KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

大分 シネマ5にて鑑賞。

年内に間に合って、やっと観ることができました。文句なしで、今年のベスト3に入ります。日本人に是非見て欲しい作品です。

全編 ストップモーション撮影によるアニメーション。

パンフレット(今年購入した唯一のパンフ)によると1,149,015時間かかって製作したとのこと。また、Kuboの表情の数は4,800万通りもあったそうです。

気が遠くなるような手間を掛けて撮影されたものを、一気に鑑賞させてもらって申し訳なく思いました。吹き替え版だったので、子供連れの家族が結構いました。

ストーリーは、三味線を弾き折り紙を操る特殊な能力を持つKuboが、猿とクワガタのお供を連れて、父親を殺した祖父(月の帝)を探し求めるというもの。最後の対決シーンは、Kubo がミニミニ大魔神のようになります。

噂どおりに、全編を通して日本へのリスペクトが溢れています。パンフレットによると、日本の”わびさび”の心が、この作品のテーマだそうです。それをアメリカ人スタッフが製作したというのに思わず感謝、感謝、大感謝です。

スケジュールが合わずに吹き替え版でしたが、クワガタはピエール瀧さんでした。
字幕版は、シャーリー・セロンが出演しているので、Blu-rayが出たら、そちらでも鑑賞してみたいと思います。

エンドクレジットも浮世絵チックで、テーマ音楽は吉田兄弟の三味線伴奏による”While My Guitar Gently Weeps(オリジナルはBeatlesのホワイト・アルバムの作品)”が流れ、最後まで楽しめました。

皆さんも ぜひ劇場で!
tomo

tomoの感想・評価

3.5
記録♡
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
声優陣が日米共に豪華。シャーリーズ姐さんならサルがあんなに強いのわかるもの。姉妹もルーニー・マーラ感あるし。で、吹き替えも田中敦子さんだし。強い。つかクボの声が矢島さんで良かった。相変わらず瀧さんは良い味だす。ラスボスも羽佐間さんだし。

敵を倒すための旅でなく、家族の旅路だったっていうのがすごく良いな、と。うまいな、と。ハンゾウの素顔がミフネっぽいのは仕方ねえやね。まー、クボがかなり不用意なのが向こうの主人公って感じなのと、ラスボスが怪物になるのはいいけど、なんでそんな感じなの、そこは龍とかもっとさあっていうのはある。とはいえ、まとまった脚本でいい感じでした。日本描写は兜がアレなのと、そんな家紋があるか!以外は特にないです。
ジャパニーズカルチャー愛を感じる。

あれだけの動き回るストップモーションを二時間弱やるとかやばすぎない
saki

sakiの感想・評価

3.5
映像すごい!
son

sonの感想・評価

4.6
最初ストップモーションアニメなの気づかなかった(笑)シンプルに凄い
これも劇場で観たかった1本。
そして、1つ歳を取ってから初めて見た作品。(本当は最近購入した日本語吹替音声追加収録版『コブラ』にしようと思ってたけど。)

まずアニメーションが凄過ぎて、どこまでがストップモーションかわからない笑
ここ数年のディズニーやピクサーも凄いが、スタジオ・ライカも別ベクトルでアニメを進化させてると感じた。

しかし、ストップモーションの素晴らしさだけでなく、アクション・アドベンチャーとしても一級品!
武具を集める展開に加え、ガシャドクロのような大きい敵、水中戦やタッグ戦、ラスボスと、戦いのバリエーションが豊富で、見ていて飽きない。

矢島晶子さんがクボの声を当てていたので吹替で見たが、川栄李奈が中々上手くてビックリ!クワガタ役のピエール瀧もハマっていたし、これ系のアニメでは珍しく大満足でした。もちろん、羽佐間道夫の帝の迫力は言わずもがな。

また、予想以上に"しっかり日本"だったのも好印象。忍者や侍といった定番テーマだけでなく、"魂"という概念や、"先祖を敬う"ことが盛り込まれており、"なんちゃって日本"の他作品とは大違い。
でも、この感覚をアメリカ人が持ち合わせていることに驚いた。

つまり、俺に日本の心を思い出せということか…。日本の心…うどん!ということで、その日はうどんを食べました。
kutata

kutataの感想・評価

3.3
評判通り映像と吹替版の声優陣は良かった。
ストーリーは悪くはないんだけどすごく普通。
ただキャラデザが最後まで肌に合わなかった。

鑑賞後だいぶ経ってからサントラを聴いたらエンディングがregina spector だったのを知って、そっちを劇場で聞きたかった!と後悔した。

@イオンシネマむさし村山
誰が観ても、「物語」のための物語である
メイドインUSAの超高品質日本昔ばなし


かぐや姫の物語に、 ストレートなヒーローストーリーを足した話で、人知を超えた存在の力を宿したヒーローが地上で足掻くという正直捻りは感じないシナリオではある
そういう「むかしむかしあるところに」という物語を語っていくことに関する物語として描かれている

語り継がれる物語には語り継がれる理由があるし、忘れ去られないために語り続ける必要がある
というものなので、なんで?って思うようなところが多くても突っ込むこと自体が野暮
この映画そのものが、クボという少年の作った創作だと思えばガッテンかな?

かつて生きていた人の記憶を決して忘れないために、物語は語り継がれる
それを強烈に反転させた結末は正直かなりハードだと思うけど、事実を捻じ曲げて新しい物語を語るということは人格否定でありながら同時に救いでもあるかもしれないと希望的観測をするしかないし、そこで流れ出すジョージハリスンの名曲のアレンジが素晴らしい味を出している


ぶっちゃけ、冒頭から母親が赤ちゃんにキスをするので、ああ多少欧米感は入ってしまうなって覚悟できる
逆予防線が張られるので、そうやって観ると日本の描き方も素敵
月並みな言葉ですがアニメーションとして質が高すぎ
傑作
Ken

Kenの感想・評価

3.5
映像美も去ることながら、キャラクターデザインも考えられている。このレベルの日本文化の取り入れ方は、日本人としては大変嬉しい。
>|