何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

lee

leeの感想・評価

3.0
小説むかーし読んで面白かったから。

人の嫌な、意地悪な部分が存分に味わえるいやーな映画だった
佐藤健のいやーーな感じうまいなぁ暗くてジメジメしてて不快だった
菅田将暉の根っからの素直正直明るくいい人な感じもこういう人がうまく楽しく生きてるよねーって思った

頑張ってる痛々しさを
自分は客観的に見て上に立った感じでいちゃう

10パーセントでも外に出さないと評価もされない
onyi

onyiの感想・評価

2.5
あまりにもリアリティがなさすぎる。
原作ではまぁこういう人いるよねという位のキャラクター像が、映画では情報量が多いせいもありリアリティーを一切感じなかった。わざわざリクスーで宅飲みとか、結果発表の日時が決まってるとか、仲良いのに受ける企業を知らないとか、エリア職の説明をわざとらしくさせたりとか、好きな人と仕事で関われるかもと志望業界を決めるとか、twitterやLINEを狂言回しとして利用する感じとか、これがファンタジーだったら別に許せるんだろうが、就活というあまりにも生活感の強いテーマだからかリアリティのなさが致命的に感じた。
朝井リョウ原作となると原作以上に高い完成度だった桐島がある分、期待を裏切られてかなり残念な印象。
見どころは有村架純の可愛さと山田孝之と二階堂ふみの演技力くらい。
Shinya

Shinyaの感想・評価

3.2
キャストは今思えば豪華メンバー。
原作は読んでないが、舞台のベースがあり、入れ替わりの場面転換はおぉ!と思いつつも。フワッとした感想。他人事とは思えないところもあり、少し苦しい感じもあった。ただ、あえてのか大学生の初々しさを感じる作品作りはありといえば、ありかな。
全体的に日本人あるあるなのかなーって思った。海外の反応を聞いてみたいところ。良い意味で登場人物みんなが薄っぺらい人間だなって感じた。ただ、就活の時に後れ毛出したり、最後のシーン明らかに1分ではなかったり、主人公の部屋ルームシェアって言ってたけど、あんな広い部屋に住んでいながらバイトしてるの主人公だけだったように見えたけど…とかそういうどうでもいい細かい演出が気になる所が多かった。
よ

よの感想・評価

2.6
就活こわいなあ
就活をしている登場人物全てに共感できる部分がそれぞれあり、自分を画面越しで観ているようでもはや気味が悪かった。
その共感した部分も、タクト君を中心に登場人物の持つ、人間の嫌な部分。
その嫌な部分が自分にもある事を再認識させられた。
「頭の中にあるうちはいつだって傑作、その中からお前はずっと出られないんだ」とギンジ、タカヨシに言うタクトの台詞。2人に言っておいて、自分自身にも投げかけてるんだろうね
作中作の作りも古いし、1ミリも心に響かなかった
ホラー映画。
自分の中の嫌な部分を無理やり共感させられてしまうから観終わった後に気持ち悪さしか残らない。
だけどそんな嫌な部分に負けないで強く生きようと思った。
M

Mの感想・評価

3.0
記録
KeikoMori

KeikoMoriの感想・評価

1.0
暗い。分かる部分もあるけど、もっと人のこと信じたり、応援したり、未来に夢を持ったり、とゆう世の中が良いな、、、。
>|