海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.7
ケン・ローチが、あるいは橋口亮輔氏が挑んでいることに(良い意味でも悪い意味でも)愚直に是枝裕和監督らしく取り組んだ一作。つまり、現実から逃げずに何処まで泥臭く、しかしさり気ないユーモアを含んだ作品として昇華させるかに挑んだ作品なのではないかと思う。孤独死、貧困問題、格差の拡大等など……そう言ったものを背景として丁寧に塗り重ねながら、一方で分かりやすい人生模様を描いたものとして描いた傑作なのではないかと思う。このあたり評価は割れるだろう。個人的には是枝監督がいつも男性関係を夢見がちに(「ロマンティスト」ですね)描き、女性同士が極めてサバサバした感じで描くことに興味を惹かれている。この作品でも男たちは(ネタは割らないが)夢を諦めない一方で、女性たちは彼女たちのやり方で現実に適応しようとしているようにも見える。これがこの映画を貶めないことを願うが、『歩いても 歩いても』を拡大再生産させたかのような作品だ。
mono

monoの感想・評価

3.5
万引き家族を観に行けないところで
プライムに発見!
ようやく鑑賞。

全然あらすじ知らず(というか多分あらすじ読んでも衝撃的な内容でなさげなので毎回忘れる)ぼーっとしても観れる是枝さんの作品らしい作品。
なんだけど、
是枝作品未視聴の回収。

当時"まあいいか"と思ってスルーしたけど、全然良い。
その後の福山さんキャスティングに続く阿部寛。彼のパブリックイメージを覆す、ネガティブな部分(ポンコツさ)を見事に引き出していた。
doragon

doragonの感想・評価

4.0
人生から何かを手放すことを受け入れることを成長と呼ぶ
悲しいことに
子どもだけでなく、大人も成長をする
リアリティのレベルがすごい。YAMAZENの扇風機のカバーが上下逆になってたりとか。心理描写もものすごく伝わる。
うに丼

うに丼の感想・評価

3.2
マックじゃなくてモス、とか、「アレ」の一言で全てを説明してしまう樹木希林とか、なにこのリアリティ?是枝監督は本作の良多みたいに、気になる台詞をメモにとり、壁に貼り付けて毎夜眺めているのではないか、などと思わず勘繰ってしまう。映画としてはあまりにも何も起こらないが、台風の夜にタコの滑り台の下で父子で雨宿りをする、なんてささやかな冒険が、案外大人になった今でも忘れられなかったりするんだよね。あなたはなりたい大人になれましたか?
yogr

yogrの感想・評価

4.0
是枝監督の作品を観たくて観賞

相変わらずの日常を描くスタイルで、この作品は本当によくありそうなテーマではあったけど、細かい人物の心理描写がほんとに上手だなと思った

樹木希林さんの母親役が、本当にいるよなーこんな感じの人って感じでまたよかった

人は失ってから大事なものに気づくこと
幸せになるためには何かを諦めないといけないということ
今を大切にすること

これもまた色々考えさせられる作品だった
スっと寄り添われた。
激烈な台風になぜか温かみを感じた。
なんだろうなんだろう、寂しいけどなんだろうなぜ希望が沸くんだろう。
skyline

skylineの感想・評価

4.5
2018.06.24
CATV
hide

hideの感想・評価

3.5
女は、今を生きる。男は、未来に生きようとする。家族であり続けることもむずかしい。幸せになるってなにかをあきらめること。
>|