何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

ぽま

ぽまの感想・評価

3.0

いやーーー
やめてーーってなる映画
主人公みたいなタイプが一番ダサいなって再認識した…。
面白いけどもうひと押し欲しかったかな。
自分がやってることがダサいって気付いた後の展開を見てみたかった。
yuu

yuuの感想・評価

-
びっくりするくらい好きじゃなかった。
無駄な間がイライラする
就活というより、現代のSNSの闇が描かれている気がする。SNSと人間性の交わりという感じ。演劇と絡めていくのがすごく素敵だなと感じた。就活を通して腐っていくのか、元々腐っていたのかわからない所がいい。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

2.8
ツイッターって怖いんだな。
共感できる部分は少ないが、適度にゲスくて、いい役者さんが沢山出てるので見栄えはした。
期待してたよりも全然面白かった!
就職活動ってこんなんだったなぁと懐かしくもあり人の黒い部分をSNSを使ってリアルに描いてた。
最後がちょっと消化不良で終わってしまってスッキリしない感じが残念だったなぁ。
れおん

れおんの感想・評価

3.0
人間は何を考えているかわからない。
就活時にみたが、特に嫌な思いはなかった。
nanami

nanamiの感想・評価

3.5
結構おもしろかった。

主人公が理想を追い求めて頑張っててコケてる人?をダサいなぁって思ってバカにしてて、頑張ろうともしないで理想だけ高いタイプで私と重なって反省した

というかグッときたなぁ

でもわかってても変えられないのはプライドが高いのかなぁ

就活生は見ちゃあかんって言われてたけど、それは感じなかった笑

私は人と比べて落ち込んだりてきなアレはないしなぁ🤔

まあ2度見たいものではないけど個人的に良かった
>|