桔梗F

サイコ・イコールの桔梗Fのレビュー・感想・評価

サイコ・イコール(2009年製作の映画)
3.3
「アンダルシアの犬」で有名な瞳を切り裂くシーンを再現!

「地獄甲子園」や「VERSUS ヴァーサス」で日本中を唖然とさせた日本屈指の特殊メイク・アーティスト 仲谷 進が企画した究極の残酷ホラー(。´Д⊂)

主に海外のカルトや珍作を扱うWHDジャパン配給の日本発ソリッド・シチュエーションもの(^^)

簡単なあらすじ…

キチガ○女に監禁され拷問されるカップルたちの悲劇を描く!

海外ホラーなら主に田舎に行けばだいたいキチ○イ殺人鬼が一軒家に住んでたという展開です。

でも日本の住宅事情により今回のキチ○イ女はマンションの2件隣に住んでるという(゜ロ゜;

物語はオダという強面クレーマーがマンション隣の女に「植物が臭い」とクレームをつけにいく。

しかし!
運の悪いことに隣の女カナコはオダを上回るキチ○イクレーマーだったので、返り討ちにあい、惨殺される…

キチ○イつええ(;゜∇゜)

そこへカナコの二軒隣のシオナとケンがマンションに帰ってくる。

カナコは自転車のとめかたが悪いと二人にクレームをつける。
※カナコの服は血だらけだが、二人はそこはつっこまない。

ケンたちが部屋にいると、カナコが突然やって来て「時計の音がうるさい」などクレームを…

いやいやいや(苦笑)、あんたの家二軒も隣なのに(。´Д⊂)
なにそのジャイアンでもしないような言いがかり!?

無理矢理部屋に入ってこようとしたカナコをほうきで追い払うときちょっと怪我をさせてしまう。

ケンはやり過ぎたかなあ、とカナコの部屋に様子を見に行く。
いわゆる死亡フラグである(笑)
当然、二度と帰って来ませんわ(*μ_μ)

しょうがなく、シオナも部屋に様子を…

カナコが服も顔も血まみれで一言
「彼ならもう帰ったわよ。」

いやいやいや(笑)あんた超血まみれだし(;_;)

口の回り砂糖だらけで、「ぼくはドーナツを盗み食いしてない!」って言ってる子どもでもそんな…( ´△`)

シオナはまさかのそこもスルー(笑)

まあ結局、二人は拉致監禁され拷問…。

作品的には『Door』『フリーズ・ミー』『グロテスク』が類似作かな。

ただ、悲しすぎるほど低予算なので、演出や役者の演技は良くない。
でも、とにかくグロにはこだわったので、けっこう痛そう(゜ロ゜;

目や口縫合…足をノコギリで切断…イテテテ

特に、売りの目玉切断シーンはかなりきつい(^o^;)
これリアルすぎじゃ…

ストーリーは王道展開ですが、序盤からのクレームの伏線や「サイコイコール」というタイトルになったオチもあり、そこまでひどくない(^-^)

へっぽこマンションで監禁拷問はありえないけど、キチ○イ自体は近所に住んでてもおかしくないのである意味怖い(゜ロ゜;

というか、マンションの住人がクレーマー、キチ○イしか住んでないマンションはもっといやあ(。´Д⊂)

C級ホラーと一蹴せず、邦画ホラーの新しい芽を応援していきたい今日このごろ(^^)