片腕ファルコン

タイム・トゥ・ランの片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

タイム・トゥ・ラン(2015年製作の映画)
2.9
[未体験ゾーンの映画たち2016]にて。

うわー、この評価どうしましょう。。

とりあえず、頑張ってる。。。けど…頑張り過ぎというか。。
若手芸人がTVで爪痕残そうとガツガツしちゃってる感が。。
もっと肩ひじ張らずにリラックスしてやればなぁ。。

監督は『ザ・トーナメント』のスコット・マン。こっちの方がユルくて好きでした。そういえば、彼で『七人の侍』のリメイクを撮るという謎の情報があったんだけど、まだその企画は生きているんだろうか。。

ストーリーはお金を巡ってバスジャックをする流れなんですが…どんでん返しが2転3転するので驚くと言えば、驚くのですが…粗が出ちゃうのでやりすぎ注意です。。

何と言っても悪の大ボス、ロバート・デ・ニーロの貫禄、人間力が見所でしょう。。※主役じゃないです。

最近めっきりB級映画に出演している彼ですがその中ではかなり魅力ある役柄な気がします!!

あくまで未体験ゾーンの1作品ですから、そんなにハードル上げずに見れば楽しめるかと。。