何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・評価

    たき
    3.6
    主人公の心の歪み方が普通じゃない。
    SNSこわ。
    YUCHI
    3.1
    見る世代によって意見が別れそう。
    共感やジリジリ受けるストレスなど経験があれば見れるのかな。
    作品としては何の盛り上がりもないけど、ずっと続く微妙な嫌悪感は記憶に残るものになるかな。
    ん~難しいの一言。
    『何者』といえば就職活動をテーマとした映画だが、就職活動は人間(というより大学生)の生態を描くフィールドにしかすぎない。登場人物達の言動に注意してこの作品を観ると、後半の方でその"答え合わせ"があるので報われる。岡田将生くん可愛すぎ。
    kazu
    -
    気持ち悪
    Joh
    3.1
    今どき。発信するって大切だけど、難しい。就活って大変。
    sasa
    4.0
    原作読んでからの鑑賞。
    自分の心を保つために、人の事を斜めから分析して、自分のことを正当化する主人公。
    そんな面倒君よりも、素直な子の方が、会社で一緒に働きたいのは確か。。

    ツイッターの裏アカウントとか、表面上は仲良くしてるけど心の中では相手を蔑んでるとか、就活がうまくいかない主人公に「おれは就活が上手だっただけだよ」と相手と今後も仲良くしていけそうな言葉をかけたり、現実で身近に起こってるような要素をたくさん盛り込んである。
    ホラー映画は幽霊とか非現実なものが多いけど、自分も数回経験してきたような身近な新感覚ホラーだと思いました。
    Yasu
    3.2
    何だって頭の中にあるうちは傑作なんだって!

    暗かったー!

    就活生たちのギスギス感がほんとリアルだったー!
    みんなこんな感じだったなーて思ったなー。
    こうたろうが、自分は足が速いとかと同じように就活が得意だったんだろうな、とか。

    出演者が好きすぎて見ちゃった!
    Asuka
    -
    公開した時から、ずっと観よう観ようって思ってたけど、自分自身の就活で忙しくて観れてなかった。やっと観れてよかった。
    原作読んだのは高校の時で、就活なんか遠い未来だったけど、あっという間だったなー
    今だったら、そんなにみんなTwitter公開してる気はしないけど、勝手に検索されてて見られるとか恐怖
    頭にあるうちは傑作。言い得て妙。
    何にもやらないで、文句だけ言う人より、酷くても何かをきちんとやり遂げてる人の方がすごい。けど、なかなかそんな勇気はないよね〜
    とりあえず、演劇を観に行きたくなった。
    OGW
    -
    サクッと観れておもしろい
    >|