何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2016/11/11
    -
    傍観者の胸ぐらを掴みにかかる朝井リョウ
    キテレツ
    キテレツの感想・レビュー
    40分
    5.0
    一番身近な映画だった。
    傑作。

    「あの後どうなったの?」って思う人がいるだろうけど僕の中では完結しました。
    罪と罰の1分間スピーチ、恐怖のシーン回想演劇調、凝りに凝った就活部屋のディテールと意味、どれもパンチライン。

    自分が書いたエントリーシートを部屋から引っ張りだしたので完全に映画にのまれた。

    ネット怖いね。
    QHEY
    QHEYの感想・レビュー
    3時間
    3.3
    自分には関係ないし、あんな奴いねーよと言い聞かせながら観賞するも、就活失敗した自分にはかなり刺さってしまった。
    男前でありながら男前になれない佐藤健の静かな汚れ主演良かったです。
    や
    の感想・レビュー
    3時間
    4.0
    承認欲求、自己顕示欲の可視化、誰かを否定することでしか肯定できない自尊心、劣等感。目眩がするほどあまりにもリアル。共感性が非常に高いので友人に勧めたい反面、意地悪な意味で誰にも教えたくないと思わずにはいられない内容でした。
    Wakadaa
    Wakadaaの感想・レビュー
    3時間
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    コータローがタクシーの中で言った「就活が上手いだけだった」ってセリフが刺さった。


    終盤の予測検索と2ちゃんねるからの裏アカウント、そして隆良が教えを請うシーンの流れはゾッとした。

    今まで見たことない感じの演出の映画だったから調べたら脚本監督の三浦大輔、舞台中心の人だった。
    就活中ってのも関係してか非常に観やすかった。
    つぼかび
    つぼかびの感想・レビュー
    4時間
    1.3
    しょうもない名刺自慢芸の最高峰は『アメリカン・サイコ』のフォント自慢大会だと思うんです、みたいのはどうでもよくて、薄ら寒いシューカツ映画。

    『桐島、部活辞めるってよ』もそうなんだけど、朝井リョウ原作作品の映画に対する「SNS時代のリアル」とか「現代若者のリアル」みたいな評価が全く理解できない。これ以上ないくらいにキャラクターの性格は単純化され、偶像化されすぎていてリアリティの欠片も感じられない。少なくとも自分の知る限りではあんなドイタの神に愛されたコドモみたいな人間はいないし、気持ち悪さしかない環境なども存在しない。どこか知らないところにあるのかもしれないけど、別に興味もない。でもこの作品を取り上げて「就活がリアルに描かれていて、現代若者研究のテキストとしても十分使えます!」みたいな発表している人もいたので俺がひねくれてるだけなのかも(とか書くと上から目線がーとか承認欲求がーとか言われそうなのがこの手の作品のメンドイところ

    (とりあえず自分にとっては)偶像化、リアリティの欠如の悪い面が最初から最後まで垂れ流しになっていて、終始観てられない。「就活対策本部」って何だよ笑。「手書きの模擬エントリーシート」って何だよ笑。二人で同時に解けるWebテストって何だよ笑。あんな広い部屋に住めるんならコピー機くらい買えよ笑。。。

    と一事が万事この調子なのでまともな気分で鑑賞できず、リアリティの無い会話劇を演劇設定を導入することで「演劇っぽい」と誤魔化すやり口の汚さにイライラを蓄積し続けた結果、終盤の軽いネタばらしみたいなのに物の見事に引っかかったので、そんな自分が恥ずかしいです。クソが。
    Tokuda
    Tokudaの感想・レビュー
    4時間
    2.0
    ショットの積み重ね方から考えて、たぶんジャンル分けはホラー映画だと思う。
    普通の大学生の就職活動はこんな感じなのかという感想。
    可愛くておっぱい大きい二階堂ふみちゃんに内定が出ないのはリアリティのないファンタジィにしか思えなかった(タコのカルパッチョを出す時の谷間やセクシィな部屋着に注目だ)。
    ララランドにも共通するがやりたいこと(自分の得意なこと)が先行しすぎてサムい感じになってしまい、こちら側は置いてけぼりだ。
    栞
    の感想・レビュー
    4時間
    -
    SNSは若者の闇、、、
    acarii
    acariiの感想・レビュー
    4時間
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    暗い…
    若くてイケてる俳優陣なのに、なんでみんなハッピーにならないのかもやもやして終わった…
    就活の話かと思ったら、ツイッターの闇的な話だった。(印象)
    pppe
    pppeの感想・レビュー
    4時間
    3.0
    有村架純の顔がかわいすぎる。
    >|