KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

shamcafe

shamcafeの感想・評価

4.8
文句無しの傑作
ふ

ふの感想・評価

-
ストップモーションアニメーションの品質👏

おおまかな背景はVFXによるものだけど、キャラクターやキャラクターが触れる背景は実物を制作しているとのこと
rain

rainの感想・評価

4.5
エンディングにWhile My Guitar Gently Weepsを使用したのが作品を昇華させている…辻褄とかを色々考えずただこの世界観に浸っていたいと思えるくらい素晴らしいアニメーション。
太郎

太郎の感想・評価

3.5
芸術作品として見た

このレビューはネタバレを含みます

本当にストップモーションなのかと疑ってしまう程にキャラクターの表情が豊かだし、アクションも凄く切れがあるし見やすい!

折り紙、三味線、灯籠流し…日本の文化を随所で使っていて映像としてもすごく綺麗で楽しい。

引っ掛かるところがあるとすれば、クワガタとサルが恋仲っぽい雰囲気になるのが少し唐突では?と思った。どこでそんな心許した?背中治療??(笑)

父親と分かってからの別れがちょっとアッサリしてて…なんかもう少し欲しいと思ってしまった。
叔母さん二人を倒すシーンがどちらも明確なシーンが描かれなかったのも少しだけカタルシスが薄い感じを受けた。
仮面が割れた表現でもたしかに伝わるけど、せめてどちらか片方は倒すシーンが見たかった!

海外の日本のイメージって大概ずれているけど、この作品は細部までしっかりと日本だった。

家族を題材にしたいい話だった。

余談だけど、「バンブルビー」の監督と同じと知ってビックリした。バンブルビーもまた観たい🐝
ストップモーションアニメとは思えない自然な動き。エンディングの最後に制作している様子が見られたのがよかった。
ラスボス戦や、親子の話などストーリーは自分には今ひとつだったが、途中の旅のシーンなどはわくわくした。
あと訳が秀逸で、英語と古い日本語の言い回しを上手く対応させてていて訳者の技量に驚いた。
RYOTAFUKAI

RYOTAFUKAIの感想・評価

2.8
恐ろしくピンとこなかった。とにかく画面が暗く、見ていて楽しいキャラクターがいない。アクションも単調に見える。ストップモーションだということが逆にわからないほどのクオリティのせいだと思う。多分ライカはかなり自分に合わない…
NHKでやってる人形劇のようなシュールさがある。
かりん

かりんの感想・評価

3.7
日本が舞台のストップモーションアニメ。
三味線の音が素敵。
外国の方が作成した日本が舞台のアニメだけど、日本人が見ても日本へのリスペクトを感じられる作り。
折り紙っていいよね…
あとマシューマコノヒーとシャーリーズセロンが声優としても素晴らしい。
ラストがちょっと盛り上がりに欠けるのが残念だけど、素敵なアニメだった。
>|