KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタと…

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

特別上映来ましたヤッター
見逃してたから嬉しい!

日本風味の訳わかんない設定は多く観てきたけど、こんなに日本の伝承だとか「わびさび」だとか風流だとかが描き出されている海外作品は初めて観ました、圧巻でした
つり目で可愛くないなあなんて思っていたキャラクターもどんどん可愛く見えてくる不思議(折り紙サムライほんと好きかわいい)
普遍的な家族愛の物語に泣かされました
いい話や

なんにも知らずに観たからエンドクレジットでストップモーションアニメだったの!になりました、まじ驚愕!
私の知ってるストップモーションよりずっとずっと進化してるんですね
すごい!もう変態の域
RinIda

RinIdaの感想・評価

4.0
これがストップモーションとかすごすぎ
アクションも良かった
ストップモーションの技術は凄かった!!
でも凄すぎてCGみたいに見えるのは良いのか悪いのか(笑)
ストップモーションのアナログ的な魅力は感じなかった。
アクションやストーリーは、それなりの面白さが保証されてるが、自分はそれほど感動はしなかった。
まーの

まーのの感想・評価

3.7
闇の姉妹…好き♡
izumo

izumoの感想・評価

4.0
日本語吹き替えにて。

幸子さんと川栄さんが大変よい味を出していた。
さらっと観ることができるが、メイキングを観て、その労力に戦慄する。
まさに、職人芸。
chago

chagoの感想・評価

4.0
真の意味での和風ファンタジー。
最後には家族みんなでハッピーエンドに、そうでなくても片親エンドに行き着くかと思いきやそうでもなく、人生の世知辛さが込められてた気がする。
ラストバトルで刀振り回し始めた時は「えっ…三味線は…?」ってなったけどちゃんと忘れられてなくて良かった。

キャラクターの表情の豊かさや温かみにほっこりして「最近のCGはこんな人形劇風にもできるんだなぁ」と前情報なしに見てたけど、ガチストップモーションって見て震えている…(メイキングえぐい)
2017年公開
監督 : トラヴィス・ナイト
===
不思議な力を持つ隻眼の少年が、自分の生い立ちと両親の過去をめぐり冒険に出るお話。

人はだれかにとって大切な存在であると信じられたときに強くあれるという物語。主人公は虚ろな母以外とのつながりを確信できない日々から、冒険を経て、人から大切に思われることの大切さや、翻って人を大切に思うことの大切さと、そこから生まれる強さを得ていく。普遍的だけど、パワフルな作品。RPGのようなワクワク感が、ストップモーションならではの質感から出ている名作。

LAIKAってやっぱりすごいよね。次回作が楽しみです。
スタジオライカ作品を初鑑賞。
ストップモーションとは思えないほどの滑らかさ、微細な表現に呆れる。
散らばった折り紙を拾いそこなう動きや、数フレームだけ視線を外して感情を迷わせるような、まさに瞬きする間に何かが起きている瞬間の積み重ね。ひとつひとつのコマの果てに作品が成り立っているのかと思うと気が遠くなるが、なにより『KUBO』が素晴らしいなと思うのは物語と人形の相性の的確さだった。

鑑賞中にずっと頭にイメージしていたのは人形浄瑠璃で、語り手と人形と三味線の音が三位一体となっている構造が、3DCGでもなく2Dアニメでもない理由だと個人的には思えた。冒頭にクボは折り紙芝居を披露するが、あれは「スタジオライカがこれから物語を語りますよ」というメッセージだと勝手に受け取っている。

この作品において人の存在は誰かに語られることで初めて存在し、記憶の中で生きる。物語はひとりでは成立しない、つまり誰かと関係することが物語であると教えられる。

二本の弦から生まれた三本目の弦と、文字通り三位一体となる幕の落ち方。エンドロールでは本作の語り部であるスタジオライカにカメラのフォーカスが向けられて物語を終える。

そしてなんといっても声優陣。サル(シャーリーズ・セロン)、クワガタ(マシュー・マコノヒー)、月の帝(レイフ・ファインズ)、闇の姉妹(ルーニー・マーラ)という豪華さだが、やはり声だけの出演でも魅力は滲み出す。

唯一難点を挙げるなら、やはりCGとの境目がわからないことで、せっかく波の動きなどをアナログで作り上げても最終的なテクスチャーをCGに任せてしまっているので、もったいないと感じてしまった。

メイキングを見ればどんなことをやっていたかよくわかるので貼っておきます。
https://youtu.be/zHyTYL1Z1aM
>|