KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタと…

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

大分 シネマ5にて鑑賞。

年内に間に合って、やっと観ることができました。文句なしで、今年のベスト3に入ります。日本人に是非見て欲しい作品です。

全編 ストップモーション撮影によるアニメーション。

パンフレット(今年購入した唯一のパンフ)によると1,149,015時間かかって製作したとのこと。また、Kuboの表情の数は4,800万通りもあったそうです。

気が遠くなるような手間を掛けて撮影されたものを、一気に鑑賞させてもらって申し訳なく思いました。吹き替え版だったので、子供連れの家族が結構いました。

ストーリーは、三味線を弾き折り紙を操る特殊な能力を持つKuboが、猿とクワガタのお供を連れて、父親を殺した祖父(月の帝)を探し求めるというもの。最後の対決シーンは、Kubo がミニミニ大魔神のようになります。

噂どおりに、全編を通して日本へのリスペクトが溢れています。パンフレットによると、日本の”わびさび”の心が、この作品のテーマだそうです。それをアメリカ人スタッフが製作したというのに思わず感謝、感謝、大感謝です。

スケジュールが合わずに吹き替え版でしたが、クワガタはピエール瀧さんでした。
字幕版は、シャーリー・セロンが出演しているので、Blu-rayが出たら、そちらでも鑑賞してみたいと思います。

エンドクレジットも浮世絵チックで、テーマ音楽は吉田兄弟の三味線伴奏による”While My Guitar Gently Weeps(オリジナルはBeatlesのホワイト・アルバムの作品)”が流れ、最後まで楽しめました。

皆さんも ぜひ劇場で!
狂言回し


昔の日本を舞台に不思議な力を持つ少年クボが紡ぐ物語を描くストップモーション・アニメーション

映像は綺麗でしたがストーリーに最後までハマらず。ちょっと期待しすぎたかも。

各キャラクターの表情やアクション、背景、舞台装置などなどをストップモーションアニメで表現して魅せたのは大変凄い事だと思います。それ一つをとって評価に値する作品であることは間違いありません。

ストーリーの方が微妙でした…

物語を物語る事の意味を問うメタフィクション的な構造をとった作品であり、勿論ですがその事を念頭に置いたストーリー運びになっています。当然寓話的側面が強いわけでそれ自体は全く問題ないですし、今語らうべき立派なテーマの一つだと思います。ただ、そういった前提の部分を加味しても物語そのものに面白さを見出せなかった。

月の帝を倒すために刀・鎧・兜、三種の神器を集めろ!というミッションを課せられる少年クボ。お供のサル、クワガタ侍と大冒険活劇!

刀・鎧・兜を集める事の意味。
三種の神器を集めても特に何も起こらないのはどうなのかと。例えばそれ自体には全く意味がなかったにしても、この3つのアイテムを集めるという行動が間接的勝因となったり前述したテーマとうまく繋がったり…3人の冒険活劇以上の物語的必然性が欲しかったです。

不思議な力。
クボとお母さんの能力に関してももうちょっとどうにかならなかったのかと思ってしまいました。三味線で折り紙を操る冒頭のシーンは大変楽しませてもらいましたが。今作のキーアイテムはなんと言っとも三味線です。(やっぱり3種の神器要らないじゃん)
ネタバレになってしまうのであまり深くは言及できませんが、不思議な力で三味線をバーンと弾けば大体全てのことが解決してしまいます。もうちょっとロジックと演出に工夫が欲しい。

ストーリーが全くハマらなかったのですが、音楽と映像だけである程度楽しめました。
ぽるぽ

ぽるぽの感想・評価

4.5
すんごい映画。
すんごい泣いた。
mao

maoの感想・評価

3.5
意外と重い話だった。
ミー

ミーの感想・評価

3.9
すごい!
猿の質感とか。
折り紙の動きとか。

楽しめた。


2018.06.16 U
空を渡るサギの群れを見て
ーサギの群れは歌の調べ、死者の魂を運ぶといわれているー
というところが素晴らしかった。
たしかにあれは音楽だ、静かに音もなく高い空を渡っていく鳥の群れは音楽だ、歌や音楽はあそこからやって来るんだと思ってハッとした。

なんかもう一度その世界に戻ってみたい。
これは中々凄い和洋折衷な世界観!

海外のスタッフが日本を舞台に日本人?を描いたアニメというのは珍しい、初めて観た、、。

日本的だけど何だか感触が違う。西洋的東洋テイスト。西洋人が見た日本的神話。ても「変な日本」では決してない。そこが新鮮な魅力。クオリティも高い。

三味線の音が映像とマッチして良いなぁ。

日本語吹き替えで観ましたが、オリジナルの声優がとても豪華!
1065

1065の感想・評価

3.6
かわいいおばあちゃん

WhileMyGuitarGentlyWeeps_ReginaSpector
ストップモーションなのが信じられん

唐突なキャラの退場やラスボスの謎のキャラデザがもうちょいどうにかなったろと思った

本編よりメイキング映像を見てみたい
>|