KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

76点。ストップモーションアニメとしては息をのむ動き&出来映え。完全にそれを忘れるくらいスムーズだった。背景や水や光などの効果はほぼCG、群衆もCGがけっこう多いだろう。それと完全に馴染んでるスムーズさは凄い。

ただ、だとしたら方法論がフルCGでも構わないのではないか。CGの質感がすでにその域にあるのは皆も知るとおりだし。見ている側は関係ない。作り手はおそらく「そうやって創ったモノに魂がこもる!」という理由でやってると思う。はっきり言っちゃうと「確かに魂は籠もってる。が、そうじゃない作り方だって魂は籠もるよ」と。

コララインの方がストップモーションアニメとしてのキュートな動き、質感があったように感じた。ダイナミックにしようと、デジタルし過ぎちゃったんじゃないかな。

お話は、世界中の神話や民話をごちゃ混ぜにしたおとぎ話。現代性は無い。日本を舞台って言いながら中国が混じり、しかも意外と苦もなくサクサク進むのでなんか不思議な感じ。とはいえ期待し過ぎただけで、高水準なことは間違いない。
ストリー、映像、描写力、手法の斬新さなど、全てがパーフェクト。出来栄えに感動した。
ko

koの感想・評価

2.0
英語だしクソつまらん
撮影技術はすごいと言わざるを得ないんだけど、CG混ぜるならそんな面倒なことしなくてもいいのにと思ってしまう。ストーリーは普通というか予想通りのことしか起きない。
Aaaai

Aaaaiの感想・評価

3.5
可もなく不可もなく。
でも、三味線で折り紙動かせるってすごいね。
まあ、展開的には予想出来る感じだったけど。
藤

藤の感想・評価

3.7
日本リスペクト!で作られた作品らしいけど、ところどころチャイナが混ざってたり日本は日本でも平安から江戸時代まで時代錯誤感があったり。

瞬きをする暇も~という寄席の口上とかおまえを見てるぞのジェスチャーなどアメリカナイズな表現も織り交ぜられてるので日本のファンアートです!って言われた方がしっくりくるかも。外国からみた日本てこうだよね。
ただ魔力や魔術が存在する世界観だから…まぁファンタジーなんだなという感じ。
日本でこういう時代劇ファンタジー作ろうと思ったらこうはできない。(いい意味で)

しかしとにかく映像がすごい!ストップモーションの動きや質感もだけど折り紙や盂蘭盆会の演出やCGも美しすぎる。
完全にCGに飲み込まれてなくてパペットの人形感もきちんとありストップモーションの魅力を完全に駆使している。多分全部CGだとこうはできない。
これは映画館のスクリーンで観ないとでしたね…。

ストーリーはいたってシンプルで、とてもドラゴンクエスト~ロトの紋章~。
絶賛な評判を聞いて期待を大きくして観たら拍子抜けしてしまった。
3種の神器集める話だったのにいざ戦うときあんま役に立たなかったな~

ただ 物語の終わりと始まり、語り継ぐこと、序盤やラストに出てきた台詞が作品自体のことを体言しているようで目指している意図が垣間見れた。
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
メイキングを見てみたい
ぷん

ぷんの感想・評価

3.9
病気を患った母親をもつ少年クボ
ある日、家族のとんでもない秘密を知ってしまう

かなり子供でも分かるストーリー(褒め言葉)にびっくりした、勝手に大人が見る映画だと思っていたもんで
三つの武器を集めて、最強の敵を倒す、なんてわかりやすいストーリーなんだ
なんなら小さい子が見たほうがきっと気にいるのでは、残酷な描写とか一切ないし、家族愛の話だし
ストップモーションが本当にすごい、「リアル」とかを評価してるのではなくストップモーションらしさ、ストップモーションの良いところをふんだんに使っているところが良い
物の立体感や触った感触がありそうだったり、折り紙の材質感だったりがストップモーション出ないとできない表現になっていて良い
ストーリーがなぁ、凄く良いんだけどどっかで見たことあるような‥感は否めない
個人的に物足りなさはあった

ここまで家族愛に溢れてる、日本を舞台にした映画はなかなか無いと思う
海外の人たちの日本で抱きしめ合う家族像がこのクボで見れた、良かった

もっと日本人は抱きしめ合うべきだよな、と最近思う
ファンタジーアニメ映画。

全編日本を舞台としたアメリカ映画。
トンデモ日本な感じはほぼ無く、むしろ日本の制作会社が作ったのかと思うほど違和感がない作品。
日本愛が感じられて嬉しくなった。

観終わってしったけど、これCGアニメではなく、ストップモーションアニメなんだね…
こんなヌルヌル動くストップモーションアニメ見たことないわ。
どんだけ労力かかってるのか、想像するだけで恐ろしいわ(苦笑)

ストーリーは王道ながら、キャラクターがみんな魅力的で感情移入しやすいのも良し。
ところどころアメリカ文化的な表現はあるけど、アクセントとして好意的に受け止めることができるレベル(汁を音出して吸うシーンとか)。

吹き替えで鑑賞。
なにせ舞台が日本なんで英語で見る必要はないかなと。
声優さんたちも良い感じでした。
マ

マの感想・評価

3.0
ストップモーションアニメとしては本当に素晴らしい出来。コンセプトもすごく好みだし浄瑠璃な感じが好き〜!!だけどこんなにもそれがもったいないと思える内容とは…
>|