特捜部Q キジ殺しの作品情報・感想・評価

特捜部Q キジ殺し2014年製作の映画)

Fasandraeberne/The Absent One

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

20年前の惨殺事件の鍵を握る“謎の女”。その正体は?1994 年、双子の兄弟が夏の別荘地で無残にも殺された。初動捜査では名門寄宿舎学校の生徒たちの関与を匂わす情報もあったが、犯人は早々に逮捕され捜査完了となっていた。20年後—特捜部Q のリーダー、カールのデスクには何故かこの終わったはずの事件ファイルが置かれていた。何故?誰が?特別な“意図”を感じとったQ のメンバーは調査を開始する。そして、事…

20年前の惨殺事件の鍵を握る“謎の女”。その正体は?1994 年、双子の兄弟が夏の別荘地で無残にも殺された。初動捜査では名門寄宿舎学校の生徒たちの関与を匂わす情報もあったが、犯人は早々に逮捕され捜査完了となっていた。20年後—特捜部Q のリーダー、カールのデスクには何故かこの終わったはずの事件ファイルが置かれていた。何故?誰が?特別な“意図”を感じとったQ のメンバーは調査を開始する。そして、事件当時、重要情報を握っていると思わる少女が失踪していたことを知る。今も行方が判らない女“キミー”の行方を探しはじめるカールとアサドだったが、彼女を探しているのは彼らだけではなかった。エリート校出身で各界のトップに立つ男たちは、彼女というリスクを消し去るために彼女を探し続けていた・・・。

「特捜部Q キジ殺し」に投稿された感想・評価

記録
このシリーズは面白い
せら

せらの感想・評価

3.5
北欧の作品は静かで暗い作品が多いイメージ。この作品もそう
うめ

うめの感想・評価

3.6
北欧版相棒の第二弾映画。
カールとアサドの関係が少しずつコメディ化してるようなw
真也

真也の感想・評価

3.7
めちゃおもろいやんけ…。秘書の人有能すぎた。
碧SU

碧SUの感想・評価

3.5
1作目に続き鑑賞。

ニコライ・リー・カースに萌えるという要素が分かってきた。
今回は犯人がすぐ分かります。
だから推理する楽しみは前作の方です。

それよりも、犯人について…けっこう胸糞映画です。
なんだろうか、ちょっと踊る大捜査線の要素も感じてしまった。

でもバディムービーが好きなんで、これも面白かったです。
見てて気持ち悪くなった
ゆりさ

ゆりさの感想・評価

4.0
安定の見応え。
小説を読んでいるような感覚になる
原作をコンパクトにまとめるのがうまい!
映像でみるのキツいかなと思ったけどだいぶマイルドにしてあって良かった。キミーとディトリウが想像した通りの感じで動いてくれててだいぶ満足。回想パートの映像がきれいやったし、これは劇場で観たかったなあ。

=====
6月が終わったので、2018年上半期映画ベスト10。
①フロリダプロジェクト
①レディプレイヤー1
①ファントムスレッド
①スリービルボード
⑤アイ、トーニャ
⑥ペンタゴンペーパーズ
⑦blank13
⑧恋は雨上がりのように
⑨ミスミソウ
⑩悪女/AKUJO
⑩ブリグズビーベア
⑩ワンダー 君は太陽
⑩ちはやふる 結び

悩みに悩んでもこのザマ。当たり映画が多かった2018年上半期。劇場鑑賞44本。
ママン

ママンの感想・評価

5.0
『特捜部Q』シリーズを本作品からたまたま知らずに初めて観たので、あまりの衝撃に「なんぢゃこりゃー⁉️」と、このシリーズには心を鷲掴みされました。小説が出版されている分すべて映画化して欲しいくらい(笑)
何も情報入れずに観て欲しい❣️
これが好きなら他の2作品もゼッタイオススメ👍‼️
北欧版コールドケース『相棒』だけど、こっちは不味い珈琲☕️だ!
こういうサスペンスもの、大好きです。

==============
20年前の解決済みだったはずの1つの事件。
元警官だった父親の命を投げ出した訴えにより、
事件の掘り起こしが始まる。
==============

終始暗めの雰囲気で、ずっと暗いんですけど、
見ている側も、実際のところはどうなんだろう、
どうしてそうなったんだろう、結末はなんなんだろう、
と引き込まれていく感じがたまらんでした。
>|