神様メールの作品情報・感想・評価

神様メール2015年製作の映画)

THE BRAND NEW TESTAMENT/Le tout nouveau testament

上映日:2016年05月27日

製作国:

上映時間:115分

3.5

あらすじ

“神様”は 実在し、家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいる。実は相当に嫌な奴で、自分の部屋のパソコンで世界を管理しているのだが、面白半分に事故や災害を起こしたりしている。そのことに憤慨した10歳の娘エアは、一歩も出たことのなかったアパートから家出することを決意!その前に、家族は立入禁止となっている父親の部屋に忍び込み、パソコンを勝手に使って世界中の人々にそれぞれの死期を知らせるメールを送…

“神様”は 実在し、家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいる。実は相当に嫌な奴で、自分の部屋のパソコンで世界を管理しているのだが、面白半分に事故や災害を起こしたりしている。そのことに憤慨した10歳の娘エアは、一歩も出たことのなかったアパートから家出することを決意!その前に、家族は立入禁止となっている父親の部屋に忍び込み、パソコンを勝手に使って世界中の人々にそれぞれの死期を知らせるメールを送ってしまう。そして膨大な人間ファイルから選んだ数名を一人一人救済しようと街に繰り出すエア。彼女を追って“神様”も街に出るのだが…。

「神様メール」に投稿された感想・評価

序盤★5 中盤★3 終盤★3.5

「お嬢ちゃん、人生とはスケート場なんだ。
だから大勢が滑って転ぶんだよ」

『トト・ザ・ヒーロー』、『八日目』、『ミスター・ノーバディ』、そして本作で長編は4本目と寡作の監督ですが、
『ミスター〜』を観てその世界観と映像美に惚れ込み、
前2作品も観て『ドルマル・ワールド』を理解していたので、
非常に楽しく観れました。

やっぱこの監督の映像感覚は非常に好みで、
自分はミシェル・ゴンドリーとかのセンスに近いもんを感じますね。

聖書を基本に、ブラックユーモア、かなりのおふざけ、人生や愛の讃歌等々を重すぎず、ちょっと脚本や演出が軽いかなとは思うものの、
示唆に富んだ内容はさすがドルマル!

2017年279本目
シュールなストーリーのシュールな映画で、面白かった。

「お久しぶりです」て言ってたってことは、JCのときも何かやったのかなお母さん…?
余命115分を費やし鑑賞しましたが、難解でした…
キリスト教のこと、もっと知っていれば楽しめたのかな?
パンを落とした時は、この映画を思い出すことでしょう。
tomo

tomoの感想・評価

3.0

こんな神様いやだー!!


まさかの神様はブリュッセルのアパートに家族と住んでいた。神様はパソコンで人間界を支配していたのだ。あまりにも横暴な父(神様)に嫌気がさした10歳の娘のエアは人間に良かれと思いパソコンから余命宣告メールを送ってしまう。そして新・新約聖書を書くために6人の使途を探しに人間界に行くが…………


ぶっ飛んだ作品です。神様がただのクソ親父です。でも観点は面白かったと思う。
Ayacan

Ayacanの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

親父ほんとクソ野郎やけど、
機内のパチパチは可愛かった 笑

終始エアちゃんが可愛くて、
この世の倫理観とかは関係なく
色んな愛の形を描くって感じ?

ヴィクトールとJCがよき。

刺繍も花も好きやけど、
空は花柄じゃなくてよかった。
Mer

Merの感想・評価

3.0
不思議な世界観。ハマりました。
おー

おーの感想・評価

3.6
ヒロインの少女の父親は神様で、世界を創造した後も人々を管理し続けている...しかもパソコンで笑
そんな父親の元での閉鎖的な暮らしに嫌気がさした少女は、下界へと逃げることを決意する。しかも、逃げ際に父親のパソコンを操作し、地球上の人々にそれぞれの寿命をメールで知らせるというとんでもないことをしてしまいます。そして、寿命を知った人々の中でも特に個性的な人物と彼女は対話をしていく...

なんというか、不思議な映画でした。
人それぞれ色々な個性があり、中には他人には理解が得難いものもあると思いますが、そういったものにユーモアに向き合える物語でしたね。神様目線から人間賛歌をテーマにした映画でした。
tori

toriの感想・評価

4.0
哲学的、芸術的崇高かと思えば神をおちょくる不思議な映画

この映画を一言で表すセリフを選べと神様に言われたら
「人生はスケート場 大勢が滑って転ぶ」

トイレに行きたくなっても
エンドロールは最後の最後まで観るべき
Engblom

Engblomの感想・評価

3.1
神様の真の姿が興味深い。
女神は何も考えてないから良いことができるのか笑
ふみか

ふみかの感想・評価

4.0
独特の世界観。私は好きです。。

レビューやあらすじなど読まず、先入観なしで楽しんでほしい映画です。
>|