何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

ちょうど公開時に映画館で見て。ちょうど自分の就活前で。まあ他人事とは思えなかったなあ。今レンタルでもう一度見てる

じめじめっとした、まとわりついてくる生々しさ。熱すぎるわけでもなく冷たいわけでもない、生ぬるい悪意が心に刺さる。
当時見たとき心の裏っ側に重く残ってた。

皆色々な内面持ってるよなあって描き方が上手いなあと。朝井リョウはこれ見て初めて読んだなあ。でハマった。嫌なとこ気がつくけど。個人的には「もう一度生まれる」が一番好きでした。光が見えて。

話が脱線。これ見たときは結構色んな事思って、就活に対して実感を改められたのは、とても良かったと思う。
個人的には是非就活前に見てもらいたい作品!!!!
だいたいは皆こんな性格悪くないけどな!!!
あ、就活無事決まりました。第一希望だったから嬉しいなあ。研究室は相変わらず忙し いというか加速してるけど楽しくなってきたここ最近。これからはもすこし、映画も見れるし本も 読める~~(о´∀`о)

早く映画館でガーディアンとワイスピ見たい!!!(ノ´∀`*)
傑作になりそうな雰囲気はあった・・・

二階堂ふみ良かった。
就職活動を舞台にした、現代の課題がつまった作品。

就職をするまでは友達とサークル活動や遊びを通じて好きなことに没頭できる。しかしそれはその場だけの消費であると自ら決めつけてやっている。
就職は自分の熱意や感情を捨ててでも、しなくてはいけない空気感に悩む姿はとてもリアルな光景だった。

そんな状況では、自分の好きなことに熱中して頑張っている人を素直に応援できなくなる。結果がでない人を見下して、「自分はそんなバカな選択はしない」と冷静な分析者であることを理論武装で装う。しかしその批判自体にはなんの価値もなく、ただただ鬱屈した自己が形成されていくだけである。

当事者の時は余裕はないが、いざ俯瞰した視点から眺めると、就職活動とはとても異様な光景である。
終身雇用、年功序列型で成長した時代から、常識のアップデートが出来ずに悩んでいる若者の姿に共感する人は多いのではないか。
小さい頃から周りと同じであることが協調性であると育てられる傾向が多い日本では、自分の本当に好きなことを周りに打ち明けられず、親にも認められず、結局世間体を考慮した上での選択になりがちだ。
その結果、何者でもない自分が形成され、仕事も趣味について本気で考える機会が少ないように感じる。

考えるとリスクや不安は必ず出てくるが、そこから行動して自分の毎日を充実させていくしかない。

当然、雇われていたい人がいてもいいと思うし、どちらにしなきゃいけないという話でなく、自分の生き方をしっかり自分で決めやすい世の中の空気感になっていけばいいと思う。
Yuuka

Yuukaの感想・評価

2.6
とりあえず就活終わってから見たほうがいいと思う 笑
根暗

根暗の感想・評価

3.3
何者でもない僕も
hiyokko

hiyokkoの感想・評価

2.7
昔観たのだけど、何となく再び。
朝井さんすきなので。

こういう人怖い。関わりたくないなぁ。
ツイッターも怖かった。使い方の問題だけど。就職活動の緊張感に包まれた中でこういう言葉はより響く。

出来れば人の醜い部分は見ないで暮らしたい。気付かずにいたい・・・。
就活のリアルに辛い時期に見て膝の震えが止まらなかった
れ

れの感想・評価

-
1分間で自分を表現するなんて出来そうもなくて就活コワイ
達也

達也の感想・評価

3.7
後半で実はこうで振り返ってみると全然違う見方になるどんでん返し系なのは好き
>|