何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

傍観者の胸ぐらを掴みにかかる朝井リョウ
あな

あなの感想・評価

3.4
とりあえず80kidzね。良いよね〜
後半の展開が怖すぎた。生々しすぎてやめてほしいくらい。この映画作った人/原作書いた人はツイッターのアクティブユーザーなのかなってずっと考えちゃった。笑
私はこの映画に『私(就活生)が、きっと映画の主人公であるかのように、凡人だけどきっと何者かであるかのように、ドラマティックに描かれてるんだろう』なんて期待を抱いてたけど大間違いだった。むしろいかに凡人かを思い知らされたし、人間というか、もはや私達世代のリアルを見せつけられた感じ。まあ、結局ね。
拓人君の姿をよく覚えておこう。。反面教師。。
山田孝之は安定のかっこよさだった!渋い
個人的に刺さりまくる内容だらけでみてるのが辛くて、途中で再生を止めてみてなかったんですけど 意を決して観賞


マジで現役の就活生は特に観ないほうがいい
全てが終わってから観たほうがいい


君たちの今ってこうだよね?
って見透かされてるような内容で観てるのがとてもしんどかった、、、まるでホラー映画


どこか一歩引いて周りの人を観察して、
"こいつはこういうやつだな。だからダメなんだよ。
一生懸命なのはわかるけどダセエな、寒いな、おれはやらないけど"

裏アカを作ったりはしてなかったけど心のどこかで思っていた気がする。。。

自分は結局何をしたくて、自分に何が出来て、他にもっとすごいやつらがいる中で何を頑張ってきたかわからなくなって

でも学生としてのタイムリミットがあって
自分はまだ腐ってないと思いたくて

もがいているけどもがき方もわからないままもがくしかない
Shun86gt

Shun86gtの感想・評価

3.3
不採用通知の受け方や電話を待つそわそわ感はリアルだった。
そもそも就活してないし、友達いないから全く共感出来なかった

二階堂ふみは可愛い
就活ってこんなにも人間関係までぐちゃぐちゃにしちゃうんすか(笑)
なんか大袈裟すぎる気がした。
最終的にタクトは「何者」って感じ
人間はこわいよー
就活思い出す
意識高いふりするのも技やけど、意識低いふりするのも技だよね

結局自己満に終わらんやつが一番強い

ま、なんでもそうだけど
みれこ

みれこの感想・評価

3.3
豪華キャスト!
就活ってこんな感じなのかあ…って
>|