何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

傍観者の胸ぐらを掴みにかかる朝井リョウ
みぢき

みぢきの感想・評価

3.9
見たいようで1番見たくない話だったかも。笑
思い出す、悪魔のような日々。葛藤。嫉妬。人間模様。
あの頃はみんな同じ気持ち、この中の誰とでも気持ちが通じ合える。。。

朝井リョウさん、何者よ。笑
フ

フの感想・評価

4.5
「何者」
もう超絶最高でした。数日間常に流してずっと観てました。
これ、観た人はわかると思うけど、嫌な映画なんですよね笑
桐島の原作者の朝井リョウって本当、もうお前が何者なの、って感じ。
違う監督を通して映像化されているのに、観客に何かを託す点は共通しています。
本作、今では自分の中で上手く消化できましたが、観終わった直後は
「この映画を観たこと、ここに書くの気まずい・・・・」と思うほどで…笑
ごめんなさい、何しろ私自身、この作品に出てくる子達の闇が痛いほどわかるんです。
きっと見た人全てがそう思うんじゃないでしょうか。
個人的には岡田くん演じるタカヨシが、有村架純ちゃん演じるミズキに論破されるシーン
「耳が!!!痛い!!!や、やめて!!!!!」
って、なりました。笑
タカヨシの「人とは違う、自分のやってることに価値がある」と思って偉そうに気取ってる感じ
ごめんなあ、概ねこれ私だよ・・・
リカの台詞じゃないけど、まさに”こうでもしてないと立ってらんない"んだよなあ、タカヨシも。
ギンジやリカ、タクトあたりの闇もわかります。
ええ、そうですよ。私もそうですよ、と、開き直るにいたります。
一方で以前このブログでも別個で評価した菅田くん演じるコータローのような人物だったり、
自分より誰かのための選択をしたミズキの闇は、感じ取れずにいました。
コータローみたいなヤツになりたかったなあとか、ミズキみたいに生きられるの、憧れるなあなんて思ったりもしたのですが、
「まじ、”何者"観た人、みんな"これ自分じゃん!?”って、なってるよね!?」なんて思って、
映画の感想ブログなんかを巡ってたら、コータローやミズキの闇も解説している方がいて、単純に納得でした。
平たく言うと、コータローは思考の停止。
タクトが内定貰えないのわかんない、という台詞がそれを語ってます。
逆説的に言えば、なんも考えてない方が生きやすいのかも、ということ。
序盤では「どんな仕事がしたいとか全然ないや」なんて言っていたコータローちゃん、好きな女の子と再会するかも、なんて理由で出版社を受けて、内定も出る、と。
リカがメアドからSNSのアカウントを見つける話を持ち出した件も、結局「めんどくさくね」なんて感じに笑い話にしちゃうし。
コータローがちょっとでも考える子だったら、真似してタクトの例のアレ、見つけちゃっただろうもんね。
考えないでバカになれる方が、幸せでいられるかもしれない、という闇。
ミズキは主人公になれない闇。
家族のことを優先して、というか、そうせざるを得ない状況に陥ってしまい、不幸のまっただ中。
恋心を捨てきれないミズキはきっと「コータロー、キラキラしてるなあ」なんて思って「だけど自分は…」とメソメソする。
個人的にミズキは、家族の件がなくてもこんな感じなんだと思います。
これといった趣味もなさそうで、これが好き!っていうのもなさそうで。
脚本が書けるタクトくん凄いね、とか、コータローがかっこよくね?と言った曲をうん、って言って聴いて。
な〜んてミズキのことちょっとバカにしてただけに、タカヨシを論破するシーンは殺されました。
ごめんな、君みたいに真っ直ぐ生きる力、私も欲しかったょ…泣
そんで問題のタクト。
もう、まじ、佐藤健のかっこよさをよくここまで封じ込めたなー!!ってのにつきます。
友人といても常にスマートフォンを操作したり、気を許した相手には、誰かを見下したような発言をしたり。
性格悪いなあ、若い頃の私も大体こんな感じだった…と、昔の自分を見せつけられました。
ので、あのアカウントの感じとか、それをリカに責めらるシーンに関しては
「うんうん、昔実際にこんなことあったわ!ガハハ!」って感じです。
ので。
結末は本当に本当に本当に最高でした。
一皮むけて、肩の力が抜けて、斜に構えるのをやめたタクトの「1分間であなたをアピールしてください」
この物語は、就活のお話ではないんですよね。
学校内のことだろーと、社会に出たあとのことだろーと、成立する話なんです。
ラストのタクトを観て、私自身、斜に構えるのやめようと思い、ようやく志望校も決まったわけ。
ところで本作の魅力のひとつ、演劇的な効果。これも素晴しかったです。
SNSという「舞台」そこで語られる言葉は「芝居」なんです。
朝井リョウ原作に骨抜きなので、原作も読もうと思います。
現役大学生、演劇部、ツイッターやってるわたしにはえぐかった(笑)

戒めとして定期的に見返したい。
nasa

nasaの感想・評価

3.7
自分は就活らしい就活をしてなかったし、その時の時代も違うけれど、
すっごく突き刺さるというか、リアルな部分を見せつけられていて、
この映画を観たからって何か励みになったり、解決したり、観てよかった!と心晴れる感覚はないけれど、
とにかく今の若者は大変だ、と思う。

自分もSNSとの付き合い方に悩んだので、就活とは結びつかないにしても、たくとの気持ちとかすっごくわかる。

SNSなんて、他人の評価や他人の事が気になって仕方ない人間にとって、害でしかない気がするんだけど、とこんな所にご丁寧にかいちゃってるんだから、まだまだSNSから完全に足を洗えていないんだよな。

菅田くんは本当に自然だねぇ。歌のうまさも、アマチュアバンドやってます、っていうのの、ちょーどえぇ~感じ。
出てくる人物が嫌なとこあってそこもまたリアルでいい。
非恋愛のドロドロ、ドロドロ加減で言ったら昼ドラ。

みんな演技力があるので、気持ちをがっつりえぐられたんだと思います。安っぽくない良く出来てる映画でした。
Kozue

Kozueの感想・評価

4.0
自分は何者で、何がしたいのか。自分らしさとは。リアルとは。
かっこいいと思われる人になるために頑張るんじゃなくて、自分がやりたいことを貫いてかっこいい人と周りが思う人になりたい。
ストーリー、起承転結、演出が素晴らしい。
若い時って、SNSに振り回されるんだよなー。若い時に限らないかも知らないけど。
anna

annaの感想・評価

-
全然共感できなかった!
>|