何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

多くの人が経験する就活という場。
自分は何者なのか。何者になりたいのか。何者になれるのか。

表の感情と、水面下で揺れ動く各々の複雑な感情。

そんな就活のリアルが描かれた作品。
最後の展開の畳み掛けが圧巻。

このレビューはネタバレを含みます

就活の心理戦がこわかった
実は佐藤健がツイッターで散々呟いていたところがびっくりした
そこから一気に面白くなった
Tatsuya

Tatsuyaの感想・評価

3.4
うーん、怖い!

共感できるわけじゃないんだけどなんか妙にリアルな部分もあるような。
よくここまで就活をリアルに描いたなぁ!
自分も最近経験したことがテーマだからもう共感の嵐w
あー居るよねそういうやつ…とか、追い込まれてくるとそういう気持ちになるよな…とか。
リアルさ、展開、演劇と絡ませた表現、どれもなかなか良い作りで映画としては面白かったけど、就活生が観ると鬱になるから観ない方がいいなw

誰しも、自分が歩いてる道が正しいって思いたいもんなぁ。
二階堂ふみ恐るべしな作品。

就活を映像を通して観るとより異常性を感じたし、登場人物のいるいる感は秀逸。

客観的であることは必ずしも正義ではないし、そればっかりでは見透かされるよと教えてくれた。攻めよう。
SNSや就職にまつわる人間関係の複雑性がよく表されていた。本を読んでないのだけど読みたくなった。
a

aの感想・評価

2.9
就職セミナー&ツイッター警告 ムービー
>|