何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

はらっとどきっとした。うわー。わかるぅー。いるよねー。痛いよねー。でもみんな必死だからこうやって醜い姿も出てくるんだよねー。
giiiita

giiiitaの感想・評価

3.1
就活がテーマな映画
ドロドロとした感じ
表っつらじゃないも判断できないっすな
さゆり

さゆりの感想・評価

4.0
とてもまとまりのよい映画だなあと思った。

佐藤健くんはかっこいい役だけじゃなくて鬱屈とした若者の役も上手だし、二階堂ふみちゃんは意識高い系のいらっとする感じが絶妙でさすがでしたし、菅田将暉はいつもながら魅力的だし、有村さんは今回もかわいかった。
役者さんてすごいなぁと思いながら、私は自分が就活をこんなにガチでやってきてないので感情移入出来なかったですが就活ってすごい大変そうで恐怖に震えました。
SNSがあるからどうこうって話でもないと思った。人の心の闇はいつでも生まれる。けどそれはべつに悪いことじゃないと思う。むしろSNSで吐き出せる分いいんじゃないのかなぁ、人に悪口言うよりも。
すず

すずの感想・評価

3.3
記録用
masa

masaの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

社会人になってからだとアホらしく思えてしまう。
観た後に何か特別な思いはなかった。

大人が作った映画なら大学生の感情をよく捉えているので凄いと思った。

だけど、出でくる人達がそれぞれ特徴的な人間味を持っていたけれど、特徴1つで生きてる人間なんていないので、むしろ人間味がなく、感情が入らなかった。
複雑さがなく、単純だった。
ひかり

ひかりの感想・評価

3.2
実話だけあって就活あるあるを描いたっていうかんじ。だから何だと思ってしまう。映画としては物足りない。
kohana2020

kohana2020の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

二階堂ふみの最期のシーン、恐い!
Yuichi

Yuichiの感想・評価

1.5
小説の方を50倍おすすめします。
>|