何者(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三浦大輔
    脚本
    三浦大輔
    原作
    朝井リョウ
    キャスト
    佐藤健
    有村架純
    二階堂ふみ
    菅田将暉
    岡田将生
    山田孝之
    あらすじ
    就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

    「何者」に投稿された感想・評価

    人間の表と裏の顔を見ました。
    Twitterの裏アカウント怖っ。

    主人公は自分を棚に上げて、人を批判していた。夢をあきらめずに前に進んでいる人が羨ましかったんだ。
    自分はあきらめてしまったから。。。

    でも、好きな人に自分のしていたことを褒められ、認めてもらえた時、自分が何をしたいのか、どうすべきなのか、最後にやっとわかり、前に進むことができたんだと思う。

    この映画を観て思った。
    偽善者にはなりたくない。
    悲しむ者と一緒に悲しみ、喜ぶ者と一緒に喜びたい。

    一緒に悲しむのは簡単だけど、一緒に喜ぶのは難しいって牧師先生が言っていたことを思い出す。

    自分が就職決まってないのに、他の人の内定合格を喜ぶのは確かに難しい。
    自分は上手くいってないのに、なんでこの人は上手くいくんだろう?って普通は妬んだりする。

    でもクリスチャンは、自分の思い通りにいかなくても、それは神様の計画であり、自分には一番素晴らしい人生が用意されていると信じているから、一緒に喜べるので感謝です\(^o^)/
    SNSの闇〜
    原作より楽しめた
    旬の俳優さんばかり。自分はどのタイプかなーっと考えながら観賞。予告が一番面白いのかも。笑
    キャストが好きで観たけど、なんかなーってかんじ。

    このレビューはネタバレを含みます

    TSUTAYAにて
    就活生の迷いとSNS怖いよーっていう提示
    もうちょいストーリー長くてもよかったかも。まぁ内容は就活あるあるやな
    とりあえず、怖かった記憶。
    自分の身にもあと数年後ふりかかってくるかもしれないと思うと、、、

    原作の朝井リョウの作品の中では、
    「水曜日の南階段はきれい」が
    一番好きなのでぜひ映画化してほしい!
    全体を通しての見てられん!感はすごいと思う。無駄なシーンもあんまりないというか、本の世界がそのまま映像化したような不思議な作りだった。

    中堅文系卒には痛い映画。
    こんな脚本書いたら確実にドヤってしまう自信がある、、!笑

    せっかくなら主人公以外の先行きも流してほしかったなぁ
    原作を読んだ時のあの衝撃とエグみには、若干欠けるが。小説の映画化では成功の部類だと思う!
    キャストで上手く補っているかんじ。全員ハマり役すぎー

    あと、映像ならではの面白さとして。
    Twitterのアカバレ後の、演劇感?が好みだったな。

    これはどうしようもない事なんだけれど、小説って"自分のペースで物語を進められる"から良いんだよなと。
    この話を90分強制的に見せられるのは、まだ当事者すぎてキツかった。
    >|