海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:117分
    監督
    是枝裕和
    脚本
    是枝裕和
    キャスト
    阿部寛
    樹木希林
    真木よう子
    池松壮亮
    リリー・フランキー
    小林聡美
    橋爪功
    あらすじ
    笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

    「海よりもまだ深く」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/22
    4.7
    ケン・ローチが、あるいは橋口亮輔氏が挑んでいることに(良い意味でも悪い意味でも)愚直に是枝裕和監督らしく取り組んだ一作。つまり、現実から逃げずに何処まで泥臭く、しかしさり気ないユーモアを含んだ作品として昇華させるかに挑んだ作品なのではないかと思う。孤独死、貧困問題、格差の拡大等など……そう言ったものを背景として丁寧に塗り重ねながら、一方で分かりやすい人生模様を描いたものとして描いた傑作なのではないかと思う。このあたり評価は割れるだろう。個人的には是枝監督がいつも男性関係を夢見がちに(「ロマンティスト」ですね)描き、女性同士が極めてサバサバした感じで描くことに興味を惹かれている。この作品でも男たちは(ネタは割らないが)夢を諦めない一方で、女性たちは彼女たちのやり方で現実に適応しようとしているようにも見える。これがこの映画を貶めないことを願うが、『歩いても 歩いても』を拡大再生産させたかのような作品だ。
    pinoco
    pinocoの感想・レビュー
    11時間
    4.0
    阿部寛と樹木希林、”歩いても歩いても”、以来かな、私が観た作品の中では。
    この二人の親子のやり取りは独特で素晴らしい!
    阿部寛のダメ親父さ加減も絶妙です。
    妻からみたら最低亭主でも、子どもからみたら、最高な不思議をたくさん持ってるお父さん。
    素敵な映画でした♡

    あ!池松くん出てた、嬉かった花
    すーさん
    すーさんの感想・レビュー
    13時間
    3.5
    2016.6.18
    muuu
    muuuの感想・レビュー
    19時間
    4.0

    28.04.17
    Daiki
    Daikiの感想・レビュー
    1日
    3.4
    是枝裕和監督の作品は他だと『海街diary』だけしかまだ観たことがないんだが、日本人の日常を切り取った日本らしい映画を撮るのが上手い監督なんだと再認識しました。

    台風の一夜がもたらせてくれた些細な出来事にしんみりとさせられます。
    AKIKO
    AKIKOの感想・レビュー
    1日
    4.4
    セリフがとてもいい。
    全部のセリフが心に響いてくる。

    海街diaryでも思ったけど、
    「あれ」というセリフが多い。
    実際の生活の中でも「あれ」って
    よく使う言葉だと思うからリアリティが
    出てるな~と思う。

    樹木希林さんがすごいんです。(笑)
    台風の夜に、阿部寛と樹木希林が
    台所で話してるシーンがとても好きで
    次にどんなセリフが出てくるんだろう?
    って思いながら見てました。
    なんでかなーとても心に響いた。
    親子3人が台風の夜に公園で
    宝くじを探すシーンだけでなぜか泣いてたし

    自分が思い描いた大人になれた?って
    聞いた息子に対して阿部寛は
    「なれたかどうかじゃなくて、そうゆう
    気持ちをもって生きてるかどうかが
    大事なんだ 」と言った。

    素敵な考え方だと思う。

    この監督の作品は、特に何が起こるわけでもないのにきちんと大切なこととかを教えてくれる。見終わったあとに、ふとこの人たちのこれからの未来を想像して、幸せになるような映画の作り方をされますね…

    とっても好みの作品でした。
    ヤス
    ヤスの感想・レビュー
    1日
    3.5
    20170429@まるっとシアター
    えいが
    えいがの感想・レビュー
    1日
    3.0
    すごく現実的。どんなに守りたいと思う家族が居てもそれに伴う行動をとることが出来ないダメ父親。
    理想はあるのにそれとは真逆の様な行動をとるのは人間あるあるなんじゃないかな。樹木希林、子供を愛しているおばあちゃんの感じが凄く伝わってきて暖かった。あと海街diaryと一緒で「あれ」という言葉を大事に使ってるな~って思ったけど今回はちょっとイマイチだったかな…ちょっと回数が多すぎるし海街で見た時の「あれ」って言葉をセリフにする斬新感もそこまでなかったし。
    予告に阿部寛が窓際で泣いてるのを見た気がしたんだけどそれが本編で無かったような…
    それにしても葉山奨之さんって色々でてるよな〜
    >|