海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:117分
    監督
    是枝裕和
    脚本
    是枝裕和
    キャスト
    阿部寛
    樹木希林
    真木よう子
    池松壮亮
    リリー・フランキー
    小林聡美
    橋爪功
    蒔田彩珠
    あらすじ
    笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

    「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

    ケン・ローチが、あるいは橋口亮輔氏が挑んでいることに(良い意味でも悪い意味でも)愚直に是枝裕和監督らしく取り組んだ一作。つまり、現実から逃げずに何処まで泥臭く、しかしさり気ないユーモアを含んだ作品として昇華させるかに挑んだ作品なのではないかと思う。孤独死、貧困問題、格差の拡大等など……そう言ったものを背景として丁寧に塗り重ねながら、一方で分かりやすい人生模様を描いたものとして描いた傑作なのではないかと思う。このあたり評価は割れるだろう。個人的には是枝監督がいつも男性関係を夢見がちに(「ロマンティスト」ですね)描き、女性同士が極めてサバサバした感じで描くことに興味を惹かれている。この作品でも男たちは(ネタは割らないが)夢を諦めない一方で、女性たちは彼女たちのやり方で現実に適応しようとしているようにも見える。これがこの映画を貶めないことを願うが、『歩いても 歩いても』を拡大再生産させたかのような作品だ。
    夢見た未来ってどんなだっけな?て主題歌も沁みる〜。現実ってこういうもんだし幸せってこういうもんだよね、家族ものって良いなあ。
    樹木希林っておばあちゃん役をやるために生まれてきた役者さんだと思う

    阿部ちゃんのダメっぷりがお父さんと重なった。
    阿部ちゃんと真木よう子の会話がお父さんとお母さんみたいだった。
    お金大丈夫?ってお父さんに言ってた。

    樹木希林のおばあちゃん本当におばあちゃんみたいで演技が凄い。
    やさしい映画。
    セリフの中に、あれ、これ、それていう言葉が目立った。普段の生活ってそんなにハキハキなんでも言わないよなって。素朴でリアルな生活感。
    ハナレグミの深呼吸もとてもよかった。

    このレビューはネタバレを含みます

    愛し合っているのに、それだけでは現実はうまくいかないもどかしい感じが良かったです。雨の農園のシーンや宝くじの小道具等、丁寧に作り込まれている感じがしました。
    よくある日常的なストーリーだけど優しい。

    登場人物のそれぞれの思いみたいなのが滲み出てて良かった。
    特にお婆ちゃんの言葉はグサグサ刺さるものがあった。
    人生って中々うまくいかないもの。
    なりたい大人になれる人なんてごく一部だ。でもそんな人だって楽しみを見つけたり幸せになったっていい。

    自分もミズノが好きだった。
    夢みた未来ってどんなだっけな?
    生活感の演出凄すぎる

    このレビューはネタバレを含みます

    母子、姉弟、それぞれの関係性がリアルだった。
    なんとなく見てしまったからいつかもう一回ちゃんと見なきゃ。
    >|