何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

最後の方に急に怖くなった。登場人物がリアリティあった。ほんとにいそうな感じ。
就職活動っていう大変だなと思いましたまる。
優

優の感想・評価

2.6
最後の裏アカが流れていって舞台の上にいるところは面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

WOWOWより見させていただきました。

みんなの就職がどうなったかが分からずじまいで終わってしまって、モヤモヤしました。

主人公は良い方向に向かっていったかもしれないが、主人公以外の他のキャストにももっとスポットを当ててストーリーを作ったらもっといいのにな、と思いました。
Lewis

Lewisの感想・評価

3.3
就活を舞台に、現代のコミュニケーションツールとしてのツイッターを切り口として、人間のさがを映しだそうとしている。

人間の嫌なところを見せつけられるから、とくに終盤の二階堂ふみと佐藤健のやり取りはホラー並みに怖かった。この映画でのいちばんの見所はそれぞれのキャラクターつくりだな、と思ってみてた。

一緒にみた人が、現代社会の闇だ。男なんてみんなダサいんだからカッコつけずに認めてしまえばいいのに。ってつぶやいてた。

結局、この世代に限らず、自分のことが一番わかんないんだよなぁ。人のことはあれこれ言えるのにね。難儀よねぇ。
まめ

まめの感想・評価

3.3
抜け出して、客観的にみてはじめてわかる就活の不気味
やすだ

やすだの感想・評価

3.4
映画を観て原作を読みたくなった珍しいパターン。
やぁこ

やぁこの感想・評価

2.0
一般企業の就活をしてないので
いまいち掴みにくいところもあるが
う~ん、、、よくわからん

ただ、こんな健くんはいやだー
Takana

Takanaの感想・評価

3.6
題材が限定的過ぎる割に
時間が長く感じる。

朝井リョウの
この見事なまでの人の心理描写、
いつも繊細ですごいよなー(、でもこの人の本は読みたくない。。。)

これ若者にしか共感できない気がする、
平成生まれの特徴って感じする、
こんな奴めっちゃいるよなー。笑

菅田将暉みたいな奴いつも優勝するし
有村架純の微幸薄感いつもすごい。笑

岡田将生やっぱ白くて透明感あって
どこにいても絵になるなぁ。

確かに就活の時って割と神経質になったりする子もいるけど、
就活に限らずこの先も
こいつらは絶対この立ち位置のまま。。。

自分が変わらないと、
人を見て人と比べてても何も変わらないので、自分のやりたいことがあってそれを確固たる意志と動機で貫ける人は1番強いんですよね〜

二階堂ふみと佐藤健ウザいけど、
自分と重なるから余計なんか解ってやだったなぁ。。。

音楽いいよなぁ。。。
音楽だけで+0.1点です◎
>|