KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

manara

manaraの感想・評価

3.4
外国人が描く日本のRPG。もちろんハッピーエンド。製作者の趣味や観客が好きそうなテイストを意識して作られた気がする
ころぴ

ころぴの感想・評価

4.0
もともとキャラクターの
顔つきが馴染めなくて…
でも
ずっと気になっていた作品

アメリカ人のキャラなんだと
自分に言い聞かせ
見始めると
映像の美しさに引き込まれた✨
これって
アメリカで製作された日本映画!

着物、盆踊り、灯籠流し
川で水切り、桑畑で螢を捕る
そして、折り紙、三味線
どれをとっても
日本人じゃなければ
ここまでの表現はできないと思う位
素晴らしく日本が表現されていて
感激してしまった!

冒頭のクボの三味線で舞い踊る
折り紙の物語
とーっても素敵!
続きが見たい(笑)
村人気分で見入ってしまいました😆

行く先を示してくれる
折り紙のハンゾウが可愛い✨

『日暮には家に帰ること
さるおじさんを身に付けること』
このいいつけは母親から
言い聞かされていた
守っていたのに
お父さんに会いたかっただけなのに
世界が変わってしまう…

何故、さるとクワガタなのか
クワガタが時々ゴキちゃんに見えてしまったのは私だけ(笑)
と思いつつも
三つの武器を探しながら
大冒険が始まるワクワク!
三人のやり取りがほのぼのなの✨
口喧嘩したり、誉めたり
感心したり、ドキッとしたり
   
    ですよねー😆

愛する気持ち
親の愛情
守るもののための強い心
素敵な映像とともに
ガンガン伝わってきます!

気の遠くなるような作業を
繰り返しながら作り上げたであろう
なめらかなアニメーション
日本の心が詰まっています!
素晴らしい映画ですσ(≧ω≦*)
きき

ききの感想・評価

3.7
ストップモーションの映画好き。
映像だけでなく、物語もすごく
惹かれて 面白かった。
r1ace

r1aceの感想・評価

4.1
作ってくれてありがとう。
制作陣に対してはこれしか言いようが無い。
「日本をリスペクト」って言葉で片付けられない次元の映画。
どれだけ日本について学び、研究をしたのか…。
日本の事が相当好きでないと
無理レベルの内容に感激ですわっ!
アカデミー賞アニメ部門ノミネートも納得。
…ああ、その年受賞したのはズートピアか。
確かに、あれもええなぁ甲乙付けがたい…。

メイキング見てもらったら分かるけど、
モーションキャプチャー
(人形をちょっと動かして的なアレ)なので
気の遠くなるほどの細い作業の繰り返し、
常人なら発狂レベルの仕事っぷりに脱帽。

内容も良かったよ、正統派冒険活劇で。
声優も田中敦子が相変わらず男前で満足。
ピエール瀧も「アナ雪」の時と同じく
本人と気付かせない上手さでしたわ。

終盤の流れがイマイチ好みじゃなかったので
この点数止まり。残念。
もっとあげたいんやけどなー。
お、おとうさーーん!!そこで…そこで…!!
どこまでがコマドリでどこまでがCGなのか分からなかった
分からないのがやばいのか
コマドリが凄すぎてやばいのかはもはや知らん
なんでコマドリでアクションとかやろうと思うのか訳分からん(コマドリやった並感)

序盤の三味線すっっっっごく良いし折り紙を操るっていうのもすごく心くすぐられたし随所に日本リスペクトが盛り込まれていて見ていて気持ちが良かった

ストーリーも良いし音楽も良い
ワクワクさせる演出がたくさんあって
すごく面白かったです
ストップモーションの独特な味わいと日本文化の混ざり合いが美しい。折り紙や灯籠流しにお伽話の要素までみっちり和で満ちている。
キャラクターの表情も非常に豊かで、ウルっときてしまった。 デザインも秀逸で、闇の姉妹の不気味さがお気に入り。

字幕、吹き替えのどちらも豪華でおススめです。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.5
この映画をストップモーションで作るって途方もないだろうなと思った。映像として好き。
時間内にお話としての良さ?を詰めました!!って感じがあったからもう少し膨らみがあればなあと思った
さうす

さうすの感想・評価

4.0
・音楽が素敵。『MONKEY'S STORY』『HANZO'S FORTRESS』といったクボの両親に関係してるシーン?の音楽がとっても美しくて好きです。
・クボの折り紙芝居のシーンは音楽もアニメーションも楽しいので見て欲しい場面ではあります。
・がしゃどくろ?のアニメーションは見所でした。
とにかく映像がすごい。
ストップモーションで作ったとはとても思えない精密さで、ストーリーも無駄がなく、楽しめました。

吹き替え版で鑑賞しましたが、日本を舞台にした話なので全く違和感はありませんでした。
お気に入りは闇の姉妹!
不気味な雰囲気がカッコよくて、フィギュア化されたら買うんだけど(笑)
>|