KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

素晴らしい映像。
エンドロールの三味線版while my guitar gently weepsが良かった。
制作シーンもっと見たかったなぁ。

ストーリーは万人受けする内容ですね。
江戸時代風のアニメーションで、町人文化が賑やかで灯籠流しをしたり、三味線がロック調だったりして、楽しかったです。

なにより、テーマに心打たれました。
いい感じで、ストーリーとテーマが混ざっているので、私の拙い表現では言葉にしてしまわない方がいいと思い、具体的には書きません。

冒険物語は普段あまり好んでいなくて、アニメーション技術のことも分かりませんが、テーマ重視で練られた感じの深い作品で、アニメ&冒険物アウェイの私も大好きになりました。

このレビューはネタバレを含みます

作り手側が日本に対して持っているイメージや折り紙の描写から敢えてこの表現方法を選んだのかなと感じました。

ただ、(一時代を築いた緻密な技術なのは分かってますが)何故わざわざ今ストップモーション?という謎は付きまといました。
ストーリー的にもストップモーションじゃなかったら振り向かれすらしないのでは?とも思いました。
NoTo

NoToの感想・評価

4.0
ストップモーションアニメってなんだっけ?って思うほど作り込まれた作品

ストーリーよりも映像に驚嘆する作品ではないでしょうか
haccabee

haccabeeの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

猿がカッコいい!クワガタ侍の正体はバレバレ。過酷な運命に弄ばれる少年が、復讐のために三つの武具を探す冒険譚。祖父との戦いの結末は意外だった。ラストはあれでよかったと思う。クボは両親を二度亡くしたことになるけど、安易に復活とかなくてホッとした。クボや村人を見守る魂はいつも側にいる。あと、どうやって作ったんだろうと思っていたらエンドクレジットにちょこっと撮影風景が。すごいぞ。
やすだ

やすだの感想・評価

4.0
ものすごいストップモーションアニメと聞いて、ストーリーそっちのけで興味があり観ることにしました。

映像には素直に感動します。
ストップモーションアニメといえばピングーやひつじのショーンなどのイメージでしたが、度肝を抜かれました。

エンディングでチラリと撮影現場の映像が映し出された時、わかってはいても、ああやっぱりストップモーションだったんだなあと驚きました。

ストーリーは王道というか、よくある感じのやつで大人も子供も理解できる内容。
キャラクターのデザインがなかなかカッコよかったです。

そして海外から見た日本あるあるなのかもしれませんが、世界観が日本というかアジアで一括りにされているような感じなので
日本人が見ると「これ日本?」と感じるかも知れませんね。笑
えりこ

えりこの感想・評価

3.0
日本へのリスペクトを感じる作品だった。折り紙が意思を持つってゆー発想が素敵だ◎
2回目の鑑賞なのだけど1回目のモヤモヤ感消えずにより深まってしまった。『コララインとボタンの魔女』が最高だっただけに困る。ライカのストップモーションアニメ技術はもちろんもの凄いのだけど、都合よく神話にかこつけた都合のいいファンタジーって感じの雑な展開どうなんよ?あとある時期から米アニメに顕著になった大げさ&ワンパターンなアメリカン表情&身ぶりのオンパレードで、それで日本人設定とかちょっとキツい。それがアニメだと言われりゃ仕方ないけど俺は今猛烈に『ファンタスティック・プラネット』か『話の話』で眼を洗いたい。改めて『犬が島』の方は色々誠実だったなと思った。
久世

久世の感想・評価

4.2
これがストップモーションだということが本当に素晴らしい。
普段俳優として素晴らしいと思っている人たちは声優としてもとても良かった。
もとむ

もとむの感想・評価

4.0
内容あらすじ設定云々は置いといて、圧巻の映像美!!ストップモーションアニメ??これが???マジかよ!!すげえぇぇぇ!!!
日本語吹き替え版は完全に子供向けで安っぽいので、大人は字幕で観た方がいいかも。
>|