何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

傍観者の胸ぐらを掴みにかかる朝井リョウ
Chop

Chopの感想・評価

4.0
原作未読。
最初1時間前フリからの残りの加速が同監督の前2作と同じで良かった。

所謂ドロップアウト、レール、一般的な所から外れたところから見ても、日本で育ってると何処かしら共感できるとこがあると思う。

キャスト素晴らしい。勿論原作、脚本兼監督、スタッフ皆さんの賜物。

佐藤健さんじっくり見たの初めてかもですが、結構顔濃いね。

学生か否かで受け取り方変わるよね。

現代っ子大変。

メアド、HN、アカウント名、気にしないと漏れ漏れ。

通過地点ではあるけど、キラキラしてる年頃かなと。
予想と違うって聞いてたけど、それ聞いてたからかなんか予想通り。おれは就活楽しかったんだけどなぁ
Yoshimune

Yoshimuneの感想・評価

3.3
内定ほしい!


話はリアリティを感じきれずじまいだった。カギカッコ付きの就活の話のよう。
キャラ立ち過ぎ!そんなやついなかったべ!?あ、友達少なかったんだ。。
Mako

Makoの感想・評価

2.0
いやいやキャスト豪華だけど、内容薄すぎぃぃぃぃ。
MIZUKI

MIZUKIの感想・評価

3.8
ちょうど就活!って時くらいに公開になって、就活生は見ない方がいい。って聞いてたので、就活が終わってだいぶ落ち着いたので見てみました。うーんリアル。就活中って本当に自分の良いところだけじゃなく悪いところを嫌でも見なきゃいけなくなるし、応援してるよ〜とかいいつつも自分が1番で、自分を過大評価しちゃうというか。ツイッターとかだいぶリアルで、本当に就活中に見なくてよかったと思いました(笑)終わった後だから案外、懐かしいな〜っていう客観的な目線で見れてよかった。原作も気になるなぁ...
(2017-43)
りょう

りょうの感想・評価

3.9
思い当たることがあり過ぎて、見るの途中でやめようかと思った
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.3
ラストがもやーっとする。
有村架純って毎回演技同じに見えるんだよなあ〜と思いながら鑑賞しました。
>|