何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

JASMINE

JASMINEの感想・評価

3.6
本読む前に弟がDVDを借りてきてたので一緒に鑑賞🎥
就活をしている歳にはありがちで、それぞれが違うタイプ🤓
この映画を観て就活生ってほんと大変なんだなと思ったし 最後はハッとさせられて、なるほどって納得した💡
仲間で仲良く就活をしているけど、内定者が出てきた時の人間関係の歪みやドロドロ感💦
就活をした事がない私でも共感できたし、これって就活に限らず色んな場面である事だよね💨
原作をちゃんと読んでみようと思った😊📖
就職活動が題材のお話

SNSが普及して、周りのことや周りの目を気にする人が多くなったこのご時世

実際もこの作品のように、光太郎や瑞月のような人がすぐ内定出ていたイメージかなぁ

PS.もう一回、就活やり直したいなぁ(笑)
ken

kenの感想・評価

3.5
記録
mee

meeの感想・評価

4.0
就活はこれまでの自分、これからの自分について考える(考えるっていう言葉じゃ足りない。もっと生々しい。自分で自分がいやになるような、体当り的な)機会。
だから人間の人間らしい黒いとこが浮かびあがるんだと思う。

コーキの、
内定もらったら一気に自分の全てを肯定された気になる
っていう言葉が凄くしっくりきた
ミイコ

ミイコの感想・評価

3.0
題材は就活だけど、人間のはなし
抉られた、朝井リョウさすが
やっと見た。
佐藤健の役、嫌いすぎて終始苦笑いしてた(笑)

私は就活してないし、ここまで試験に本気になってなかったけど、きっとこうなるんだろうな、って。人間味そのもの。

菅田将暉が忘れらんねえよ歌ってるのは個人的にエモかったです😂(笑)
有村架純が優しすぎることに尽きる。音楽だけがはまってなくて残念でした。
就活って怖いなー
ゆき

ゆきの感想・評価

3.3
主題歌が雰囲気や今この時代にあってていい
>|