何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿された感想・評価

SHINAME

SHINAMEの感想・評価

2.8
大変だなぁ
じぇんじぇんむり
あさ

あさの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

お前、これに星5つ付けるか?って自分でも驚いた。でもそれくらいストンと納得がいくくらい、現実が描かれていたから。
見たら病む、という噂を聞いていたけど、全部全部感じる。むしろ、すごくスッキリした。自分だけじゃないんだ。

個人的なことだけど、初めて就活の説明を聞かされた時、企業説明会に行った時、この映像を納めたら日本の不自然な常識が発信できるのかと思ったけど。ここにあったわ。

正直自分は光太郎以外の全員と共通点があったと思う。だからすごーい刺さった。
「自分を自分と同じように見てもらえるなんて、私たちはそんなところにいない」
「就活が得意なだけだった 何にもなれた気がしねえ」

「評判」ばかりを気にしてしまう世代の性
SNSが馬鹿らしいといい、
数分おきには誰かを「監視」している
自分もこうなってしまうのではないかと思わず恐るくらい。自分たちの世代が技術や革新と謳われたものにどれだけ影響を受け、その影響が生み出した不自然な現状に慣れてしまっていること。

就活の闇というより、反発する若者のなかにある愚かさが見えて、正直めっちゃ面白かった。人事ではないはずですが。

あっという間に感じた。最後は特に。
すごいこのレビュー、我ながら拓人みたいだ思う。寒い。馬鹿らしい。

SNSでもESでもなんでも人間って文面だと偉そうにならない?わたしだけ?
もうピュアにはなれないのかしら
でも拓人つい廃の割に80ツイートくらいしかしてなくてそこだけ非現実的笑う
あんま覚えてない笑笑
a

aの感想・評価

-
鑑賞記録
最後は自分のことを言われているようで、すごく心が折れた。
ogafu

ogafuの感想・評価

3.1
一応スーツ着て、合同説明会に行った時のこと思い出した。色々思い出した。
>|