KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

MikiSato

MikiSatoの感想・評価

5.0
知り合いがかなりオススメしていて、タイミングよく観られた。
字幕鑑賞。

聞いていた通り、圧巻だった。

ストップモーションすごい。

ふつうに怖かった。

3つの武具は、三種の神器的な?

おじいちゃんに何があったのか気になった。
村人はおじいちゃんのことをいい人だと言っていた。
きっと、生きているときはそうだったんだろう。
でも、死が怖くて不死身になったのか。

物語は終わらない
語り継いでくれる人がいる限り

猿の置物、お守り
なぜクワガタ

クワガタの間抜けさがとってもよかった

ひとつひとつの設定の意味を知りたい。

目を取られた意味
見えないようにする
この世に生きることで感じる悲しみ苦しみを
見えないようにしたら、この世にいることが辛くなくなるのではないか
その逆?
目の自由を奪うことで、絶望させて、あの世=おじいちゃんのところに来るように促した?

もしくは、孫の目を奪うことで、おじいちゃんは不死身になる、さらに生きられる、ということ?

三味線を重要な位置付けにした意味

猿とクワガタの意味

妹が二人?分身?の意味

骸骨

最後は村に、毎日いるところに

大事なものは、他ののどこでもない、自分自身の中にある、的な?

何度も観たくなる。
エンドロールで気づいた、え、え、え、これストップモーションアニメなの????
CGかとおもった、、、、やばすぎ、、、、、


KUBOが三味線を奏でると折り紙がひらひらと形作られていくの超楽しい
冒頭の、村で語りをするところすごい好きだった


ネタバレ↓↓↓





なんか個人的には月の帝も悪い人とは思えないんだよなぁ…


あと、二弦だったのが最後、父母子の意味で三弦になったのがよかった
アキラ

アキラの感想・評価

3.8
紙や髪、糸などの動きがすごく繊細なストップモーションアニメ。
エンドロールで制作過程を流すのは面白いなと思ったし、気が遠くなるような作業にゾッとした…

とにかく良いお話で、クボの家族愛、親の子供を愛する気持ちにしきりに胸を掴まれっぱなしでした。
幼い子供でありながらも敵に勇敢に立ち向かうクボ、王道ながらもグッときた。
クレミ

クレミの感想・評価

3.8
大変良くできたお盆映画。年に一度死者を迎え入れ、そして送り出すという行為には"思い出を語る"という意味もあり、二本の弦を背負うクボがその「語り継ぐ(ストーリー)」というものを司っている。後半駆け足になってしまっているのでクボが背負う意味が薄くなってしまっているものの、死者の魂を忘れず語り継ぐ文化が染み付いた日本人だからこそなのかなぁ、心にじんわり切ない感動が広がって、もう理屈じゃあない説得力と共感があった。お葬式で死者の思い出を話すとか、お盆で年に一度あの人のことを迎え入れるとか、日本のそういった「ストーリー」の文化、わりと好きかもしれません。

いやぁしかし何がどうなったストップモーションなのか分からん!凄すぎ!エンディングで流れる髑髏のメイキングだけでもうレベチ。クリエイター達の気の遠くなるような技に拍手。
ストップモーションすごい!ってなるけどストーリーとかはこれと言って見るべきものは無かった。
Mitu

Mituの感想・評価

3.6
途中でお父様が誰だか分かった。
母の愛情とか、誰を信じていいのか分からない感じとか、なんで追われるのかとか…でも最後良い!
日本人が観てもそこまで違和感のないちりばめられた文化の描写
三味線やってみたくなった
haru

haruの感想・評価

4.6
こういう映画観たことない。
素晴らしかったです‼︎
ストップモーション!すごすぎ…
>|