何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

xi

xiの感想・評価

3.5

[人として誰が1番価値があるか]

予告のこのワードに何か引っかかりなんとなく観るのを避けていたのですが観終わってからなるほど、となりました。

就活のためひとつの部屋に集まった5人。
共に笑ったり泣いたりして前に進んでいく、、、なんて綺麗なものではなくて内定の決まった者への祝福と嫉妬、焦りや劣等感にプライド、人間の心の奥をひとつのショーとして見事にさらけ出されてしまったような映画でした。
理解できないわけじゃないからこそ直視したくない気持ちになります。

twitterという現代ならではのSNS文化をフルに活用した本作は近い存在だからこそ共感できる部分がたくさんあります。
本音を言うことって賭けみたいな時があって、それがうまく転ぶのかはその時にしかわからないけど、綺麗事を言ってしまえば私は隣にいる人の本音を知りたいと思ってしまいます。
それが今はネットの中に存在してるのかもしれません。
誰がみているかわからないからこそ言える本音は誰にだってきっとあります。
でも、文面のソレはとても冷たくて、感情が伝わりにくい分、誤解が生じてしまう時もあって、SNSに残ってしまったマイナスな言葉は自分のちっぽけさを他人へ届けてしまう。

人のプライドを壊してしまったとき、壊されてしまった時、立ち直る勇気ってめちゃくちゃ大切だけどめちゃくちゃ難しいと思う。

原作でのみ知る登場人物の感情が多そうだったので読んでみたいと思います。
人生とは自分の内側で考えがちだけど、他者との関係の中で起きている出来事のようなもの。

就活やSNS人間関係壊れるなんて、悲劇を通り越してる。
便利になった分、人間らしさを失う関係が哀しい。

二階堂ふみと有村架純の共演が観れるナイス配役。
みき

みきの感想・評価

3.3
公開当時劇場で見て以来2回目。
就活を経験してからもう一度見て感じたことは結構違ったかも
昔なにこの女って思ってたとこもそうだよねえって同情した、辛いんだよねえ、
就活だけじゃなくても共感する部分が割とあって泣けた、感動とかじゃなく。
そんな内容の濃い話じゃないけど。
頑張ってたこと急に褒められると泣いちゃうよねえ

面白いのかな?割と面白いと思う多分、、
就活前よりあとに見た方がいい、共感もできるし笑える、

あと菅田将暉がかっこいい。
たけた

たけたの感想・評価

3.3
就活したくなくなった…
もこ

もこの感想・評価

2.8
なんか共感出来てしまう
頑張ってる人を馬鹿にしたり
成功してる人を否定して
仲良い振りして裏では見下したり。
そうする事で安心してる

人間て汚くて嫌だなーって思う作品。
mochi

mochiの感想・評価

-
たった数分の面接じゃ、話せないくらいの人生
芹山仁

芹山仁の感想・評価

4.3
前に見たけどめっちゃおもしろかった記憶。この映画を機に朝井リョウの小説とかエッセイ?みたいなのを読み漁った。
juri

juriの感想・評価

-
私も現実見なくちゃ。
就職活動が終わると何者かになれるという幻想
>|