踊る猫

海よりもまだ深くの踊る猫のレビュー・感想・評価

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)
4.7
ケン・ローチが、あるいは橋口亮輔氏が挑んでいることに(良い意味でも悪い意味でも)愚直に是枝裕和監督らしく取り組んだ一作。つまり、現実から逃げずに何処まで泥臭く、しかしさり気ないユーモアを含んだ作品として昇華させるかに挑んだ作品なのではないかと思う。孤独死、貧困問題、格差の拡大等など……そう言ったものを背景として丁寧に塗り重ねながら、一方で分かりやすい人生模様を描いたものとして描いた傑作なのではないかと思う。このあたり評価は割れるだろう。個人的には是枝監督がいつも男性関係を夢見がちに(「ロマンティスト」ですね)描き、女性同士が極めてサバサバした感じで描くことに興味を惹かれている。この作品でも男たちは(ネタは割らないが)夢を諦めない一方で、女性たちは彼女たちのやり方で現実に適応しようとしているようにも見える。これがこの映画を貶めないことを願うが、『歩いても 歩いても』を拡大再生産させたかのような作品だ。