何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

傍観者の胸ぐらを掴みにかかる朝井リョウ
なにもの〜
焦点は「就活」であるけど、現代の若者たちのSNSとの付き合い方を描いている作品。

ある意味のホラー。
SNSの普及によって情報が手に入りやすくなったし、繋がりたい人物とも繋がりやすくなった。おかげで頭でっかちになるし、世の中に批判的にもなる。攻撃の対象が明確に存在していなくても、なにかを批判して殻を守っていると傷付かなくてすむもんね。
その生き方がどんなに勿体ないことをしているのか、気付くにしては彼らは若過ぎる。

邦画ならではの、「こたえ投げっぱなし」の映画を久しぶりに観た気がする。

出番こそ少ないけど、SNSをやっていないOBのポジションである山田孝之の存在感はやっぱり凄いの一言。
レトロ

レトロの感想・評価

3.5
就職活動の波にもまれながらも、なんとか内定を取ろうと頑張る4人+1人。5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、次第に個々の就活の取り組み方に嫌悪感を覚える事もあって人間関係に歪みが生じてくる。やがて「内定者」が現れた時、裏の顔がどんどん露(あらわ)になってくる作品
私の場合、身バレが怖いのでTwitterなどはやりませんが、内定が取れないもどかしさや、他人が内定を取った時の妬みという気持ちが、リアルあるある過ぎてワロタ😀
心から全力で祝福🎊できない…どうして人はこんなに陰湿なんだろうか?と自分の事のように考えちゃいますね😒
社会人になって随分経ちますが、できればもう就活はしたくないです🏢✏️
だって、それ相応のエネルギーがないと無理ですもんあれは🤓
nana

nanaの感想・評価

3.2
現代を表した映画。
FT

FTの感想・評価

4.0
すごいリアルに大学生の人間関係が描かれている。就活の感じも良く分かるし、面白い。

ストーリーは、就活をしている6人の大学生がお互いどのように関わっているかを描いているもの。主人公のタクトは、去年から就活を始めているが内定がもらえず2回目の就活に挑む。他の5人もそれぞれ自分の目指す企業の内定を貰おうと奮闘していくが…

たまたまユーチューブをみてたら何者があがっていて、まえまえから興味があったから見てみると予想以上に面白い。特に二階堂ふみ。すごいリアルにこういう人いるわーという感じだった。他にも菅田将暉みたいに何だかんだうまーく生きていく感じの人とか、主人公の佐藤健みたいに全部わかったような風をしてるが結局なにもしてない人とか、そのへんがすごいリアルに描かえれている。🤔
山田孝之いいやくしてるいつも
>|