でギンジの舞台を見に行きます。

    傷つくことのない安全地帯から、批評だけをしていた「何者」でもない自分。

    どんなに批判され傷つこうが、10点でも20点でもいいから「何者」かであろうとするギンジ。

    拓人はギンジの「舞台」を見て、面接で「本音」で話し始めます。
    イタくても、痛くても、自分をさらけ出し始めたその姿に、感動しました。



    『青春が終わる。人生が始まる。』
    まさにその通りでした。
    成長とは、自分をさらけ出して、傷ついて、していくものです。それができないうちは、可能性は妄走に過ぎません。
    現実を直視し、自分の現状、能力、限界を認識し、夢に向かいどう対処していくか、あるいはどう折り合いをつけていくか。
    そこを考え始めたときに、初めて『本当の可能性』は開けるのだと思います。

    そのことに気づかせてくれたこの映画は、僕の中に痛みと共に在り続けると思います。



    あとは、音楽がいい。
    変に耳につくこともないし、ちゃんと映像に合ってました。
    特に不穏な状態で鳴る、怪しい音楽。これ最高。

    音楽でいえば、光太郎のバンドの歌も普通に良くて、好きになってしまいました。有名なバンドの方が提供してるみたいですね。



    あ、あとパンフレットも絶対読んでください!
    特に佐藤健のインタビューと舞台と衣装の解説!

    それぞれの性格を反映させた衣装選び、拓人のスーツのサイズ、
    照明、撮影カメラのレンズの話、など、
    こんな細部にまでこだわっているのか、と驚くはずです。



    以上、非常に心に刺さる映画でした。
    まぎれもなく「青春映画」。オススメです!!!!!


    それにしても数年ぶりに感想書いたけど、こんなにも文章に悩むなんて…。3日もかかったぞwしかもダラダラ長いしw
    昔はもっとコンパクトに分かりやすく、スラスラ書けてたはずなんだけどなあ…w
    オチが良かった
    登場人物一人一人のキャラは立っていたしリアルで良かったが、尺のせいか心情の変化の理由が見えなかったり、ラストの終わり方が少し雑なような気がした。原作を読んだ方が良いのかな?
    あの2人の検索履歴にゾッとした。闇が深い。
    本はすごく面白かったけど、映画の心情描写はなんだか微妙だった。グルディスとかトランプのダウトでしょみたいなのはリアル。
    >|