何者の作品情報・感想・評価・動画配信

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

3.0
現実味がありすぎて怖かった
ストーリーに期待しすぎちゃいました。
キャストは良き。
Takuya

Takuyaの感想・評価

2.4
佐藤健
ななな

なななの感想・評価

3.3
就活の前にもう一回みる勇気は出ない
実際就活の時期に差し掛かり、この数ヶ月で人生が決まるのかと考えると重い気持ちになる
多くの人がそんな気持ちを抱え、隠しながら、活動している
周りと比べたり、人のことを棚に上げて自信にしたりしてしまう時もよくあることだと思う
でも1番大事なのは自分と向き合うことだよっていうお話かな
ミア

ミアの感想・評価

3.6
なんで内定を貰えないか分からない


佐藤健の演技力で主人公の内面のどうしようもない陰湿さが出ていて逆に気持ちいい

ラストパートのTwitterとの畳み掛けが私は好き
UMA

UMAの感想・評価

4.0
人を蔑んだり一生懸命している人間を嘲笑ったり、意識高い系と揶揄したり、冷めた目で見ることで、自分がいかに達観していてるか見せつけて、自分は何も行動してもないのに。。

誰しも人間なのでそういったことがあると思います。その行為をしたことがある人には突き刺さる話です。

佐藤健って演技上手なんだなって感じれる作品で佐藤健がちっともかっこよくない。

二階堂ふみや岡田将生の意識高くて結局何もしてない系がスゲーいい!イタイ!海外留学が個展でアフターパーティーで人脈をグローバル思考でクリエイティブな、、、素晴らしく大学生らしいイタみでいい感じ。

こうやって映画の観賞記録をフィルワークスに載せてるのも自分がこういった鋭い目線で俺は映画を見てるんだぞ!

みんなとは違うんだ!という自己顕示欲なのだろうか、、
Juli

Juliの感想・評価

3.0
どうしても人と比べてしまうし、ツイートしないけど主人公と同じようなことを思ったりもするからチクチク刺さりました
nmt4410

nmt4410の感想・評価

3.5
現代の就職活動をしっかり描いてる作品。試験は点数で評価されるから一緒に勉強しても2人とも合格する可能性は大いにある。でも採用試験で2人とも同じ会社に内定をもらえる可能性はグッと少ない。お互いに受検している企業を隠しあったり、意識高い系に苛々したり。でもいちばんカッコ悪いのは陰でニタニタ人を見下している自分なんだと気づかされる。友人の内定を聞いて僅かでも嫉妬した経験は誰しもあるのかもしれない。
人にお勧めされた映画。
自分にはまだ早かったかまたは難しかったか刺さらなかった。言いたいことや感じるべきことはわかる。でもタイミングが違った。
自分のタイプを強いていうならきっと岡田将生タイプそして佐藤健タイプを混ぜた感じなのだなと感じた。頑固なのに人の言葉に流され、浅い人間などを嘲笑うとても美しい人間とは言えない。でもそれでも未来を求めて何者かになろうともがいてる。まだわたしには早かった。とてもじゃないけど将来を考えて自分にまだ向き合いたくない。きっと向き合う頃にはもっと早くやっておけばよかったと後悔すると思うが、わたしは今考えたくない。
そして演出が舞台と掛け合わせててすごい粋だなあと感じた。
>|