海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.7
ケン・ローチが、あるいは橋口亮輔氏が挑んでいることに(良い意味でも悪い意味でも)愚直に是枝裕和監督らしく取り組んだ一作。つまり、現実から逃げずに何処まで泥臭く、しかしさり気ないユーモアを含んだ作品として昇華させるかに挑んだ作品なのではないかと思う。孤独死、貧困問題、格差の拡大等など……そう言ったものを背景として丁寧に塗り重ねながら、一方で分かりやすい人生模様を描いたものとして描いた傑作なのではないかと思う。このあたり評価は割れるだろう。個人的には是枝監督がいつも男性関係を夢見がちに(「ロマンティスト」ですね)描き、女性同士が極めてサバサバした感じで描くことに興味を惹かれている。この作品でも男たちは(ネタは割らないが)夢を諦めない一方で、女性たちは彼女たちのやり方で現実に適応しようとしているようにも見える。これがこの映画を貶めないことを願うが、『歩いても 歩いても』を拡大再生産させたかのような作品だ。
KOU

KOUの感想・評価

4.5
是枝裕和監督、、、ほんと好きっす。笑
『歩いても 歩いても』の時も思いましたが、相変わらず日常の切り取り方がうめええ…。そしてその一因として樹木希林の存在感と圧倒的な演技力の高さ!脱帽!
アイスをガリガリ削ったりなど、キャラクター達の細かい所作が醸し出す一体感や家族であるという説得力。
日常の中でポロっと溢れる一言一言がいちいち胸にぐさっと刺さる嫌な気持ち良さ。

”一見普遍的に見えるその家族にはかなりデカイ欠陥があって、その欠陥を埋める為にではなく欠陥としっかり向き合うまでの成長”
個人的にこれが是枝裕和監督の毎度のテーマのように思えます。

次回作『万引き家族』も楽しみにしております。
hodokei

hodokeiの感想・評価

5.0
なんだこの映画!
最高だ!
koshijin

koshijinの感想・評価

3.9
何も起こらない、いや緩やかに悪くなっていくのが人生。それがなんだ。愛すべき人は身近にいる。
セリフ一つ一つが地味で印象深くて良い。
rii

riiの感想・評価

4.6
古いアルバムのページの隅の焼け具合だったり木の机の軋みだったり、小さなどこまで行き届いている映画。
Mii

Miiの感想・評価

-
2018.4.15
kosuke

kosukeの感想・評価

3.9
でてる役者さん全員すき
最初の樹木希林と小林聡美の掛け合いからすごい自然、ずっと自然が続く。
kao

kaoの感想・評価

4.0
みんなの、ふとした言葉を発する、一つ一つの演技が良い

自然に身をまかせている時は、
この映画が表しているような時を過ごしてる
街を歩いてる時、家に帰る時、
この映画思い出しそう。
>|