KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタと…

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

大分 シネマ5にて鑑賞。

年内に間に合って、やっと観ることができました。文句なしで、今年のベスト3に入ります。日本人に是非見て欲しい作品です。

全編 ストップモーション撮影によるアニメーション。

パンフレット(今年購入した唯一のパンフ)によると1,149,015時間かかって製作したとのこと。また、Kuboの表情の数は4,800万通りもあったそうです。

気が遠くなるような手間を掛けて撮影されたものを、一気に鑑賞させてもらって申し訳なく思いました。吹き替え版だったので、子供連れの家族が結構いました。

ストーリーは、三味線を弾き折り紙を操る特殊な能力を持つKuboが、猿とクワガタのお供を連れて、父親を殺した祖父(月の帝)を探し求めるというもの。最後の対決シーンは、Kubo がミニミニ大魔神のようになります。

噂どおりに、全編を通して日本へのリスペクトが溢れています。パンフレットによると、日本の”わびさび”の心が、この作品のテーマだそうです。それをアメリカ人スタッフが製作したというのに思わず感謝、感謝、大感謝です。

スケジュールが合わずに吹き替え版でしたが、クワガタはピエール瀧さんでした。
字幕版は、シャーリー・セロンが出演しているので、Blu-rayが出たら、そちらでも鑑賞してみたいと思います。

エンドクレジットも浮世絵チックで、テーマ音楽は吉田兄弟の三味線伴奏による”While My Guitar Gently Weeps(オリジナルはBeatlesのホワイト・アルバムの作品)”が流れ、最後まで楽しめました。

皆さんも ぜひ劇場で!
お盆ムービー。
コマ撮り撮影は凄いし世界観も良くて楽しかったけど、そこまでピンと来なかった。
ストップモーションで表現された映像は確かに見応えあり。だが...
ただ日本を舞台にしている割には、徹底していないというか 違和感を感じるシーンが多い。
(そもそも「クボ」を苗字としてではなく、名前として使っている時点で...)

ストップモーションもVFXと組み合わせて使われているので勿体ない印象を受ける。

ストーリーはよくある冒険劇。
移動しては敵を倒し、移動しては敵を倒すの繰り返しで内容が薄く、盛り上がりもない。
単純に面白くない。

エンドロールにストップモーションのメイキングを入れてくるあたり 制作陣の努力はわかるけど...
のら

のらの感想・評価

3.5
すごい!クワガタかわいい!すごい!
キイチ

キイチの感想・評価

3.6
映像美…
折り紙の表現がとても良かった
マッタ

マッタの感想・評価

4.0
とってもよかった。
ステレオタイプ?(でも安いオリエンタリズムじゃなくてちゃんと日本的!)な日本観と漫画アニメ的な日本の良さが見事に融合!
王道ファンタジーとしてものすごく楽しめた。
テンポの良さ、すごいんだけど逆に良すぎて少し気になったかもしれないけどw
puka

pukaの感想・評価

4.3
ストップモーションアニメの傑作。

ストーリーも秀逸だが、なんといっても映像が素晴らしい。折り紙に命が吹き込まれる様は本当に美しい。

音楽も素晴らしい。吉田兄弟の三味線とビートルズの曲。作品の空気を魅力的にしてくれる。

ほんとは映画館で観て欲しいけど、DVDでも必見。
ぜひみんなに観て欲しい作品。
itagaki

itagakiの感想・評価

4.1
よかった。
これを妥協せずこのクオリティで作り上げだスタッフ達の情熱には脱帽。
クレイアニメのすごいやつという知識のみで見ましたが、お話としてもすごく楽しかったです。

少年の冒険のお話。

家族の愛と、仲間との旅がとても綺麗な色彩と質感で描かれていて、感動しました。

あと、吹替で見たのですが、主人公クボの矢島さんの無垢で純粋で寂しい少年が、旅を通して成長していく演技が素晴らしいです。
>|