何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

4.5
就活生はとても面白く観れる映画。テキトーに就活をする学生、就活に対して、自分のやりたいことに対して一生懸命な学生、それを"客観視"して嘲笑う学生等、ほとんどのタイプの学生の様子を画面越しに確認することができる。ストーリーがリアルでほとんどの学生は心が痒くなるんじゃないかな。就活を向かえている自分にとってよく勉強になる映画だったという意味でスコアは少し高めの4.5
Shinkai

Shinkaiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

就職活動を通して、様々な人との関わりの中で他者と自分を対比する事で、自分が何者になりたいのか、はたまた自分は何者であるのか、見つけ出す物語。
瑞月が最後に言っていた「たくとの演劇が面白かった」のは、作品を創っていた”にのみやたくと”が自分の本当にやりたい事に真っ直ぐに向き合っていたから。なんじゃないかなって思った。後先考えて、やりたい事を我慢したり、諦めたりした人生の先に誰かの心を動かすようなものは創れない。
人が抱える闇をうまく書いてる作品だと思った。と同時に、完璧な人間なんていないんだな、と思った。”隣の芝は青い”なんて言うけど、視点が違えば見え方も違うし感じ方も違う。他人から見える自分を気にしてカッコよく生きようとするのでは無く、自分に素直に生きることが一番カッコいい生き方だと思った。
一生懸命やってる人はどこか滑稽に見えるけどそれを俯瞰して見てる人も滑稽。自然が一番!有村架純ちゃんはカワイイ!
ちなこ

ちなこの感想・評価

3.3
就活は闇
うめ

うめの感想・評価

-
つまらんかった
Gomez

Gomezの感想・評価

5.0
頭の中にあるうちは傑作

原作未読。
心臓をナイフで刺されまくった感じ。
自分がソーシャルネットワーク世代ど真ん中なのもあり、普段Twitterなどを利用しているため共感せざるおえない。
逆に普段SNSを利用しない人には恐怖感のみが伝わってしまうだろうし世代的には合わないって事もあるだろう。

私は主人公拓人とクリエイター思考の陸良に一番共感した。
意識高い系女子理香の写真のアップがInstagramな所もこだわっていて面白かった。
就活を題材にしたのも解りやすくて良かった。
最後の自分の人生の舞台を晒す(晒された)拓人も良く、拍手に合間に聞こえるTwitterを打つ時の音も良く、拍手している人たちが一切笑っていないのもソーシャルネットワークの顔が見えず無意識なイイネ感があり良かった。

確かにSNSを普段使っている身からすると常に傑作を最高の形で見せたいってのがあり(どうしてもフォロワーの数を自分の肯定されている数と見がち)、失敗を見せるのが怖いって部分もあります(フォロワー=肯定の数が減るので)。140文字で表現してどれだけイイネを貰えるか考えたりしているものも普段から見かけます。それって面接官の言う一分間で自分を表現してくれってのと一緒でそれは本当に自分なのだろうか...何者なのだろうか...。ん~難しい~。

自分の中のものを少しでも失敗でもいい晒していかないと何者にもなれない。
私は見終わった後に自分の考えをもう一度見直せました。

重い話ですが、色々考えさせられる映画です。観てよかった。
今の若者たちはこれを見て一度空っぽになると思う。
劇場で見た当時の僕は空っぽになりました。

この心をえぐってきたグロさはよく作られた良策の証ではないか。
Axlhage

Axlhageの感想・評価

3.8
リアルでエグいけど、素直で、最後はイイじゃないですか。
>|