何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

かおる

かおるの感想・評価

3.0
みんな大変だ。仕事柄大変興味深く見ました
Mao

Maoの感想・評価

3.5
原作見てないとよくわからないかも。キャストは豪華。
青春が終わる
いい意味で痛い所をつかれてハッとさせられる映画

騒いで笑って泣いて怒っての毎日は、期限付きだからもうすぐ終わりがくる、終わらせるための、そのための就活。だから辛い、こんなにもやる気が出ない。
だけどいろんな気持ちを真っ黒なスーツで隠して、頑張るしかないなあ

大学4回生になった今、去年映画館で見たこの映画が痛いほど響く
うりこ

うりこの感想・評価

2.5
キャスティングがピッタリ
小説を2時間にまとめるって難しい、
映画だけ観た人はわかるんだろうか?って思った
けど最後、演劇みたいな演出にしたのは面白かったなぁ
tama

tamaの感想・評価

2.3
演劇畑の監督感たっぷり。ラストにかけて面白くはなっていくのだけど、舞台上の演出に変えたりしたのは映画にする上でいらない気もした。あるいはラストシーンをあのまま舞台で終わらせても良かったのかも。とか書いてみたが、映画だって急に思い出したかのようなラストシーンで、結局どっちがやりたいのかと監督の不安定さが出ていた。これが主人公の不安定さと重ねてあるならなかなかの出来だと思う。主人公も演劇が好きだったから、やっぱり狙ったのだろう。と思うことにする。
クソおもろいやん。
前半は惰性で流れてく感じ!

あーなんか特に大きな展開もなく終わるのかなと思ったら
ふみさんのセリフからの最後の怒涛の流れ。

人間表と裏がある生き物なんだなと改めて思いました。

前半がもっとスピーディーに流れればって感じです。
ryo2

ryo2の感想・評価

3.5
原作も見ましたが、色が違う感じがしました。監督の舞台経験?が影響してるのかな?と思います。
>|