何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

就活に奮闘する学生の話かと思いきや…、こういう人いっぱいいるよね。

就活を通じてリアルな人間の汚い部分を見せる面白い映画でした。
chan

chanの感想・評価

-
記録📝
はね

はねの感想・評価

3.0
就活した人なら楽しめるかもしれないけど、そうじゃないならつまらないと思う。
何者。最後の方めっちゃ怖かった…分析のタケル。。でもああいう人いるよねっていう人多かったし表現うまかった。とくに二階堂ふみ演技うますぎた。就活の話を通して、妬みとか人間の嫌な部分を描いていた。それはそうと、「あなた自身を1分間で表してください」というお願いヤバすぎないか?恥ずかしすぎて絶対できん。でも、恥ずかしい事はやりたくないという自分と恥ずいこと全力でやりきる快感を知る自分と2人いる。何を言っているんだろうか?恥ずかしすぎることを全力でやるっていいよなあ。
Yuu

Yuuの感想・評価

4.5
就活終わってから観てよかった
リアルすぎる
原作読んでオチは知ってたけど、学生に限らず「何者」は皆の心にいる。だからほじくるな、やめてくれ!って感じ。最後の畳み掛ける演出のテンポと熱量が素晴らしい。これ観ながらみんなでもう一度就活したい。
ぱ

ぱの感想・評価

3.0
よくある居心地の悪さ、聞いてる側が顔を見合わせちゃうような発言とかがリアルだった
瑞月の「現実で生きる私が邪魔しちゃいけない」って台詞が悲しい
>|