KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

4.0

あらすじ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタと…

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

特別上映来ましたヤッター
見逃してたから嬉しい!

日本風味の訳わかんない設定は多く観てきたけど、こんなに日本の伝承だとか「わびさび」だとか風流だとかが描き出されている海外作品は初めて観ました、圧巻でした
つり目で可愛くないなあなんて思っていたキャラクターもどんどん可愛く見えてくる不思議(折り紙サムライほんと好きかわいい)
普遍的な家族愛の物語に泣かされました
いい話や

なんにも知らずに観たからエンドクレジットでストップモーションアニメだったの!になりました、まじ驚愕!
私の知ってるストップモーションよりずっとずっと進化してるんですね
すごい!もう変態の域
Barolo

Baroloの感想・評価

2.0
やばいわー。
今回は、やばいぞー。
数々の名作に、パルムドールとった作品にすら、低評価をつけて参りました、恐れ知らずの初心者、バローロで御座いますが、流石に今回のは低評価の方が非常に少ない:(;゙゚'ω゚'):

ちっと、うちのデビルメイこと、姪ちゃんに電話して聞いてみっか( ̄▽ ̄)

バロ「もすもすー?あのさー、突然なんだけどー、クボって映画観たことあるー?」
デメ「久保?ああ、あの娘ねー。ちょー、ビッチで、やな奴なんだわー。マジでサイテーだから。あたし、だいきらーい、ところで、なんで久保ちゃん知ってんの?」
バロ「(話聞けよ、ちゃんと)いや、おまいの同級生じゃなくて、映画で、クボってのがあって・・・」
デメ「なんだよーまったくー、大阪で地震あって大変な時にー。そんなくだらないことで電話してこないのー。また、月末、お金なくなったら連絡するからー、バイボー」

がちゃり

ちゅみみーん

さて、と

むーん、1点台は流石にやめておくか。今流行りの忖度とやらをかますのぢゃ。

わらすは、技術を見たいのではありませぬ。これが、ノンバスストップなんちゃらアニメーションだろうと、なんだろうと、わらすにとって、面白いか、面白くないかが肝要なのでつ。ストーリーは単調で浅く、キャラクターにも愛着が湧かず、背景設定の深掘りもなく、観終わってがかーりしてしまったのでつ( ・᷄ὢ・᷅ ) 悪いじーさんに、お仕置きはしないのか!!折角揃えた武具、いらんのかい!!猿が出てきたら、あとは、犬と雉だろーが!!ミサンガが、三味線の弦になるかい!!などなど、ぷんすかぷん、のオンパレード

エンディングの、ザ・ビートルズの、"While my guitar gently weeps"の三味線バージョンは良かったですよ。昔は、ザ・ビートルズの楽曲クレジットは全部レノン&マッカートニーだったのが、今はちゃんと、ジョージ・ハリスンなんだなー、と感銘も受けました。でも、それだけー。

他の人と違って感性が液体チッソ並みに低いバローロの戯言でつから、お気になさらずに。

べんべんべんべんべべんべんべん、いよーっ

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理を表す。
奢れる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
猛き者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。

琵琶法師なら、これでしょーが♪( ´θ`)ノ

最後に、大阪の震災の被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
これがストップモーションアニメなの⁉︎と目を疑うほどの完成度の高さに驚きを隠せない。これが日本製作だったら、これがメイド・イン・ジャパンだったら!と何度思ったことか。三味線、折り紙、侍、猿、墓石、着物などなど舞台が古き日本なので、嬉しいくらいに次々と日本文化が出てきます。
普通にストーリー自体、好きなんですけどアクションシーンが本当に凄い!言葉では表せられないんで、とりあえず観れば分かります。ストップモーションアニメの限界を超えた力作。なんかもはや外国人が作ってくれたってのも嬉しいな。
voltboy

voltboyの感想・評価

4.0
タイトルも世界観も日本の要素が強いストップモーションアニメ(゚∀゚)

祖父に追われる片目を失ったクボ。三味線片手に仲間と共に戦いの旅に出る。

全編明らかに緻密に作られた演出の数々に圧倒されっぱなし(*◎v◎*)
特に頭に剣が刺さったガシャドクロとの戦いが印象に残る(。-∀-)
灯籠流しのシーンも美しい( ´∀`)

エンドロールでガシャドクロとのシーン制作を早回しで流していたが、こういうの観るとスタッフに対して頭が下がるな〜m(_ _)m
Haru

Haruの感想・評価

4.0
ストップモーションアニメでRPG
最近は、CG凄いけど現実味のある作品で全体の表現は素晴らしい。
監督とか技術さんがこれで別のキャラクター扱ったら凄そう
この作品ゎストーリー関係ないね(>_<)
ストーリー重視して映画を見る方ゎ恐ろしくつまらないかも…
武器や防具探す必要あったのかな('_'?)
三味線があれば問題無いのでゎ…
三味線にゎ三本の弦…
そういう事だったんですね(*^^*)
ファンタジーRPG。
映像と手間暇を考えたらすごい。
KGMGM

KGMGMの感想・評価

3.5
ストップモーションアニメ&CGで有名なスタジオライカの作品。
日本(…?)が舞台ということでは同じくストップモーションアニメの作品「犬ヶ島」との比較も楽しいのではないでしょうか?
(犬ヶ島の寿司のシーンはライカが作っているとか)
sei

seiの感想・評価

3.5
2018/06/17
>|