KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタと…

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

manara

manaraの感想・評価

3.4
外国人が描く日本のRPG。もちろんハッピーエンド。製作者の趣味や観客が好きそうなテイストを意識して作られた気がする
フカミ

フカミの感想・評価

4.0
クレイアニメ、ストップモーションアニメとして最先端の映像。その動きを見ているだけでも最高の気持ちになる。ストーリー自体は確かに類型的、テンプレ的とは言え、退屈しないで楽しんで観れた。日本の事を現代日本人より解ってるんじゃないか?と言う人たちが作ったに違いないと思えた。
ルーニーマーラーが声優で参加しているとのことで、オリジナル音声でも観てみたいなあ~
三味線の音はやっぱり好きやわ~
欅乃木

欅乃木の感想・評価

4.1
ストップモーションアニメとは思えない 動き
ちゅうごくと日本が混ざってる気もしますが良かった
MOTO

MOTOの感想・評価

3.5
映像は素晴らしいけど、脚本が残念賞。
王道展開に甘えてプロットや設定をそのまま提出された感じで、細かな肉付けが圧倒的に足りていない。
夫婦関係や血縁関係すら設定表にそう書いてあるから以上の関係性を提示できてないのは大問題。
序盤、表情を失ってしまった母上にご飯を食べさせるシーンは良かったので、ああいうシーンを積み重ねていって欲しかった。
それでも映像だけで劇場でお金を払って見る価値は充分なのでこの点数です。
物語るとはこのことだなと思った。主人公のクボを通して、家族や仲間、様々な愛の形を教えて貰い、涙が溢れた作品でした。ストップアニメーションだということを忘れるくらい細かく描かれていて、映像や音楽がとにかく素晴らしい。エンドロールまで必ず観てほしい。
はるこ

はるこの感想・評価

4.3
ジャパニーズファンタジー
綺麗
おじいちゃんのオチはなんか………しんとい……………
折り紙のハンゾウのかわいさ罪…
これがストップモーションアニメとかウソだろ!!?って思うほどクオリティがとんでもなく高すぎます!!もうCGアニメと変わらんもん!!むしろここまでやるならもうCGでいいじゃんと思えるから本末転倒な気もしますが…。

日本愛はとっても感じます。灯籠流しと霊魂による神秘的な美しさ。主人公の三味線の音色で折り紙を操る特殊スキル。一緒に冒険するパーティーの仲間が猿とクワガタ侍。作ったのが日本人じゃなく日本が好きなガイジンさんの感性だからこそのオリジナリティだと思います。ただ冒険モノなのに何故かワクワクしなかった。キャラデザがあんま好きじゃないんかも。。。
yui

yuiの感想・評価

4.0
日本を舞台にした冒険物語

風になびく髪や折り紙の動きなどとても繊細で素敵な映画でした。
折り紙のハンゾウがかわいらしい役割をしていたり
お茶目なですこし頼りないビートル、KUBOに厳しく見守るモンキーなど
個性豊かなキャラクターにも好感を持てました。

ルーニーマーラの声が最強にセクシーで怖かったです。
>|