何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・レビュー

    YUKI
    YUKIの感想・レビュー
    1時間
    2.8
    ヤスタカ補正が凄いな!
    とりあえずスマホデトックスしましょう。
    kidomy
    kidomyの感想・レビュー
    1時間
    3.7
    原作既読。

    〝就活〟という人生の大局面にぶち当たった大学生5人。
    SNSの投稿によって垣間見える現代人ならでは心の闇と、それによって徐々に変化していく彼らの関係性を描いた作品。

    登場人物のそれぞれの複雑な心情変化を、うまく表現できていたと思います。まさに、このキャスト陣だったからこそ、成り立った作品と言えるでしょう。

    正直抑揚のないストーリーではあるので人によっては眠くなるかも知れませんが、朝井リョウならではの鬱々とした世界観を引き出した良作だと思います。
    あたりめちゃん
    あたりめちゃんの感想・レビュー
    2時間
    3.0
    最初から最後までずっと息苦しいまま〜。菅田将暉が歌ってた歌が結構よかった。あの佐藤健の性格だったらメアド検索の話しされたときに処理してよ〜
    ハゲナスビ
    ハゲナスビの感想・レビュー
    2時間
    -
    流されねえとゴミ見てえな給料でゴミみてえに働かされてゴミみてえに捨てられんぞ
    LOOK
    LOOKの感想・レビュー
    3時間
    -
    裏なんて全員あるさ。

    佐藤健 良かったなぁ
    sssu
    sssuの感想・レビュー
    3時間
    2.8
    キャストが良かったので観た。
    現代ならではの映画。
    よっしー
    よっしーの感想・レビュー
    6時間
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    物事を何でも客観的に捉える主人公が就活を軸に話が進んでいく。就活をしてそれぞれ悩み答えを出そうとしてる友人を客観的に分析してそれをTwitterの裏アカウントに投稿していた主人公。先輩の助言や核心を突く友人の言葉によって主人公の考え方や思いが変化していく。という感じ。自分にも当てはまるところがあり自分を見直そうと思えた。映画の続きが気になるところではある、中途半端だと言えばそれまでたが主人公が前向きに就活を始めるところで終わるのはキリがいいと言えばいいのかと思った。
    ucchang
    ucchangの感想・レビュー
    7時間
    -
    舞台だったね。
    ss
    ssの感想・レビュー
    9時間
    -
    本を読む前は若者向けの就活に七転八倒する話だと思っていた。いや、実際そうなんだけど本を読んだ時、突然「お前だよ!」と肩を掴まれた感覚が忘れられず、読み終わった後も心臓ドキドキさせてた小心者(笑)
    実写化が決まり配役が発表された時、みんなぴったりすぎてほくそ笑んでしまった程。
    先輩が本でもすごい味があって、どこにも属してない仙人感漂いまくりだったので山田孝之の配役には1番心躍った。
    ま、そんな楽しみにしてたくせにレンタルで鑑賞。

    中田ヤスタカの主題歌NANIMONOがこの映画のイメージにとっても合ってる。
    眩しくてイタくて、私の気持ちとシンクロする。

    いやね、もうね、本当に天邪鬼すぎて自分自身がリクルートスーツ着るのが悪夢だと思っていた。
    あーもう意識ぶっとんじゃってる系だったんじゃん、私…笑
    SNSがまだない頃で良かった…なんて胸をなでおろしてみたり。

    「青春が終わる、人生が始まる」
    素敵なフレーズ。

    2017/5/20
    >|