何者の作品情報・感想・評価

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

「何者」に投稿された感想・評価

yoco

yocoの感想・評価

2.0
全然悪い所はないんですけど、特別良かった所も無かったです。
自分はハマらなかったです。

後半の、二階堂ふみさんと佐藤健さんが2人きりになった時のやり取りは緊張感がありました。
あと佐藤健さんの裏アカのネタバレシーンでセット裏が見えたり、舞台になっているシーンは印象に残りました。
キャストはみんなハマり役でした。
特に岡田将生さんと二階堂ふみさん。
べぐ

べぐの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

本読んでから観た作品

私は学部的にここまでの就活をしてなかったから、完全に気持ちがわかるって言ったら嘘になるかな
でも、いやこれしんどいでしょ・・・
めっちゃわかるわ・・・
みんなが皆そうなってしまうの理解出来るもん、落ちる度に否定された気持ちになるよね

本を読んでたから、最後のオチも知ってたし、ストーリー自体になんの新しい発見もなかったけど心えぐられるわー
就活生が観たら病むと思う

まぁとりあえず得た知識としては、Twitterの裏垢なんて珍しくもないけど鍵はかけましょう、ってことかな笑
A

Aの感想・評価

3.5
就活の厳しさを痛感させられた。
野田

野田の感想・評価

3.0
キラキラ大学生が自分とは無縁なのでそっかこれが普通の大学生かって思っちゃったや
厳しい現実界、希望と理想、努力の強弱は無縁の世界、自尊心と嫉妬心
人の不幸を願うことで自分が幸せを得られると勘違いしてる人にはなりたくない
幸せって相対的なシーソーゲームじゃないのよ🙁
Jack

Jackの感想・評価

-
原作を読んでいたので、
痛くて抉られることは分かっていた。
俳優陣の豪華さや演技力が
逆に少し現実味の薄れた白々しさも感じられて
やや残念だった。


しかし、やっぱり朝井リョウはすごいな。
普遍的な映画ではなくて、
今を描き切っている。
10年後に見たら、こんな時代だったんだなって
いい意味で感慨を感じられるかもしれない。

希望を持つラストシーンが、
とてもいい。
ANNA

ANNAの感想・評価

2.9
就活怖えって思ったの覚えてる
選考が1つ進んだ時の高揚感とか、落ちた時の絶望感や焦燥感が異様にリアル

後半の展開にゾッとする。けれど、希望もあるような。覚悟が決まる。
よる

よるの感想・評価

3.0
誰だって裏の顔はあるでしょ。

19/2019
初レビューなのでスコアが難しい、とりあえずの数字として使いながら覚えていこう
原作がアツかったので映画もと思い視聴、忠実度は高い。
菅田くんファンなのだがあまりハマってないかなぁ~、全体としてはまづまづのキャスティングだと思うけど
小娘

小娘の感想・評価

3.0
二階堂ふみと岡田将生、山田孝之とキャストは好きだけどなんもおもろくなかった。
>|