神様メールの作品情報・感想・評価

神様メール2015年製作の映画)

THE BRAND NEW TESTAMENT/Le tout nouveau testament

上映日:2016年05月27日

製作国:

上映時間:115分

3.5

あらすじ

“神様”は 実在し、家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいる。実は相当に嫌な奴で、自分の部屋のパソコンで世界を管理しているのだが、面白半分に事故や災害を起こしたりしている。そのことに憤慨した10歳の娘エアは、一歩も出たことのなかったアパートから家出することを決意!その前に、家族は立入禁止となっている父親の部屋に忍び込み、パソコンを勝手に使って世界中の人々にそれぞれの死期を知らせるメールを送…

“神様”は 実在し、家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいる。実は相当に嫌な奴で、自分の部屋のパソコンで世界を管理しているのだが、面白半分に事故や災害を起こしたりしている。そのことに憤慨した10歳の娘エアは、一歩も出たことのなかったアパートから家出することを決意!その前に、家族は立入禁止となっている父親の部屋に忍び込み、パソコンを勝手に使って世界中の人々にそれぞれの死期を知らせるメールを送ってしまう。そして膨大な人間ファイルから選んだ数名を一人一人救済しようと街に繰り出すエア。彼女を追って“神様”も街に出るのだが…。

「神様メール」に投稿された感想・評価

序盤★5 中盤★3 終盤★3.5

「お嬢ちゃん、人生とはスケート場なんだ。
だから大勢が滑って転ぶんだよ」

『トト・ザ・ヒーロー』、『八日目』、『ミスター・ノーバディ』、そして本作で長編は4本目と寡作の監督ですが、
『ミスター〜』を観てその世界観と映像美に惚れ込み、
前2作品も観て『ドルマル・ワールド』を理解していたので、
非常に楽しく観れました。

やっぱこの監督の映像感覚は非常に好みで、
自分はミシェル・ゴンドリーとかのセンスに近いもんを感じますね。

聖書を基本に、ブラックユーモア、かなりのおふざけ、人生や愛の讃歌等々を重すぎず、ちょっと脚本や演出が軽いかなとは思うものの、
示唆に富んだ内容はさすがドルマル!

2017年279本目
よだ

よだの感想・評価

3.6
4
宗教的な事は理解しにくかったけど人生もっと気楽に生きてもいいのかもって思えた。
みるき

みるきの感想・評価

1.7
想像してたのと全然違ったし設定に無理矢理感を少し感じたかな..フィクションだからなんでもアリなんだけど私はあまり好みではなかった。ただ余命を知れたら自分は何をするだろうって考える機会は与えてもらった。
ちよだ

ちよだの感想・評価

2.5
まず英語じゃない、何語?っていうところから始まった

使者一人ひとりの建白書が6シーン続けてやる流れだったから、途中飽きてしまった

確実に言えるのは、もし神様が本当にいるとしたら、あんな神様は嫌だ
寿命わかるシステムにもいいとこあるね
ryothis

ryothisの感想・評価

3.7
日本人にはよくわからないシリーズ。

とりあえず俺が聖書をチラッと読んだ時に感じた「人間による人間のための書物」ってな感想と同じような感想を監督は持っているらしい。
そんでそんなこんなを揶揄した映画なんじゃなかろうかね。

確かに生きて行く上で、もっと自由で良いのかなと。
暁

暁の感想・評価

3.1
笑えるシーンもあって面白かった。けど、予想とは違っていた。
gp

gpの感想・評価

3.3
楽しめたけど、そもそもの設定にあまりハマれず
人生とは運命とは。

不思議な物語でした。
>|