何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

たしかに恐ろしい話だった
人は自己防衛のために仮面を被っていて、その数や大きさはそれぞれ異なる。

ほとんどの就活生は、より一層仮面を大きく見せることに躍起になっている。他人から見れば素顔ではないことは明らかなのに、上手く隠せたつもりでいる。

SNSでは素顔がない仮面だけが一人歩きして、時として人を傷つけてしまう。


仮面を剥がした時、自分は「何者」なんだろうか。
正直何を伝えたいのか分からなかった...。
結構リアル。
就活中に見たら辛かったかも、と思った。
タイトル画面が好き。皮肉というかタイトルに合っていて良い。こういうポスターが街頭にありそう。
相変わらず佐藤健の馴染み力は凄いね。就活まだしっかりやってないけど、回想辺りから共感ポイントも所々ある。
Twitterのように文字が打ち込まれるなど、作中に触れられていることに絡めて、ナレーションシーンなどから退屈な要素を除いていっているのも好き。
相手がいなくなった後のやり取りがリアル過ぎる笑
終盤の画面が大きく変わるシーン(演出?)は凄くイケてる。タイトル回収など好きな演出が結構あった。
「ディザスター・アーティスト」などとはまた違った感じで刺さる映画だった。

このレビューはネタバレを含みます

同じ目的だけど違う考えの5人が集まって時折モヤっとする空間が創り出させるのが、気持ち悪かったしちょっとあるあるな気持ちもあったけど、誰に感情移入したかによって感じ方は変わってくるんだろうか。クライマックスで納得してしまった。

進路とか生き方を考える作品だけど、やりたいことをただやるのと覚悟して貫いてそれで生きていく事は別問題なんだっていう、同じ原作者さんの霧島部活やめるってよを思い出した。

冒頭で言ってた「面接の1分間はツイッターの140字のようなもの」が最後の最後に崩壊したラスト、目が覚めてくれたなら良いな。
就活の後に観た
割とリアルでこわい
ロマ

ロマの感想・評価

3.0
原作読んだ時、コータローは絶対菅田将暉!って思っててそれが実現した夢のような作品wを2年越しでようやく😅 演劇の人らしい後半の魅せ方が良かった。結局声を大にして言いたいのは TWITTER is DEAD
たか

たかの感想・評価

3.7
就活で辛い人が見たらどうなるんだろう
かずー

かずーの感想・評価

3.0
俺の菅田将暉はやっぱり天使だったということと、最後の晴れ晴れとした岡田将生から発せられる絶望の一言wwって感じだったな
リアリティがあったかどうかはさておき、漂うこのネガティブな空気とまがい物を噛まされてる気分はたしかなんだけど、今の就活の仕組みを作った大人たちからしたらどう見えてるの?たぶん見えかた違うよな。結局この原作者も我々の世代の人間だし。売り手市場買い手市場どうこうよりまずそこをどうにかしろと思う。

あと菅田将暉以外全員腹から声出せや。これ以上イラつかせんな!って思ったけどもはやそれが狙い?ってぐらい全員声小さい。ラーメンすするシーンとかラーメンすする音の方が喋り声よりデカイんだが。。
>|